「立春大吉」、 春にスッキリしませんか。 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

料理人がみる世界

「立春大吉」、 春にスッキリしませんか。

投稿日: 2018年2月1日 更新日:

まだまだ寒さが気になる2月ですが、節分の翌日、立春をもって暦の上では春が始まり、新しい1年も始まります。
春分には、禅寺の門前に「立春大吉」と書かれたお札を目にすることがあるかも知れません。
この札を貼ると一年間災難にあわない厄除けのお札ともいわれますが、縦に書くと左右対称になることから、入り口が曖昧となり災厄が迷い込まない(入り込まない)札ともいわれています。
1年の終わりである節分に豆まきをして厄を退け、その翌日には新しい1年に厄が来ないようにという願いを込めて、「立春大吉」の札を貼り付けたのかもしれません。
新年の訪れを知らせる節分は、年の切れ目であると同時に、寒さで収縮しきった大地の気が、上昇拡散に転じる転機でもあるといいます。

日々の営みに例えるなら、太陽が地平線から姿を表す瞬間でしょうか。そしてその翌日の「春分」は、朝日が地平線を茜に染める瞬間でしょう。
伝統中医学においては、四季の移り変わり、つまり環境の変化はひとの営みと無縁ではないと考えます。
冬の間耐え忍んだ植物が、春分を境に芽吹き始めるように、春はまたひとにとっても芽吹きの時期。芽吹きの時期は、体に溜め込んだ様々なものを、発散しやすい時期だともいえます。
また、伝統中医学の根底にある五行説によると、春は「肝」と呼応する季節でもあります。

ここでいう「肝」は、解剖学でいう「肝臓」とは異なりますが、「肝臓」が解毒の役割を担っていると考えると、満更無縁ではないのではないかとも感じます。
身体を温める為にしっかりと食べ、溜め込んできた冬場から一転、春は、徐々に活動量を増やし、溜め込んだものを消費しながら、より活動的な季節への助走期間。
布で全身を覆い隠していた季節は、もうそろそろ終わりになりますよ、準備をしてくださいね、という季節のお知らせの時期である立春を境に、食べ物の質を変えたり、食べる量を調整したりしながら、酸味や春野菜といった春の味を取り入れて、内側から季節の変化を取り入れてみませんか。
お洒落は、内側から。身体の手入れは普段の食事からはじまります。食べ物もファッションと同じように、一足早めに季節の変化を取り入れてみると、流行りの「インナービューティ」にも一歩踏み込めるかもしれません。

 

肝臓をいたわるインナービューティ

1. 少量、消化しやすいもの、腹八分目を心がける
2. なるべく自然に育った食物を、よく噛んで食べる
3. 早寝早起き、良質な睡眠をとる
4. 植物性、大豆食品、海草などを意識してとる
5. 動物性タンパクを意識して減らす

この記事を書いた人

プレマシャンティ開発担当。料理人
横山奈保 (よこやま なほ)

日本生まれ、海外育ち。
肉体の極限を追い求める競技者として育ち、肉体と食、食と精神、精神と肉体の関係を知る。現プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。