プレマ式 人生一番の筋肉痛解消法 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

Web・多事争論@中川信男

プレマ式 人生一番の筋肉痛解消法

投稿日:

以前からの投稿で、私の12月の3週間は猛勉強の期間だったのはご承知の通りです。

プレマ式加速学習、その後

その3週間、がまんをし続けたものの一つが、昨年からハマってしまったWingSurfing(ウイングサーフィン)のトレーニングでした。(”ウインドサーフィン”とは別のものです)

ウイングサーフィンとかいうと、なんだかすごくかっこいいもののように聞こえますが、50歳を過ぎて、頚椎を手術していて手足の感覚が一部麻痺して、もともと運動神経が人の何分の一かの人間は、ただ水中に落下することを繰り返すクリーニングで、動画でみるような素敵なものとはほど遠いです。

とはいえ、千里の道も一歩から。

いつか、風にのって水面を滑走できるようになりたいと願う人間にとっては、落ち続けることもトレーニングですので、勉強集中期間は「Wingしたい!」「海に行きたい!」と言葉だけを繰り返して、欲望は封印していました。

ちなみに、うまくなると、こんなにかっこいいスポーツです。

 

動画をみているだけで、惚れ惚れしますよね。

上半身は安定しているのに、下半身は自由自在に動きに対応していて、見ているだけで触発されます。

 

私は、ここに至るまではあと何千回か水中落下を繰り返さないといけなさそうなので、これだけは加速学習は諦めて、根気と根性路線でチャレンジ中です。

 

※風にあおられているだけの落水トレーニングの模様、恥ずかしいので見て欲しくないです。

 

1月2日からトレーニングを再開、コーチについていただいて2日間練習を続けますと、もう全身の筋肉が痛くて仕方ないのです。ただ、水面の板の上に立っているだけなのに、自然に全身の筋肉を使いまくっているようです。過去にランニングでマラソンに出たこともありましたが、そのときの痛みとは全く違う、身体の奥深いところからの疲労感を伴う痛みにくわえ、私の場合左ひざがとにかく痛い!身体の片側が痛いというのは、まさに下手くそな証なのでしょう。

一度、正座で座ってしまうと立つのに難儀するくらいの痛さでしたが、ここで負けたらいけないと思い、3日目も自主トレをしました。やっている途中は不安定な海面だからか、立ち座りもそれほど痛みも感じないのですが、この日の夜からは、昨日以上の全身の倦怠感と、左ひざはますます痛い。

家では椅子ではなく、床に座り込む生活スタイルのため、立ち上がろうとするたびに「痛い痛い!」と言いながら起き上がり、なんとか会社に出てきました。

 

ここからが、プレマの本領発揮。

何かしらの解決策が自社内にあるのが常なので、よし!と思い立って向かったのが「プレマルシェ・オキシジェン」。

高気圧酸素を実現するルーム内に、アーシングや有用周波数機器を運転することでその効果を高めたものです。

このルームに入っていると、疲労がとれて短時間睡眠でも回復した感じなり、私の場合肌もつやつやになるのですが、アスリートではないので筋肉痛を理由に入ったことはありませんでした。ただ、一般的に高濃度の酸素を与えることは、肉体を酷使するアスリートによいということは定説になっていて、同様の酸素カプセル(狭くて窮屈)は、スポーツ選手が個人で持っていたりします。

さあ、ルーム内でつまらないネット記事を眺めること90分。出てきた直後は?という感じでしたが、それから3時間くらい経過した現在、あれほど痛かった脚の屈伸運動が自由にできるように回復しています!!

 

やっぱり、プレマはうさんくさくて、とってもすごい。

怪しいのに、ちゃんと結果が出るのがすごいです!

冬場はそれほど練習の機会も多くないのですが、コツコツ水辺に通って、今年中には最初の動画のように素晴らしい乗り手になりたいと思います。

根気よく練習して、プレマルシェ・オキシジェンで回復。
このくり返しで、マスク酸欠とも、感染症とも、筋肉痛ともおさらばしたいですね。

この記事を書いた人

プレマ株式会社 代表取締役
ビーガンジェラートマエストロ

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都府京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

世界で京都と東京にしかない、特殊な酸素ルーム プレマルシェ・オキシジェン

1分でわかるプレマルシェ・オキシジェン
・狭くて窮屈、有害電磁波が充満する酸素カプセルの欠点をすべて超越した大型酸素ルーム
・寝るなら2人、座れば4人までゆったり入れるサイズ
・軽度高気圧酸素の有用性エビデンスに基づく設計、酸素追加も可能
・1.3気圧、酸素濃度35%~40%(酸素追加オプション)
・体内の不要な電気蓄積を抜くアーシングも同時にできる
・人間に有用とされる周波数をルーム内に充満
・顧客サービスの一環で設置しているため、会員は激安
・京都の場所は中心部、三条会商店街の中(三条黒門角)

・東京の場所は築地〜東銀座〜新富町エリア(京橋税務署向かい)

世界で京都と東京にしかない、特殊な酸素ルーム プレマルシェ・オキシジェンを見てみる>>

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都府京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。

松本春菜

松本春菜 (まつもとはるな)

ジェンダーフリーの長男と、ラガーマンの次男を育てる2児のシングルマザー。子どもたちも大きくなり、子育てに余裕が出てきたのでいろいろなことに興味津々。