→左メニューを表示

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・
エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

びんちょうたんコム【トップへ】

トップページ > セミナートップページ(現在募集中のセミナー) > 「それでもなお、桜咲く。」
3.11から1年〜福島の現実と決意を未来に生かす
京都から1000年続く応援シンポジウム〜

このページの最新情報をチェック!  [フィードとは]

かえる組セミナー / らくなちゅらるセミナー

「それでもなお、桜咲く。」
3.11から1年〜福島の現実と決意を未来に生かす
京都から1000年続く応援シンポジウム〜

セミナートップ (現在募集中のセミナー)
各セミナーのポリシー 過去開催のセミナー内容一覧 参加された方のご意見ご感想
義援金の捻出実績 アンケートのお願い セミナーバックナンバービデオ


「それでもなお、桜咲く。」
3.11から1年〜福島の現実と決意を未来に生かす
京都から1000年続く応援シンポジウム〜

2012年3月24日(土) 15:00〜18:15(開場14:30)

大盛況のうちに終了いたしました!皆様のご参加、誠にありがとうございました。
中川信男

3.11とそれに続く原発事故からはや1年。私たちがほんとうに失ったものは「食の安全」や「安全な暮らし」だけだったのでしょうか。この出来事がいつのまにか「誰か知らない人に起きた、遠くの不幸な出来事」になってしまってもよいのでしょうか。

親として、大人として「命と食の大切さ、ありがたさ」を子どもたちに残していくためには、現実から目をそらすことなく福島の現実に向き合うことが必要です。そして大いに苦しみ悩み、学びと気づきを得て、ひとりひとりが小さな、そしていよいよ京都から自覚的な行動を起こていくときがきました。それが時空を超えた無限のつながりに広がっていくことを信じることからまずは始めてみませんか。

「愛の反対は無関心」というマザーテレサの言葉の通り、私たちが「苦しんでいる、そして頑張っている誰か」に「私も何かしたい」と感じるのなら、この愛が永久であるようにと、ここ京都から1000年続く関心の光を被災地に届けましょう!

−未来がよりよい場所であるように− 私たち一人一人が出来ることを考える濃密な時間を、共に過ごしていただきたいと願っています。

プレマ株式会社 代表取締役 中川信男

 

応援メッセージ

たくさんの応援メッセージありがとうございました

日時 2012年3月24日(土) 15:00〜18:15(開場14:30)
セミナータイトル 「それでもなお、桜咲く。」
3.11から1年〜福島の現実と決意を未来に生かす
京都から1000年続く応援シンポジウム
会場 京都商工会議所 3階講堂(地図はこちら
◎地下鉄・烏丸線『丸太町』駅下車 南6番出口が当ビル地階に直結

大きな地図で見る
定員 300名
費用 1,000円
内容
開会のあいさつ(中川信男)・追悼の祈り(黙祷) 15:00〜15:15

第1部 15:15〜16:45

基調講演:川嶋 舟
川嶋 舟 氏
プロフィール

東京農業大学農学部講師 獣医学博士
「妻の実家に向かう列車で地震に遭遇、悲惨な光景と生きる強さを見た」
相馬中村神社の禰宜である妻の地元、福島県相馬市への帰省途中、3.11大震災が起こる。原発事故による緊急事態、燃料不足に加え危険を恐れて流通が止まり、救援物資が被災地に十分に届いていない、そんな状況のもと自らが率先して指揮を執り支援活動を行う。

現地報告

小野 芳征 (有限会社 カネヨ水産社長)
小野 芳征 氏

「港の警鐘、黒い津波、夢現で見ていたあの日、全部流された3.11」
津波ですべてを流され、現在は仮店舗で営業中。震災前と同じように地域の人達と一緒に商売をしたいという思いはあるが、原発問題が収まらない今、まずは自分たちでできる福島の水産業の復興・再建を考え、地域で共に行動していくことが大事と考えている。

高橋 誠 (相馬市飯豊小学校校長)
高橋 誠 氏

「すべては子どもたちの安全、避難所からの手紙、故郷・飯舘村の想い」
3.11大震災の日、当時勤務していた相馬海浜自然の家で、押寄せてくる津波の恐怖を体験。飯豊小学校に赴任する前は、南相馬市の避難所で職員として避難者と寝食を共にする。自身も全員避難命令が出た飯舘村に住む被災者でもある。現在は小学校の子どもたちの家族と共に除染活動を行ったり、講演を行い福島の現状や復興の協力を呼びかけたりしている。

休憩時間 16:45〜17:00

第2部  17:00〜18:00

第1部講演者によるパネルディスカッション(司会進行役:中川信男)
飯田 史彦 氏
ゲストコメンテーター:
飯田史彦(元・福島大学経済経営学類教授(東北大学大学院でも開講))

180万部のベストセラー『生きがいの創造』シリーズ著者、カウンセラー&音楽療法家。今春3月に福島市から家族で京都に移住し、三条御幸町に社会奉仕施設「光の学校」(無料でカウンセリングや音楽療法を提供)を開設(詳細はhttp://homepage2.nifty.com/fumi-rin/ を参照)。被災地での奉仕活動の内容を、『生きがいの創造検戞複丕硲弌砲箸靴萄鮟に発表。

閉会のあいさつ(中川信男)

※他、各種企画検討中。

お申し込み方法

▼インターネットからのお申し込みはこちら▼
http://peatix.com/event/3391

▼FAXまたはメールからのお申し込みはこちら▼
下にあるお申込用紙(PDF)をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、
FAX(075-341-1617)またはメール(mail@premakikin.com
に添付してお申込ください。
お申し込み用紙(PDF)はこちら >>

▼お電話からのお申し込みはこちら▼
075-341-1616

備考

※定員になり次第、締め切りますのでお早めにお申し込みくださいませ。

プレマ基金

プレマ基金は、ボランティア組織ではありません。NPOやNGOとも違います。厳密な意味では、いわゆる企業のCSR活動とも違います。
社内に特別な部門を設置して、特定のメンバーが実施するものではなく、「我こそはこれができる」「これがしたい」という瞬間的な判断で取り組むものであり、管理のための規定や予算枠も設定しません。

私たちが日々取り組む事業活動そのものが、健康と環境保全に直結するものであることも大切です。
誰かが不幸になることで利益が発生するモデルでは、狭義の「企業の社会的責任」ですら果たすことはできません。企業は社会の一部であると同時に、エネルギー循環としての経済、広くは自然界全体の一部とも考えられるからです。

人間関係と経済、その間にかかる信頼という橋をベースに、いま最も困っている人の役に少しでも立ちたいという思いの結晶が「プレマ基金」です。

あなたが大切に思う人をあなたが大切にできるようにお手伝いしたい。それが、どこかの誰かにそして無限の未来にきっと繋がっていく・・・

というプレマ株式会社の理念を、プレマ基金も共有しています。
ボランティアでも非営利組織でもない支援のかたちが、日本の経済と社会を支え合う未来を目指して、私たちは微力を尽くします。

(以上、プレマ基金公式サイトより抜粋)

【プレマ基金 公式サイト】 http://premakikin.com/ プレマ基金

現在募集中のセミナー情報はこちら