柿渋の抗ウィルス作用 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

今だから話せる、花井良平のマクロビオティックこぼれ話

柿渋の抗ウィルス作用

投稿日:

陰陽ライフで柿渋「玉の澁」を扱い始めて5年経ちますが、実は昭和60年頃、古巣のオーサワジャパンで同じ商品を扱っていたことがあります。

当時、まだ30歳ぐらいで健康不安は全くなく、社員も20代と30代がほとんどで、みんなマクロビオティックの陽性食ばかり食べていたので酒が強く、二日酔いに効くとのことで柿渋を扱い始めたのでした。

桜沢如一先生の著書「自然医学」や「新食養療法」にも火傷や虫の傷(蝮)の項で柿渋が紹介されており、大森英桜先生も十二指腸潰瘍には柿渋がいいとおっしゃっていたと記憶しています。

元々、桜沢先生や大森先生が参考にされていた大正時代の家庭医学書「家庭における実際的看護の秘訣(通称:赤本)」に柿渋療法がたくさん紹介されていて、中でも有名なのは脳卒中でした。

いつだったか、野外イベントで柿渋の試飲販売をしている時、これから同窓会に出席するという80代ぐらいの老爺が懐かしそうに試飲され、

「子供の頃は、風邪を引いた、熱が出た、お腹が痛い、頭が痛い、何でも柿渋を飲まされたもんだよ」

「これから同級生に飲ませてやろう」

とおっしゃって嬉しそうに一本お買い上げいただきました。

で、昭和60年頃、二日酔いに柿渋を!とオーサワジャパンで営業して回ったのですが、

「こんな不味いものを飲むぐらいだったら二日酔いのほうがまだマシだ!」

といった反応ばかりで全く売れず、やむなく1年ぐらいで取扱い中止になったのでした。

その後、6年前の平成25年に広島大学の研究で柿渋がウィルスを無力化することが確認され、新聞記事になったり、NHKの「ためしてガッテン」でも紹介されました。

広島大学の研究によると、2年間の保存に相当する劣化試験の結果、柿渋の抗ウイルス作用は失われないことを示したそうです。

また、ネットで調べると歯周病の治療に柿渋を配合した薬用歯磨液が歯科医院で売られていることもわかりました。

そんなこともあって6年前に個人的な健康維持・増進のために柿渋を購入して飲んでみたところ、ふだんは絶対に飲みたくないほど不味いのに、具合が悪くなると飲めてしまうのです。

つまり、昔の漢方の煎じ薬と同様、身体が要求していれば飲めるのに、要求していないと不味くて飲めなくなる、飲み時とやめ時がわかる健康飲料なのです。

確かに、イベントで老爺がおっしゃっていたとおり、風邪、発熱、頭痛だけでなく、口の中のトラブルにもよさそうなことが体感できました。(個人差があります)

取扱って5年、今では陰陽ライフの売れ筋№1になり、インフルエンザが流行り始めた先月1月は、受験シーズン真っ最中だったせいか、通常月の3倍もご注文をいただきました。

渋柿を青いうちに潰し、飲用として5年から10年も発酵熟成させたもので、抗酸化作用の強いポリフェノールが赤ワインの10倍以上も含まれており、完全に腐りきっているので賞味期限もなく(笑)、一家に一本オススメです。

【参考】広島大学ホームページ
https://www.hiroshima-u.ac.jp/koho_press/press/2012/2012_128
https://home.hiroshima-u.ac.jp/gsbstop/interview/ja/shimamoto.html

この記事を書いた人

陰陽ライフ代表取締役
花井良平 (はないりょうへい)

愛知県豊橋市生まれ。
学生時代からマクロビオティックを始め、
オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。
その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

味、匂い、それ以上に体感が強烈な万能健康液

古来より活用されてきた万能アイテム。自然療法の書籍にも登場します。匂いと味は強烈なのですが、愛用者の方からは、体が必要としているときにはそれほどに感じられない、という不思議なお声も多数頂いています。タンニン、カテキンなど高分子のポリフェノールを多く含んでいます。日常の健康維持に、あるいは緊急時のお手当に、また体調に注意が必要なシーズンなどにも、常備アイテムとしておすすめです。

古伝のむ澁「玉の澁(柿渋)」を見てみる>>

柿渋の抗ウィルス作用

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

林美緒

林美緒 (はやしみお)

2017年入社。プロモーションセクション プロモーター。
プレマルシェ・ジェラテリア 店長。
興味のあることは、考える前にとりあえず行動。
最近のマイブームは、ランニングと自己流の筋トレ。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。