らく&ナチュラル~オーガニックコットン考 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

裏話編

らく&ナチュラル~オーガニックコットン考

投稿日:

プレマシャンティ開発チーム横山です。

夏になると、大量の汗に肌がボロボロになります。
5月下旬から10月初旬にかけては、「下着なんて、とんでもない!拷問!!」と叫びたくなります。

湿疹?麻疹??とひっかき傷。その他 もろもろ。
背中、わきの下、首、腰、ひざ・ひじの内側、アンダーバストと、むず痒く痛い場所も広範囲で、イライラも収まらなければ、気持ちも暗くなります。

この数年、”‎PRISTINE(プリスティン)のブラキャミ”一択に落ち着いていましたが、
今年になって”かゆい”問題が再発しました。
どこがって、内側のゴムの部分。

胸周り、ぐるりと一周ゴムが入っています。
”下からホールドする”目的らしいのですけど、これが痒い。
薄手で脇に縫い目も無いし、使い勝手も非常に良いので、「痒い」と感じた時にはショックでした。

おろしたて、新品は比較的問題がないです。
ですが年数を重ねると、もうダメ。

下着は毎年買い替えて、と云われても、‎PRISTINE・・・高いです。
毎年 2~3枚新調するとなると・・・気持ちは”複数年使いたい”に傾きます。
ゴムが肌に当たるわけでなし、何が痒さの原因かがわからないので納得できず、かといって痒い我慢はしたくなく、とうとう「FREE THE NIPPLE」?
ぐるぐると考えていた2020年夏、Natural Styleのディレクター 中根女史と話し込んでしまいました。

中根女史曰く、「ブラキャミは、ホールドするようにつくってあるので・・・‎PRISTINEさんのは、アンダーを締めて支える構造なんでしょうねえ。Natural Styleのブラキャミは締めないので、物足りないかも」。

ホールド?支える?
いや、締め付け感が嫌でブラキャミにしたんですけど・・・。

改めて調べると、”ブラキャミは、ブラの目的を持ったキャミソール”なんですよね。
その名前のとおり。
ブラの締め付けが痒くなるからとブラキャミを選んだ私、短絡以外の何物でもなかった様子で・・・締める度合いが違うだけで、「締める」には変わりない。

え~!

痒い原因追及はどこかに飛んで、代わりにはじまった「なんだよー!!(不満)」
締める=肌に密着=痒いは、ブラでもブラキャミでも同じじゃん!!と、脳内をぐるぐる、ぐるぐる・・・

「Natural Styleのブラキャミは、ふたつ型があって、・・・」
「‎PRISTINEさんのを着ておられるなら、少しホールドがあったほうがよいかもしれませんし、弊社のものだとブラキャミパディでしょうか・・・」

これがブラキャミパディ。
ぐるり一周のゴムとアテの代わりに、前身ごろだけが二重です。

アンダーバストが締め付けられないので、ぴったり感は少ないです。
そのかわりなのか、脇下から背中にかけて、肩ひもが縫い付けてある横のラインは、身体にぴったりと添います。

長めの肩ひもは自分で縫い付けて調整。
PRISTINEに比べ幅が広い(太い)ですが、肌当たりは柔らかいです。

ブラだけで6型、ブラキャミで2型。
Natural Styleには、どうしてこんなに型があるんだ?どうやって選ぶのよ?と前々から気になっていたので、これ幸いと質問すると・・・

「体型は、皆さん違いますから。
S~LLのサイズだけでは収まらない身体の”違い”を包む快適さを実現したいと生地の種類と、カタチを工夫していたら、今のところ落ち着いているのがこのバリエーションです。」

アンダー、トップのサイズ以外に、背中や脇、胸のうえなどの柔らかさや厚さ、骨格、着用感の好みによって、カタチのお勧めが変わるので、「平置きではかったサイズを聞いても・・・」と思うこともしばしばなのだそうです。

実際、S~LLの規格は同じでも、生地の性質とデザインによって、伸びる場所もホールドする場所も、全然違うんですよね・・・。
中根女史にお勧めされた2型のアイテムをつけて、「全然違う!」と私自身が心底驚きましたから、これは実感です。

ショーツも、また然り。
生地によって、カタチによって、フィット感もホールドする場所も、もう全然違います。そのうえ、一日の快適さが違うとあれば・・・「違和感を飲み込んで、オーガニックだった私の時間を返して!」と叫びたくなりました。

S~LLの4サイズしかないから。
多少、身体に合わなくても仕方がない。

昨日までの私が、そうでした。
多少の違和感を飲み込んで、「肌が荒れにくい」だけで我慢していたけれど、「アンダー=身体を整えるお手伝い」を忘れては面白くありません。

ナチュラルでも、美しく。
家で過ごす時間が増えても、おうちスタイルのまま外に出かけられるくらいの快適さが、アンダーでも叶うんだ~!と気持ちがウキウキします。

何はともあれ、選び方です。
S~LLの4サイズ展開、実はとても、とても奥が深いです。

ご興味のある方、中根女史をお招きしてフィッティングをお願いするので、ぜひぜひご参加ください。
かくいう私も、中根女史のお話を聞いて、フィッティングをして頂いて、選び方の目もオーガニックコットンアンダーに対する態度も変わったひとりです。

 

★【オンライン講座】 2020年7日15日(水)13:00開催

あなたに合う下着をご存知ですか?~ナチュラルスタイル=ビューティフルスタイルな、ランジェリーの選び方~詳細・お申し込みはこちら>>

 

Natural Styleも、”オーガニックコットン”の老舗です。
オーガニックコットンとの関わりの長さは、 ‎PRISTINEとほぼ同じ。
‎PRISTINEが製造者を開拓しながら委託しているのに対して、Natural Styleは製造者の連合体、つまりニットや布帛の製造者が集まって「Natural Style」という会社をつくりあげています。
レース生地や華やかなデザイン、白コットンの色合いが‎PRISTINEの持ち味であるなら、彩土染め(ハニゾメ)と呼ばれる土を使った2色の染めに茶・白コットンの4色の色合いと、手頃な価格なのに、堅実で使い倒せるモノづくりがNatural Styleの持ち味でしょうか。
はじまりのタイミングが同じころのこの2社、どちらにも伸びて欲しいなあと考えています。

この記事を書いた人

プレマシャンティ開発担当。料理人
横山奈保 (よこやま なほ)

日本生まれ、海外育ち。
肉体の極限を追い求める競技者として育ち、肉体と食、食と精神、精神と肉体の関係を知る。現プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

Naturalstyle(ナチュラルスタイル)のオーガニックコットン

ナチュラルスタイルがつくるオーガニックコットンのブラ&ショーツは、やさしいホールド感と極上の肌ざわりであなたの大切な体を包み込みます。

Naturalstyle(ナチュラルスタイル)のオーガニックコットンを見てみる>>

らく&ナチュラル~オーガニックコットン考

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都府京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。

松本春菜

松本春菜 (まつもとはるな)

ジェンダーフリーの長男と、ラガーマンの次男を育てる2児のシングルマザー。子どもたちも大きくなり、子育てに余裕が出てきたのでいろいろなことに興味津々。