→左メニューを表示

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・
エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

びんちょうたんコム【トップへ】

トップページ > セミナートップページ(現在募集中のセミナー) > 第70回 「『賃貸だから・・・』とあきらめていませんか?電磁波フリー&木のぬくもりが感じられる”健康賃貸”誕生!」東京会場

このページの最新情報をチェック!  [フィードとは]

かえる組セミナー / らくなちゅらるセミナー

第70回 「『賃貸だから・・・』とあきらめていませんか?電磁波フリー&木のぬくもりが感じられる”健康賃貸”誕生!」東京会場

セミナートップ (現在募集中のセミナー)
各セミナーのポリシー 過去開催のセミナー内容一覧 参加された方のご意見ご感想
義援金の捻出実績 アンケートのお願い セミナーバックナンバービデオ


第70回 「『賃貸だから・・・』とあきらめていませんか?電磁波フリー&木のぬくもりが感じられる”健康賃貸”誕生!」東京会場

2009年4月11日(土) 14:00〜16:30(13:30受付開始)

大盛況のうちに終了致しました!皆様のご参加、誠にありがとうございました。

受付終了いたしました!ご応募ありがとうございました!!
株式会社レジナ 代表取締役 土田直樹 氏初の健康賃貸セミナー開催決定!
エルマクリーン電磁波対策商品でお馴染みの(株)レジナの土田社長を講師としてお迎えし、健康賃貸についてお話いただきます。健康賃貸とは、賃貸住宅に自然素材を最大限活用して、ストレスを与える電磁波の影響を受けない環境へ変えていく住まいの考え方です。皆様、ふるってご参加くださいませ。

※ご参加の方全員に、あの嫌な静電気によるショックをやわらげてくれる「サンダーロン 除電ホルダー(非売品)」をもれなくプレゼントします!

「電磁波の影響が少ない家」、「シックハウスの心配がない住まい」
それは理想的だけど、持ち家でない限り、賃貸では叶わない夢だと思っていませんか?

(株)レジナの土田社長と弊社代表の中川が長らく構想を練ってきた「健康賃貸」がいよいよ始動しました!

健康賃貸

それは、オールアース(電磁波対策)×パッシブシステム(自然力による環境対策)の新しい集合住宅。今までは注文住宅でしか対応していなかった安らぎの住まいが、これからは賃貸でも可能になります。

健康賃貸のサイトはこちら >>

安心して暮らせる住まいを望む方が増えれば増えるほど、健康賃貸住宅がどんどん全国に増えていくことでしょう。

健康賃貸にご興味をお持ちの方、ご入居をご希望の方は、後日、実際の物件をご覧いただくことも可能です。

是非ともご参加ください!

セミナーご参加の皆様よりお預かりいたします寄付金の100%を寄付させて頂きます。
私どもがセミナーを開催する目的はお客様の気づきと幸せに貢献することです。
まずはセミナーポリシーをご覧ください>>
日時 2009年4月11日(土) 14:00〜16:30(13:30受付開始)
セミナータイトル 「賃貸だから・・・」とあきらめていませんか?電磁波フリー&木のぬくもりが感じられる”健康賃貸”誕生!
会場 中野サンプラザ  研修室3(地図はこちら
●JR中央線・総武線/東京メトロ東西線「中野」駅 北口より徒歩1分

大きな地図で見る
定員  
講師 株式会社レジナ 代表取締役 土田直樹 氏 株式会社レジナ 代表取締役 土田直樹 氏

●プロフィール●
1969年福岡県生まれ、福岡大学経済学部を卒業後、不動産会社にて住まいを学び、
コンサルティングファームにて、医療機関の立ち上げを手がける。
2002年、電磁波抑制機器の開発、及び販売を手がける株式会社レジナを設立する。
幅広い視野で多角的なソリューションを提供しつづけている。

紹介事例:
「所さんの建てたい楽しい家」ネコ・パブリッシング社
「身体がどんどん良くなる家」プレジデント社
著  書:「オールアース時代がやってくる-快適な住まいに電磁波対策は欠かせない-
内容

「健康賃貸で住まいが変わる、生活が変わる」

健康賃貸とは、賃貸住宅に自然素材を最大限活用して、ストレスを与える電磁波の影響を受けない環境へ変えていく住まいの考え方です。

土地活用にはさまざまな選択肢があります。しかし、社会情勢や経済状況が大きく変化し続けている現代にあって考えなければならないことがあります。それは、消費者が気持ちよく、安心して、安全に住み続けることが出来る賃貸住宅に活用していくことです。
その結果、長い期間安定した収益を挙げられる収益物件となり、理想的な収支バランスを生み、税制上のメリットや無理の無い資産形成と繋がっていくことと思います。
いままでは、こうした結果が先に来てしまって、後に来たのは賃料の値下げやメンテナンスの予算が上がり、収支バランスが崩れてしまっていることが多く見受けられます。
この原因はなんでしょうか?
消費者の賃貸住宅の問題を解決することよりも、事業性を優先させたプラン作りであったということと、消費者を喜ばせたいという気持ちが少なかったということだと考えています。
顧客に先んじて顧客の問題を解決するためには、消費者が直面している問題を知ることです。
現在の賃貸住宅の問題点は何でしょうか?まず、それを知ることなのではないかと思います。
そして、どうすれば消費者は喜んでくれるだろうか?という視点に立った工夫から、アイデアが生まれます。
場所がいいとか、広い狭いという価値観は、当たり前のことながら賃料と直結しているポイントです。
しかし、現在の消費者は、そこへの価値観よりも優先する価値観をたくさん持っています。
それは、病気をしない住宅、ランニングコストが低い住宅、ぬくもりを感じることが出来る住宅、家族みんなが仲良く暮らせる住宅・・・・といった心と身体にとって本当に良いものを選んでいきたいという期待が高まってきています。
健康賃貸という考え方は、その見直しのひとつの方法にしか過ぎませんが、こうしたメリットがあることで、空室に対してもっとも有効な手段であると言うことをご理解いただけるのではないかと思います。

●貸す側のメリットとして

  1. 使うほどに味が出る天然素材だから退室の際のコストも削減できる。
  2. 自然素材そのもののイニシャルコストがかなり抑えられている。
  3. 大切に扱われ、感謝される住まいになる。
  4. 永く住みたくなる。

●住まう側のメリットとして

  1. 内装に木材を使用することは、情緒を安定させる上で効果的であると考えられている。
  2. コンクリートなどの無機質な部材は音を反射するが、木材は程よく吸収する。
  3. 紫外線も吸収するため、疲れにくいと考えられている。
  4. 電磁波対策により、電気の副作用を抑制することで、身体に与える負荷を低減した環境をつくる。
  5. 天然素材だけを使用した漆喰を施した壁や天井は、光を和らげ、調湿作用などにより室内の空気環境に大きく寄与している。
  6. 安心と安らぎを感じる空間により、暖かい雰囲気を与えてくれる。

こうしたメリットを生みだすことができれば、大家さんであるオーナーも、入居者も安心出来るのではないかと思います。
そして、こんな場所にこんな賃貸住宅があればいいなというリクエストを登録いただき、そのリクエストを反映させることができるしくみをお話します。

これからの住宅ストックに課せられた役割は、健康への問題と環境への負荷について真剣に取り組む姿勢を考え、できるだけ軽減した「健康や環境問題に配慮した住まいづくり」が本当に大切になっていくと思います。
このような提案は、賃貸管理という視線から見てみると常識を逸脱しているようにお感じになられるかもしれませんが、賃料が同じで、同じ間取りで、隣同士のアパートがあったら、消費者はどちらを選択すると思いますか?

価値を上げて、賃料をできるだけ高くという傾向がありますが、これからは「長く借りたいと思える永住型賃貸の供給」という方向性について真剣に取り組んでいかなければならないのではと考えています。
少子高齢化社会のなかで、大きなメリットをだしていくためには、こうした健康賃貸という考え方がひとつの鍵になるのではないかと思います。

健康賃貸のサイトはこちら >>

費用 無料
ただし、上記にご案内いたしました趣旨にて、おひとり様500円を寄付金としてお預かりさせていただきます。
皆様のご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
※お連れ様も参加費無料でご招待いたしますので、お誘い合わせのうえご参加くださいませ。
備考 ※定員になり次第、締め切りますのでお早めにお申し込みくださいませ。
※次回開催スケジュールが決まり次第、順次更新いたします。
※お申し込み後のキャンセルは、以下のメールアドレス宛にご連絡をお願い致します。
e-mail:web@shizenmura.net 

↓ お申し込みはこちらから ↓
セミナー申込フォームへ

現在募集中のセミナー情報はこちら