「クリームスープのもと」、麻美カフェさんで変身! – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

料理人がみる世界

「クリームスープのもと」、麻美カフェさんで変身!

投稿日: 2017年12月26日 更新日:

プレマシャンティのルーやソース、濃縮だし、ドレッシングは、「手軽に・ひと手間かかった」家庭の味を愉しみたいと生まれてきた「台所のお助けチーム」です。

そのままで「ガツン!」とインパクトがないかわり、主役にも脇役にもなれる子たちなので、お料理が本気で好きな方や料理を生業にされている方にも使ってほしいなあと、願っていたところ、山梨県甲府市の麻美(まみ)カフェさんから、「我が家のカレーを使ったランチを出しています」と嬉しいお知らせを頂きました。

グルテンフリーの野菜カレーは、たっぷりのサラダと一緒に盛りつけられて、見ているだけでお腹が空きます。

食べに行きたいな~と思いつつも、甲府は思うよりも遠く。

脚が伸びないまま居たら、今度は「我が家のクリームスープのもと」を使ったランチのお写真が届きました。

クリームスープは、どこ?

スープランチというよりも、ホワイトソース添えみたい。

白いクリームスープの素というと、芋やら人参やら玉ねぎやらが入った、昔ながらのホワイトシチューのイメージが強いのですが、【脱!固定概念】なところが素敵です。

甲府市に足を延ばす機会がある方は、ぜひぜひ麻美カフェさんに。

 

カレーもクリームスープのもとも、原材料を馬鹿みたいに投入し、味を設計しています。

そのせいか、ブイヨンの代わりに味の土台に使っても、チャツネのように味の決め手に使っても、それなりに味をまとめて、自分の作りたい味の決め手になってくれます。

パッケージには作り方がのっていますが、取引先の「ないと困りますよね?」の一言で掲載しただけ。こういったルーの業界の定型と常識に知らない顔をして、作りたいものだけをつくったこともあり、最後くらいは定型に沿おうと記載した目安の【作り方】です。

ただ作り方は、あくまでも計算。

流動的で簡単に変化する味覚は、毎回 数式どおりではありません。

具材によって、水によって、季節によって、食べる側の体調によって、「おいしい」は都度変化するものだから、分量をきれいさっぱり無視して「これが今日の味」という落としどころを探すお手伝いをするのが、「台所のお助けチーム」の役目です。

定型の作り方に沿っていただけると、クリームスープもカレーも、たくさん使っていただけて嬉しいですが。。。他の販売者さんのものと比較すると、どれもこれもちょっと値が張るプレマシャンティの「台所のお助けチーム」ですから、使う方のさじ加減で活用ください。

 

開発チーム 横山

 

以下 余談です。

大手製造者の同類の商品を使ってなんとなく感じていること。

定型の作り方には、ルールがある様子。つまり、1) 水分は少なく濃い目に。2) ルーの味が変わらないように、具材を少なめ。それ自体がベストの味で設計されていれば、具材の風味や水の量ひとつで味が変わるから、決まった濃度で、余分な味を入れずに、混じりけのない直球の味を試して!という作り手側の声なのかと想像します。

この記事を書いた人

プレマシャンティ開発担当。料理人
横山奈保 (よこやま なほ)

日本生まれ、海外育ち。
肉体の極限を追い求める競技者として育ち、肉体と食、食と精神、精神と肉体の関係を知る。現プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

用途の広い、ホワイトソース風ルウ

酵母エキスを使わない100%植物性素材のホワイトソースのもとです。日本でいうクリームシチューのような、白い煮込み料理に使うのがホワイトソースは、エルボ・マカロニと和えてオーブンで焼くとグラタンが、シーフードなどを加えてパスタにかけるとスパゲティのクリームソースが、たっぷりの具材と合わせてスープ仕立てに仕上げるとクリームシチューが出来上がります。

我が家のクリームスープのもとを見てみる>>

「クリームスープのもと」、麻美カフェさんで変身!

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

林美緒

林美緒 (はやしみお)

2017年入社。プロモーションセクション プロモーター。
プレマルシェ・ジェラテリア 店長。
興味のあることは、考える前にとりあえず行動。
最近のマイブームは、ランニングと自己流の筋トレ。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。