累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

裏話編

ナチュラルスタイルの「フィッティング会」で試着したブラがすごかった

投稿日: 2020年11月5日 更新日:

こんにちは^^
制作チームの松本です。

昨日11/4(水)、京都で開催された
オーガニックコットン「ナチュラルスタイル(Natural Style」の
フィッティング会に参加してきました!

ナチュラルスタイル展示会

私自身、バストが一番気になっていて、
自分に合うブラジャーを模索したくとも
自分にかけるお金と時間がないな、
と日々感じつつ適当なブラをつけては
垂れ下がっていくバストに諦めるしかない、
と思っていましたが、
ナチュラルスタイルのディレクター中根さんが
私のサイズを測りながら「諦めなくてもいいよ!
と仰ってくださって、
まずはそれがとても励みになりました。

バストアップの運動?を教えてくださり
クーパー靱帯が切れているものと思ってたら
伸びているだけだから体操したら戻るとのこと。
あぁ~うれしいな・・。。
希望を持てた一日でした。

バストからヒップまで細かくサイズを測っていただき
中根さんが「これ着てみて!」と
いろいろと持ってきてくださるので
10着ぐらいきてみて、これだ!と思える
自分に合うブラを見つけることができました。

そのとき、たまたまブラウンを試着しましたが
WEBの画像だけだとどうしても“おばあちゃんの色”と判断し、
グレーかブラックに流れがちだったのですが
着てみるとブラウンが意外とかわいかった!

シャツにも透けにくいし、自然のままの色なのが
安心感にもつながります。ほんとによく馴染みます。

試着終了後、自分がもともと着ていたブラを着直したときに
「え?!めっちゃしんどい!」と思ったのがこの日一番の驚きでした。

(その後、オフィスに戻り業務をしていると自分のブラが窮屈すぎて、
すごく肩が凝る感じがしてなかなか集中できず・・)

私は普段D70(ぐらい?)のブラジャーをつけてますが(多分合ってない)
測っていただくとナチュラルスタイルのサイズだとMとLの間、
とのことでしたがベア天フロントホックブラ・M
しっかりホールドされるけどしんどくない、感じがして一番しっくりきました。
私はアンダーのサイズ調整もしたい人だったのですが、
調整できなくてもそこまで気になりませんでした。

ホールドしてほしいけどノンワイヤー希望で
ブラひも調整して、自分のあげたいバスト位置に合わせたい方には
このブラがお勧めやな!と思いました。
ということで近々(カラーはブラウンで)注文予定です^^

サイズを測っていただくのと、フィッティングでだいたい15分ほどでしょうか。
ブラの場合、ぴったり合うものを探し出してくださいますが
無理に購入を勧められることもなかったので、その点は安心しました。

それにしてもおしゃれに展示されていたのもあり、
手に取りやすく、展示されていたすべての製品をチェックできました♪

【ここからは余談ですが・・】

私のバストが垂れだした原因。

18歳になった2日後に1人目を出産。
20歳の誕生日を迎える3日前に2人目を出産しました。
2人目を出産して1か月で職場復帰(産休は約2か月)したのですが
20代前半で悲しいほどバストが垂れる垂れる!
まだまだビキニ着たかったのに~!(笑)

1人目のときに母乳が出づらく、当時担当だった助産師さんがすんごいパワーと技術で
ガチガチのおっぱいを、ほわほわにほぐすおっぱい体操をしてくださいました。
そのおかげで母乳はたくさん出たのですが、クーパー靱帯切れたんじゃないか?と思うぐらい
おっぱい終了後のバストのしょんぼり具合には、かなりショックを受けました。
もともとハト胸だったこともあり、垂れ下がっているのがよく目立ちます。。

その後、2人目が1歳になる直前で離婚しましたので
自分のバストが垂れていることや体の不調なんてそっちのけで
子供2人の衣食住の確保=生きていくことに全集中する日々が始まりました。

平日は仕事が終わったらまっすぐ家に帰り
→夕ご飯を作る
→洗濯物を回している間に食器を洗って(食洗器がない)
→2回目に回す洗濯物(次男が部活でドロドロに汚したラグビージャージ)の下洗いをし
→1回目の洗濯物を干して
→2回目の洗濯物を回して、その間にお風呂に入って
→次の日の夕ご飯の下準備と、お茶(さらり・すらり茶ちょっとマテ)を4L沸かす。
※ここに、先日入院した祖母の洗濯物の回収・洗濯・持ち込みの業務も追加されました。

日祝は次男のラグビーの試合や練習のビデオ撮影でほぼ1日潰れる。

現在、私は32歳。
1人目(長男)は中学2年生、2人目(次男)は中学1年生に成長し、
自分の体と向き合える時間と余裕が少しづつできてきたなと思っていたところに
ナチュラルスタイルのフィッティング会が開催されるのを聞き、
中根さんとお話ししてみたかったのと、製品の肌ざわりを確かめてみたかった、など
とにかく行ってみよう!と仕事の合間を縫って参加しました。

垂れていくバストに諦めるしかないと思っていた、
この気持ちが前向きになれただけでも私にとっては充実した時間でした。

私のように子どもが反抗期で疲れ果てている方。
現在、絶賛子育て中の方。
介護中、もしくは介護と子育てを同時並行されている方。
子育てがひと段落ついた方。
多忙を極めてらっしゃる方。
仕事、仕事で自分の体はそっちのけの方。
自分を少し労ってあげたい方。

すべての女性が何かしらの悩みや不安を抱えながら日々生活されているのではと思います。
ときには誰かとおしゃべりをして、気分ハレバレ、発散することも必要です。

いままでがんばって、ふんばって生きてこられてきた
すべての女性にこの喜びを体感していただきたいですね。

 

この記事を書いた人


松本春菜 (まつもとはるな)

ジェンダーフリーの長男と、ラガーマンの次男を育てる2児のシングルマザー。子どもたちも大きくなり、子育てに余裕が出てきたのでいろいろなことに興味津々。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

サポート力を保ったままでナチュラルなつけ心地のノンワイヤーブラ。

つけたまま寝てしまっても 背中が痛くならないフロントホックなので朝から晩まで心地よい一日を過ごせる必須アイテムです。シンプルなので どの年代の方にでもしっくりなじみます。

ナチュラルスタイル organic garden (オーガニックガーデン) ベア天フロントホックブラを見てみる>>

ナチュラルスタイルの「フィッティング会」で試着したブラがすごかった

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。
宅地建物取引士。健康不動産株式会社 代表取締役。電磁波環境測定士協会理事。
趣味はマリンスポーツ。脳内は基本、海か湖のことを考えている。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

電磁波環境測定士協会理事長。電磁波対策だけしかしない第二種電気工事士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。普段はおっとり型なのに、考えるより先に見切り発車で行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との二人と一匹暮らし。

内田光香

内田光香 (うちだ みか)

編集職を経て、2021年入社。生まれた時から数多くの土地で暮らし、各国を旅した経験から、そこだけの「人・もの・文化」の魅力を伝えるのがライフワーク。
おいしいヴィーガン料理を愛する食いしん坊。野菜ぎらいな小学生の娘と二人暮らし。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。

松本春菜

松本春菜 (まつもとはるな)

ジェンダーフリーの長男と、ラガーマンの次男を育てる2児のシングルマザー。子どもたちも大きくなり、子育てに余裕が出てきたのでいろいろなことに興味津々。