閲覧注意!シロアリ大移動の瞬間 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

Web・多事争論@中川信男 裏話編

閲覧注意!シロアリ大移動の瞬間

投稿日:

2019年5月。私、中川信男は、簡易宿所新設のために購入した物件のリノベーションを行っていました。大津市の近江舞子駅から徒歩9分の、素晴らしい場所です。

この物件、2017年に滋賀県を襲った大型台風の被害で屋根が損傷、雨水があちこちから室内に流れ込み、もしここで購入しなければこのまま朽ちて倒れるだけ、というギリギリの状態でした。

家は築40年以上経過していましたが、純和風建築で、丁寧に建てられたことがわかる風情です。京都や山村では築後百年以上経過したような「京町家」「古民家」というキーワードばかりで美談が語られますが、戦後、誰かが誰かのために建てた物件ですらも解体してしまうのはあまりにもったいないと、私は考えています。「作って、壊して、また作るのが合理的」という考え方に異論を持っているのです。

この場を借りて、もう一言申し上げておきましょう。築100年だ、200年だが希少でありがたいのはわかるのですが、30年、40年で解体してしまえば、築数百年にはなり得ません。こんな当たり前の話すらも反映されていない、「新しい方が、問題や厄介が起きないでいい」という事なかれ主義的な行政の考え方にも、大きな疑問をもっています。

 

京都に準備している手作りチョコレート工場は鉄筋コンクリートで築50年以上、この家もほぼ同等の時間が経過しているものの、まだまだ修繕すれば充分使えるのです。それだけではなく、経過する時間だけがもたらしてくれる特有の雰囲気は、新築では決して叶わない、やさしい空気をもたらしてくれます。

ここまで中目黒のプレマルシェ・ジェラテリア(前の東京オリンピック直前に建てられた古いビル)をはじめ、7軒以上のリノベーションを手がけてきた私としては、いくら屋根が損傷しているからといっても、壊してしまえ、という気持ちにはなりません。

とにかく、売主様を「素敵にリノベーショのして、生かします。もう一度、この建物に命を吹き込みます。」と仲介業者経由で説得し、かなり安く購入したこのお家。自ら監督として職人さんをほうぼうから集め、あちこちの修繕に入ったのですが、漏水箇所を中心にして、あちこちにシロアリの食害の跡が見えます。

数週間にわたり通い詰めている大工さんと私から「この家、やっぱり防蟻かけたほうがいいですよね。」と話していると、大工さんからは「この家には、もうシロアリはいないと思います。」との回答。何十年のキャリアがある大工さんですから、基本的にこの話を信じてリノベーションを進めていました。

リノベは酷い損傷だったの1Fから進めていたので、2Fは後回し。ただ、畳の漏水損傷箇所に水平の違和感を感じた私は、「やっぱりここは見ておこう」と、畳をあげ、バールで床を剥がしてみてびっくり。そこにはまだ活動中のシロアリの姿が!

自分で解体していたのでスマホが手元になく、シロアリの姿は収められませんでしたが、こんな感じです。水平が狂っていたのは、根太下の梁が下がっていたのです。

これは大変!と即座に防蟻の手配をかけ、職人さんがやってきた直後。大工さんから、メッセンジャーが。

「防蟻屋さんの見積済みました。今、突然シロアリが、ハネアリになって大移動を始めました!」

 

昨日、シロアリの姿を発見。そして、防蟻やさんがやってきた(この日は処理も何もしていません)となったら、いきなり大移動を始めるシロアリの賢さ。

これが、シロアリの恐ろしいところです。

外から見ても、姿はほとんど見えません。あちこちを解体していた大工さんでも見ていなかったのです。

食害があっても、姿が見えないのです。

さあ、これはまずい!と人が動こうとすると、一気に逃げていきます。私よりも賢いのです!!

とにかく、何もなくてもちゃんとプロに見てもらう。
時間があるのなら、化学物質ではなくても、天然素材で対処できます。

今すぐ、床下無料点検をすることを、強くおすすめします。

教訓:

・シロアリのことは、シロアリのプロしかわかりません。大工さんや内装やさんではわからないのです。

・姿が見えないから、安心ということは決してありません。

・早くに予防的対処をする、または、被害が出る前に時間余裕があれば、化学物質を使う必要はありません。

・あなたの家を売る段階になって、シロアリ被害があれば、二束三文でしか売れず、買い主も滅多に現れません。
(市価の何分の一かで、私、または同種の変な人が買うかもしれません。)

・たとえ今何もなくても、隣が防蟻すれば、あなたの家が餌食になり得ます。なぜなら、彼らは飛びます。

・シロアリは、中川信男よりも決断が早く、行動が早いです。しかもよく食べ、よく活動します。もちろん、あなたよりも。

 

★ 化学薬剤を使わない白アリ対策ページ

https://www.binchoutan.com/shiroari/index.html

この記事を書いた人

プレマ株式会社代表取締役
ビーガンジェラートマエストロ

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都府京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。
2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞
世界のソルベ コンテスト 3位
ジェラート 1000のアイディア コンテスト 10位

自然食品 通販 おすすめ アイテム

白アリ対策そのもので、病気になるのを防ごう

床下に撒く農薬の量は、農業用農薬の数百倍!
シロアリ駆除と同時に家族の健康も失っていませんか。
安らげる空間作りのために、自ら選択する時代です。

天然素材のシロアリ対策を見てみる>>

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。