累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

Web・多事争論@中川信男

プレマ式加速学習、その後

投稿日:

過日、ポストした以下の記事の続報です。

怪しいプレマの聖夜

プレマ式?な、加速学習がどれくらいの効果があるのか、という検証もかねてのこの宅建士受験3週間チャレンジでしたが、結果的に・・・

自己採点の結果は、「39点」でした。

各予備校の回答速報の模範解答が一部変更になって(それくらい、正答が微妙な問題もありました)、最初38点で頭を抱えて、もうこの世の闇のような気分でしたが、修正された回答では39点となって、ちょっとだけ気分が楽になりました。

例年、宅建試験は32~36点(受験者の上位15%くらいが目安)が合格点なのですが、今年10月の合格点が38点だったこともあり、コロナで史上初の年2回での分散試験ということになり、今回の合格点がどれくらいになるのか、各予備校の意見も分かれていて、誰にもわからないのです。

とはいえ、前回同様の難易度と考えた場合、2ヶ月もあとのテストで38点ではあかん!というのが私の焦りで、試験当日夜は悶々とした気分でいろんな予備校の解説を見回りながら、一喜一憂の夜となりました。(私はどの予備校の生徒でもありません。)

 

ある予備校の合格予想点は・・・

ということでしたので、私は2月17日の正式な合格発表まで、悶々とした日々を過ごすことになりそうです。マークシートテストですので、マークミスがあったら撃沈、ということになってしまいます。

もう、あとは祈って日々を過ごすのみ。

ただ、およそ3週間、勉強時間120時間ほどですので、一般的にいわれる3〜6ヶ月、300〜500時間と比べれば圧倒的にスピーディーにここまでの点数に至れたので、まずまずの成績だったと自分を慰めにかかりつつあります。

結果が不合格なら恥ずかしいので、どういうことをやって、ここまでスマートカットな方法で点数を押し上げられたかについては、合格通知が届いてからにします。もし、本稿の続きがなければ、マークミスして落ちやがった、と思ってください。それは受け入れるほかありません。

 

国際ジェラートコンテストでも、同様の方法論で開業半年強の段階で、また添加物不使用で入賞出来、3年連続でそれを繰り返すことができました。職人技が求められる側面でも、また学習面でもそれなりに応用が利く方法だと思いますので、合格を心待ちにお待ちください(^^)

 

さて、この猛勉強の3週間の眠りは、最初のころ、ほんとうに浅くて辛い時期がありました。寝ても覚めてもYouTubeの先生に過去問を問われているように頭が回っていて、昼間の効率が落ちてしまいます。つまり、考えすぎの状態です。私はどうも、やる気になるのは遅く、また一度やる気になったら、ずっとそのモードが持続してしまうクセがあるようで、うまくコントロールしないと社会生活がおくれません。

なにより、眠りが浅い状態では、起きている時の記憶力をはじめとする脳の働きが抑制されてしまい、短時間で結果を出すことができなくなってしまいます。

 

そんなときに役立ったのが、以下の、やはり私が開発した品です。

考えすぎの状態をコントロールして、ぐっすり眠れるように穏やかに導いていくためのサプリで、眠れない人は多くのことを必要以上に考えすぎている、というところに注目し、開発したものです。

セロトニンも試したことがありますが、あれはかなり強引に眠りに引っ張られていく感じがあり、翌朝にスッキリ目覚めることが難しいのです。その問題もちゃんと意識して設計していますので、「いろいろ考えすぎて眠れない」という方は、ぜひお試し下さい。

この記事を書いた人

プレマ株式会社 代表取締役
ビーガンジェラートマエストロ

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。
宅地建物取引士。健康不動産株式会社 代表取締役。電磁波環境測定士協会理事。
趣味はマリンスポーツ。脳内は基本、海か湖のことを考えている。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

起床時の疲労感やストレスをやわらげる「日本人の快眠」

夜中に目が覚めることがある、
朝起きると疲れているなど、
ぐっすり眠れないと悩んでいませんか?

実は日本人の3人に2人が睡眠に何らかの不満を抱え、
睡眠の質に悩んでいるといわれています。

睡眠の悩みは食生活の乱れや運動不足と同様に
生活習慣が乱れる原因のひとつになる
おそれがあります。

良質な睡眠は生活習慣対策につながります。

「言わぬが花」という言葉があるように、
ものをはっきりいわないこと、気づかいができること、
いわゆる空気を読むことは美徳でもありますが、
すべてがそうではなく、
美徳が悪習になってしまっていることもあります。

日本は世界でもっともストレスを感じ、
身体がガチガチに緊張し続けている民族だと
揶揄されることもあるくらいです。

そんな社会で生きる日本人のために開発したのが、
機能性表示食品「日本人の快眠」です。

「日本人の快眠」は睡眠と一過性のストレスの両方に働きかけるL-テアニンを配合し、
多忙な毎日でもぐっすり眠れるようあなたをサポートします。

日本人の快眠を見てみる>>

プレマ式加速学習、その後

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。
宅地建物取引士。健康不動産株式会社 代表取締役。電磁波環境測定士協会理事。
趣味はマリンスポーツ。脳内は基本、海か湖のことを考えている。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。

内田光香

内田光香 (うちだ みか)

編集職を経て、2021年入社。生まれた時から数多くの土地で暮らし、各国を旅した経験から、そこだけの「人・もの・文化」の魅力を伝えるのがライフワーク。
おいしいヴィーガン料理を愛する食いしん坊。野菜ぎらいな小学生の娘と二人暮らし。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

電磁波環境測定士協会理事長。電磁波対策だけしかしない第二種電気工事士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。

松本春菜

松本春菜 (まつもとはるな)

ジェンダーフリーの長男と、ラガーマンの次男を育てる2児のシングルマザー。子どもたちも大きくなり、子育てに余裕が出てきたのでいろいろなことに興味津々。

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。普段はおっとり型なのに、考えるより先に見切り発車で行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との二人と一匹暮らし。