日本古来のスーパーフード ウィルスを無力化する柿渋「玉の澁」 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

すぐれもの

日本古来のスーパーフード ウィルスを無力化する柿渋「玉の澁」

投稿日: 2017年10月13日 更新日:

プレマシャンティ開発チーム 兼
陰陽ライフ株式会社 花井良平です。

今回ご紹介するのは、日本古来のスーパーフード
ともいえる柿渋「玉の澁」。

塗料や染料の柿渋は知られていても、
飲む柿渋はほとんど知られていません。

酒蔵で日本酒の滓下げ(おりさげ)=清澄剤
として使われているにもかかわらず、
杜氏さんですら飲めることを知りません。

なぜか?

それは超臭いからです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

柿渋は食品なのに賞味期限がありません。

なぜか?

それは完全に腐りきっているからです(笑)。

でも、この柿渋には病気の原因になる
悪玉活性酸素を抑えてくれる
ポリフェノールが赤ワインの10倍も含まれています。

しかも柿渋ポリフェノールは、タンニン・カテキン・
フラボノイドなどを含む、高分子の結合体ですので、
それぞれの働きも変わってきます。

その柿渋は、渋柿を夏の青いうちに砕いて発酵させ、
その搾り汁をただひたすら熟成させたもの。

塗料用や染料用は短期間発酵で
商品化するものもあるようですが、
飲料用は最低でも、5年以上熟成させています。

平安時代から作られ、様々な用途に使われてきましたが、
一説によれば、戦国時代に刀での切り傷に塗るようになり、
江戸時代に飲み始めて、漢方扱いになったそうです。

製造元の大阪西川さんは、元禄時代(1688年~1704年)に
京都で創業し、現在の社長さんは七代目ですから、
昔から使われてきたのがよく分かります。

大正14年に発行された超ロングセラーの家庭医学書
「家庭に於ける実際的看護の秘訣(通称:赤本)」には
柿渋療法がたくさん紹介されており、
中でも「卒中」の項で10ページ以上にわたって
数々の症例や飲み方が書かれています。

また、マクロビオティックの提唱者である
桜沢如一先生の著書にも「火傷」や「虫の傷-蝮」の項で
柿渋が紹介されていますし、
正食医学の第一人者の大森英櫻先生も
「十二指腸潰瘍には牛のヨダレか柿渋」
を勧めておられたようです。

さらに最近では、歯周病に柿渋を勧めている
歯医者さんが増えていますので、
「歯周病 柿渋」で検索してみてください。

また2013年には広島大学の研究により、
柿渋がノロやインフルエンザなどのウィルスを
無力化することがわかり、
テレビや新聞でも取り上げられました。

陰陽ライフで扱い始めたのは2014年3月、
丸3年が経とうとしています。

この間、自然食品店やイベントなどで数千人の方々に
試飲していただきましたが、大半の方が臭くて不味いと
顔をしかめるのに、中には美味しいという方も
いらっしゃいました。

初めの頃は、その違いがわからなかったのですが、
飲まれた方の体験談を、たくさんお聞きしているうちに、
身体が要求していれば飲めて、要求していなければ飲めない、
ということがわかりました。

また、身体が要求して飲める方でも、
飲んでいるうちに、要求しなくなって飲めなくなる、
ということもわかりました。

さらに、一滴舐めただけでギャーっと拒絶するような方でも、
体調によっては飲めてしまうこともわかりました。

前述の「赤本」に
「之は飲む気になれない、と云ふ人は飲まぬでも宜し」
と書かれているように、
味を見れば飲み時と止め時がわかる、優れものなのです。

漢方的には、柿渋は中庸なので飲み続けても
害はないそうですが、ストレスになりますので
不味ければ無理して飲まないほうがいいでしょう。

「赤本」には「7日間連続服用して7日休んでは又7日飲む」と、
本来の漢方の煎じ薬と、同じ飲み方の注意が書かれていますが、
身体が慣れてしまわないように、
時々休みを入れたほうがいいようです。

まずは、2、3滴、舐めてみて、
飲めるようでしたら10ccぐらい飲んでみてください。
その日か、次の日には何か変化があるでしょう。

不味くて飲めない場合は無理をせず、
前述のように賞味期限がありませんので、
体調を崩した時にでも、また舐めてみてください。

ちなみに花井家では、洗面所に1本常備し、
いつでも飲んだり歯磨きできるようにしてあります。

そんな私も普段は大嫌いなので絶対に飲みませんが、
具合が悪くなると飲めてしまうので
健康のバロメーターにもなります。

以下の体験談は、Facebookやメール、電話などで
直接いただいたものです。

☆【50代 男性 食品メーカー社長】
とりあえず実感してるのは胃腸系が快調なことかな。
あと春先は目がかゆくて困るが、今のところ症状なし。
もあうひとつ、かなりのストレスが数日ったが、
体調を崩さずに済んでる。

☆【40代 女性 自然食品店スタッフ】
飲み始めたら疲れ知らずになり、
庭の草むしりをしても疲れが残らない。

バラバラだった体のパズルがぴたっと合ったような感じで
体調良好です。脳に効くみたいで「やる気」が出て
積極的になりました。

☆【30代 男性 農家】
毎日飲んでま~す。(^^)
今、農繁期なんですが全く身体が疲れないんです。
こんなの飲んでたらスーパーマンになっちゃいますね~。
我が家では「玉の渋」様と呼んでます(笑)

☆【40代 女性2名 カフェのオーナーとスタッフ】
オーナーは歯を食いしばるせいか歯茎が痛いと言い、
スタッフは歯が痛いと言っていたので柿渋を飲んでいただいた。
(翌日)
オーナー:柿渋!ききました!
スタッフ:今朝2人で痛くないね!とビックリしましたよ。

☆【30代 女性 自然食品店のお客様】
飲んですぐ、身体が暖かくなるのを感じます。
朝の目覚めがスッキリして、パワーも持続するような気がします。

☆【50代 男性 自然食品店店主】
朝の起き抜けがいいのは柿渋のせい?
ここ10日ほど、2~3時間睡眠の日が続いてますが、
毎朝目覚まし時計のセット時間5分前に『バシーッ!』と
目が覚めて寝不足感なし。これは不思議かも…

☆【30代 女性 自然食品店のお客様】
試飲させて頂いてありがとうございました。
次の日から身体が軽く、
仕事終わりに感じる身体のだるさがありません!

いつも週末は疲れが貯まってダルダルなんですけど、
今週は違います!こんなに効果を感じるなんて。スゴイ!
予約したので来るのが楽しみです♪

☆【40代 女性 自然食品店のお客様】
効果としては夜よく眠れるのと、それよりなにより良かったのは
口の中のトラブルが軽減されたこと。

実は、昔神経を抜いた奥歯とその近辺の歯茎が痛かったのですが
なんだか柿渋を飲み始めてから痛くなくなって。
不思議だけど、これが一番実感した効果です。
味は、おいしくはないけど、慣れました!

 

この記事を書いた人

陰陽ライフ代表取締役
花井良平 (はないりょうへい)

愛知県豊橋市生まれ。
学生時代からマクロビオティックを始め、
オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。
その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

◎ NHKためしてガッテンでも、柿渋の効果が発表されていました 古伝のむ澁「玉の澁」

味、匂い、それ以上に体感が強烈な万能健康液
古来より活用されてきた万能アイテム。匂いと味は強烈なのですが、愛用者の方からは、体が必要としているときにはそれほどに感じられない、という不思議なお声も多数頂いています。タンニン、カテキンなど高分子のポリフェノールを多く含んでいます。

古伝のむ澁「玉の澁」を見てみる>>

日本古来のスーパーフード ウィルスを無力化する柿渋「玉の澁」

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。