累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

有害電磁波と健康

【Vol.94】ecore福岡 オーガニックレストラン& リフォームスタジオがリニューアルオープン

投稿日:

一昨年11月、福岡と鳥栖の間に位置する筑紫野市に「エコレ福岡」がオープンして、オーガニックレストランと併設して1000アイテムの食材やgoodsを販売しています。建物は、築44年の古い倉庫で、もともとは醤油をつくっていたそうですが、いつからか廃業されて、いろんな用途に使われてきた建物でした。

私は、電磁波対策の商品開発と販売を行ってきて、ずっと心に思っていたことがありました。それは、電磁波測定士という資格制度を確立して、国家資格にまで地位を上げていくこと。そして、もう一つは、その測定士による測定と対策をサポートする拠点を全国に作り上げること。これがエコレなんです。

現代のストレス社会に対して、電磁波というカテゴリーにおけるソリューションを持っている唯一の企業として、高い評価をいただいていますが、まだまだこの電磁波の影響を懸念する世論は、世の中を変えるまでには至っておりません。しかも、電磁波だけ対策を講じれば、健康を約束されるものではありませんから、トータルで自己管理について客観視して、正しい認識を得ていくための機関が必要だと思っています。それをネット上で実践しているのが、自然食品だけでなく様々な健康に関する商品の開発を行っている業界のパイオニアであるプレマ社ですね。

私たちは、目に見えない電磁波について測定を行いその対策を提案していくなかで、空気環境については問題は多岐にわたり、VOCの問題や建築における気密性能や断性能、そして構造や躯体に至るまで、幅広い知識が必要となってきました。安全で安心できる食べ物を提供していくだけではなく、そうした暮らしについても、しっかりサポートしていける「しくみ」を構築していきたいと考えてきました。

日本は大きな環境問題をいくつも抱えているものの、何からどうやって手を付けて行けばいいか、整理が得意で頭のいい官僚があれだけたくさんいるのに、一向によくならないどころか悪くなっていっています。

先般、空家等対策の推進に関する特別措置法が平成27年5月26日に施工されました。

日本には、820万戸もの空室があり、老朽化してだれも住んでおらず、解体するにも莫大な費用がかかり、放置されているものも少なくないそうです。そうした古い住宅を再生して、多くの人の役に立てるような空間に作り変えることは、ちょっとした工夫と技術で、いとも簡単に、できるんです。

今回、エコレ福岡の隣に立っていた築45年の平屋の住まいを、1か月間の工事で、心地よく住める空間にリフォームしました。なんでも新しくするのではなく、古くても使えるものを利用しながら、機能を高めていく住まいを、測定士の皆さんと共にたくさん作っていきたいと思っています。

土田直樹

土田直樹氏
福岡県出身/株式会社レジナ代表取締役
商社、不動産会社、医療系コンサルティング会社を経て、2002年(株)レジナを設立。多業種での経験を活かし、ものづくりからお客様への情報発信まで、心と身体が健やかでいられる環境づくりを目指し、全国を奔走中

電磁波と共存するための電磁波対策サイト電磁波コム>>

- 有害電磁波と健康 - 2015年7月発刊 Vol.94

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ