プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」 – 商品の概要だけではお伝えしきれない 商品の魅力やポイント、こぼれ話など。開発者からのメッセージをお届けします。

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

新着記事

黒酢の作り方を教えていただきました~大山食品 大山憲一郎さん~

大山さんは、環境保全型農業をいち早く取り入れたことで有名な綾町で生産される原料を昔から使用し、安全性とおいしさを追求してきました。 綾町(あやちょう)は、宮崎県の中西部に位置する町で、名水百選の町、有 …

食べるひとのことまで考えて作った、隠岐で一番美味しいあらめですよ。~あらめ製造者 伴林さん~

山の新緑が美しい時期は、海草にとっても芽吹きの季節。 島根県の最北端から「あらめ漁がはじまりますよ」とお知らせを頂いたのは、丁度、田に水がはいりはじめた時期でした。カルデラ地形の島前(どうぜん)と隠岐 …

我が家の自然分娩奮戦記(後編)

《女の側から》 生まれたての赤ん坊は別世界から来たようで、近寄り難い感じがしました。 ここ5ヶ月あまりで人間の仲間らしくなり、お互い新しい存在に少しは慣れてきたようです。 妊娠初期は夫と一緒に“生存へ …

見た目がきれいな黒豆が美味しいしぼり豆になるわけではないんです~「わらしべ屋」の主人、椋さん~

みやげ物屋さんのような外見に興味を引かれて近寄ると、甘い匂いが一層濃くなります。ケーキ屋さんの近くにいるような濃厚な甘い香り。バニラのような、煮詰めた砂糖のような・・・。周囲を包む香りに、胃袋が敏感に …

微生物の途方もない時間を濃縮した食品

発酵食品には栄養学的に数値化できない発酵食品が持つ”時間”という栄養素があるのではないかと思うのです。

畑1枚1枚を見ていると、その特徴がわかるんです。~熊本 有機農家 東さん~

  玄米を手作業で選別しているところ 人間も畑も同じです。 小食だけれど太りやすい体質の人、沢山食べても太りにくい体質の人がいるように、畑も堆肥を入れた方がいい畑と、土自体が肥えているので堆 …

本物のみその見分け方?

簡単です。本物のみそは、だしいらずです。 みそ・醤油は「みそ蔵」・「醤油蔵」に生息した酵母が、納豆はわらに生息した納豆菌が、 空気中に住まう様々な酵母菌類と一緒に大豆や米を自然のままに「醸して」生まれ …

発酵の時間が生み出す”何か”

発酵食品には栄養学的に数値化できない発酵食品が持つ”時間”という栄養素があるのではないかと思うのです。

我が家の自然分娩奮戦記(前編)

昭和55年2月19日に長男が誕生しました。 その時のことをオーサワジャパン発行の「カムカム通信」に投稿していますので、そのまま掲載します。 《陽輔誕生》 昭和55年2月19日午前2時半、予定日より2週 …

まさしく滋味!!もちごめ飴

こんにちは! プレマシャンティ開発チームの城島です。 釜で炊き上げられる美しい琥珀色のプレマシャンティのもち米飴を、 そのまま口に含んだことはありますか? もし未体験でしたら、ぜひ一度。 口の中でとろ …

発酵は3年以上で何かが変わる!?

発酵食品には栄養学的に数値化できない発酵食品が持つ”時間”という栄養素があるのではないかと思うのです。

内側も、元気ですか?

プレマシャンティ開発チーム城島です 急に涼しくなりましたね。 そろそろ夏の疲れを感じるころ。 何となく身体が重かったり、動きに俊敏さが欠けたりしていませんか。 疲れが目立つのは、何も外側だけではありま …

出張時の電磁波対策〜三種の神器〜

2018/10/01   -裏話編
 

出張でホテルに泊まったとき、ゆっくり寝たはずなのに、なんだか疲れが取れていないことってありませんか?それは電磁波が原因かもしれません。

京あられ
「あられ嫌いやねん」っていうひとに、「美味しいなあ!」と云わせる自信ありますよ

あられを焼き上げるまでには、最低1週間。 精米から焼き上げ、味付けまで、一貫してひとりの職人が、手をかけ、心を配って焼き上げます。 一度お米を水に浸すと、どんな緊急事態が起ころうとも、商品に仕上げるま …

これがあめ色。日本にしかない色あいです

2013年11月のある日、小笠原商店・藤田社長からお電話がありました。 「自信を持って渡せるあめに仕上がったよ。これが本当のあめ色だから、楽しみにしておいてください。」 なかなか夏の暑さが収まらず、本 …

オーサワジャパン入社時の夢

「生存への行進」を途中で抜けて、急遽、就職先(オーサワジャパン)を決め、新居(東京都町田市)も決め、双方の実家(愛知県と福岡県)に挨拶に行き、神戸で親兄弟だけの顔見せ会を開き、入籍したのが24歳になっ …

古式なたね油 ~生産者が知っている、なたね油の美味しい使い方~

プレマシャンティ伝承なたね油は、「足していく」のが一番お勧めです。 なたね油のにおいは独特なので揚げものをしようとすると、台所に充満するにおいに驚く方が多くいらっしゃいます。 けれども食べてみると、い …

古式なたね油 ~色目の違いは、自然の証~②

美味しい油にするために、搾り手にも出来る工夫があるのだといいます。   「コンバインや乾燥機を導入し、より効率的な生産方法を導入する農家が増えるのは、時代の流れで致し方ないことです。 しかし …

古式なたね油 ~色目の違いは、自然の証~①

昭和三十年代の製法をそのままに引き継いだ、「なたね油」らしいなたね油 近年、各地で復活しつつある「なたね栽培」。 日本古来の「菜種」からキャノーラ種に品種こそ切り変わりましたが、再び昔ながらの「国産1 …

マクロビオティックのご馳走

マクロビオティックを始めた学生時代、一人暮らしなので家では圧力鍋で炊いた玄米ご飯と昆布出汁の味噌汁に古漬け沢庵、おかずは冷蔵庫で日持ちする金平ごぼう、ひじき蓮根、ねぎ味噌といった陽性な基本食ばかりでし …

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

林美緒

林美緒 (はやしみお)

2017年入社。プロモーションセクション プロモーター。
プレマルシェ・ジェラテリア 店長。
興味のあることは、考える前にとりあえず行動。
最近のマイブームは、ランニングと自己流の筋トレ。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。