9月9日お休みします~旬の野菜ボックス – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

料理人がみる世界 裏話編

9月9日お休みします~旬の野菜ボックス

投稿日:

プレマシャンティ開発チーム 横山です。

早速ですが、表題のお知らせです。
「エネルギーが凄い!」と、熱いご支持を頂いている「旬の野菜ボックス」。
9月の第一回目 9日(水)以降に予定していたお届け便をお休みさせて頂きます。

ご紹介を始めて以来、毎回ご用命くださっていた方々も多く、
たった一度とはいえお届けできないのは大変残念です。
今回のお休みでがっかりされた方、申し訳ありません。

お休みの背景は、天候との兼ね合いです。
7月の長雨(豪雨)と低温に続き、高温で雨が少ない8月の影響で、
お野菜の価格が高騰しているのは、メディアで報道されているとおりです。

須賀さんの圃場では、多くの種類のお野菜を栽培されています。
年間をとおして、途切れないよう旬のお野菜を栽培し続ける工夫が、複数の圃場であり、季節にあわせた沢山の種類のお野菜の平行栽培であり、ひとつの種類の野菜の時期をずらした栽培であり、お野菜を育てる仲間たちであったりします。
ですが、それでも避けられない事態が起きました。

須賀さんから 緊急の連絡を頂く機会はあまりありませんが、
今回は下記のメッセージを頂きました。

9月9日に予定している野菜ボックスだけ、お休みできませんか。
今年の夏の野菜不足が影響して、厳しいです。 

野菜不足で とおっしゃるので、何が起きているのかを知りたく問いかけたところ、9月の初旬にお届けしようと育てていた茄子が、7月の長雨で全滅してしまったとのこと。
出荷できるお野菜はあるけれど、「野菜ボックスにするには、見栄えが貧相」になってしまうので、お休みしたいとのご要望でした。

9月2回目 9月23日(水) 発送分は、予定どおりお届けです。
秋の身体を整える 初秋の旬のお野菜をお届けしますので、ご用命ください。

暑さにつかれた身体には、秋からも健やかに暮らす手助けが必要です。
須賀さんのお野菜、じわっと沁み込むエネルギーが素晴らしいですよ。

ここからは、私のつぶやきです。
文字ばかりなので読み飛ばして頂いても、結構です。

私にとって野菜ボックスの目的は、産地から・旬のお野菜を・エネルギーに満ちた状態でお届けすることです。
収穫したてのお野菜の味わいは格別で、それが自然農で、須賀さんであれば、最高!と信じているからこその「須賀さんの旬の野菜ボックス」なので、「発送できるのであれば、貧相であっても発送して欲しい」のですが、作り手が自信をもって発送できないといわれるものを無理にお願いするのは違うなあとも考えます。
同時に、ある程度の期待値が出来上がっている野菜ボックスなので、受け取る方ががっかりされるのも違うなあとも考えます。

その一方で、お届けの内容が貧相であろうが、それが今の圃場の状態なのであれば構わないのになあとも思います。
お野菜を育てておられる方々は、皆さん日々の積み重ねを怠ることはありません。
その姿は、どこかプロのスポーツ選手にも似ています。

大会や競技会で結果を出せるよう日々練習を重ねるプロアスリートと、「野菜や果物、穀物」などを「商品作物」を出荷するため植物と向き合う農家さん。
どちらも「結果」で判断されます。

結果には、鮮度や味はもちろんカタチも含まれます。
野菜ボックスにすると、開封したときの見た目の全体のバランスでも判断されます。
だから須賀さんの口から、「貧相」という言葉が出たのかな とも思います。
野菜たちがまるで子供のようなものだとしたら、お客様には喜びで迎え入れてほしいでしょうし、少しでも気がかりがあれば送り出せないのかもしれません。
愛情をこめ、細心の注意をはらって育まれたお野菜なので、多少見栄えがしなくても、お味やエネルギーは全くかわりはないのですが・・・。
環境も気候も変わりつつある昨今、育てる方々のご紹介や、圃場の在り方もさることながら、どんな状態でも「今の圃場」をお届けできるような雰囲気を作り出していけたらなあというのが、私の希望です。

この記事を書いた人

プレマシャンティ開発担当。料理人
横山奈保 (よこやま なほ)

日本生まれ、海外育ち。
肉体の極限を追い求める競技者として育ち、肉体と食、食と精神、精神と肉体の関係を知る。現プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

四季の野菜を、産地から直接お届けします。
群馬県との県境にほど近いこの土地で、半世紀以上も”土”を育て、”適地適作(てきちてきさく)・適期適作(てっきてきさく)”を実践してこられた須賀さん一家がお届けするお野菜を6品目程度を組み合わせて、毎回バラエティ豊かにお届けします。

野菜が私たちの命を育むように、土が野菜を育んでいます。
土は土中のバクテリアや生き物たちが、そこに生きて命を終えた植物たちが、育んでいます。その営みを支えるのは、自然の愛情であり、また作り手の想いです。

須賀さん一家の愛情を満タンに蓄えた野菜を直送便でお届けしますを見てみる>>

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都府京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。