人生はネタ作り?

 ある日、大好きな友人が優しくかけてくれた言葉。
「やぶちゃん、人生ほんまネタ作りやなぁ~。いっぱいネタ貯めておいて、あんなこともあったって笑いあおうな」
これで、私はどれほど救われたでしょう。

 数年前のこと。父が大腸がんになり、それを機に初めて人間ドッグを受診した母が、肺がんでした。それを聞いたときの衝撃といったら、言葉では言い尽くせません。何より、口にしたら更に事態が現実味をおびそうで、長い間誰にも言えずにいました。そんなとき、友人たちとお泊り会をすることになり、打ち明けた私の話をじっくり聞いて、かけてくれたのが冒頭の言葉でした。

 辛い経験は、耐えがたいものです。でも、生きているのだからそんなこともあって当然。生きるって、もしかしたら本当に、ネタ作りの繰り返しなのかもしれません。
そういえば、昔の大失恋だって。人生の底や! とあんなに大騒ぎしたのに(社長に、会社休んだら良いと言われるほど。苦笑)、今となっては良い思い出です。

 さて、そうとわかったらもう、今できることを尽くすしかありません。ビワの木から葉っぱをいただき、ビワの葉温灸をしたり、玄氣陽氣の素で身体を温めたり、一緒に病院に行ったり……がんに纏わる本は、それこそ読み漁りました。そして、今更ながら、自然療法やお手当といった手段もいろいろとあって、選択ができるというありがたさを、ひしひしと感じたものです。

 父と母ががんになったことへのショックは、正直なところ変わりません。しかし、辛いことばかりかというと、やはりそうではないのです。

 辛いことがあれば、良いこともあるもので、母のがんが判明した後に、妹の妊娠が発覚。甥っ子の誕生で、一気に家族が明るくなりました。家族で旅行に行く機会も増えました。何より、私はこの出来事があったからこそ、今、妻1年生になっています。人生、何が起こるかわからないものですね。

 いのちと向き合うことで、自分の人生で何が大切なのか、分かってきました。そして、大切なことが分かったからこそ、それをともに大切にできる、パートナーと出会いました。

 晴れて、私は憧れの白無垢に包まれて、花嫁になります。何より、父と母に花嫁姿を見せられることが、本当に嬉しいのです。
あの時寄り添ってくれて、ほんまにありがとう。
完璧じゃなくて良い。でも、すべての人が自分にしか描けない人生を全うできますように。
私もまだまだネタ作りに邁進します。

vol110-22-1.jpg

家族みんなで身体ポカポカ!温かい身体は、温かい心も育みます。
玄氣陽氣の素

心配事があると、どこか身体もひんやり。心もそわそわして、落ち着きません。そんなとき、玄氣陽氣の素を飲むと、ポカポカが全身をめぐって、とても心地よく、なんとも幸せな気分になります。そして、家族みんなで続けられる手軽さ(味・価格など総合的に)もお気に入りのポイント。飲みたいなと思ったらいつでも飲めるように、何箱かまとめて買って、ストックしています。珈琲みたいな味、と表現する方もいますが、私自身は、珈琲とは別の飲み物だと思っています。……だって、正直、味が違う。でも、これはこれで美味しいですよ。必要なときに、ぜひ飲んでみてくださいね。

yabuki-kanae.jpg

企業様コンサルティングセクション
矢吹 香苗(やぶき かなえ)

2009年入社の31歳。私生活では、この夏に結婚したばかりの妻1年生。前職(ブライダル業界)のハードワークで体調を崩したことがきっかけで、縁あってプレマに。趣味はもっぱら、料理と食べること。