テレワークだからこそできる心身のパフォーマンスを上げる方法 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

裏話編

テレワークだからこそできる心身のパフォーマンスを上げる方法

投稿日:

 COVID-19の影響で緊急事態宣言まで出されるまでに至りました。感染しない、感染拡大防止のためにテレワークに取り組んでいる企業も多いと思います。外出しなくても仕事ができる環境は通勤時間を有効に使えたり、家族との時間が増えたりして良い部分もありますが、身体を動かさずにコンピューターの前に座り続けていることでの重苦しい疲弊感を感じることはありませんか?

 私も連日、Zoomでオンライン会議をしたり、オンライン講座で講師をしたりしていますが、じっと椅子に座り続けているので、すごく疲弊感を感じています。そこで同じような疲弊感を感じている方に私が取り組んでいる良い方法をお伝えしたいと思います。

 ポモドーロ・テクニックをご存知でしょうか? 時間管理術の一つで25分集中したら5分休憩を最大4回繰り返すというものです。人が1日に集中できる時間は最大4時間と言われています。それ以上の時間はどんどんと集中力が低下して作業効率が悪くなってくるばかりか、身体が疲弊して休んでも次の日までその疲れを持ち越してしまい、次の日は4時間集中することができなくなるのです。旅行などで車を長時間運転した翌日に疲弊感を感じることはありませんか? まさにそれが集中し過ぎによる疲弊感の持ち越しです。

 もし1日に8時間働いているとして、効率を下げずに集中できる4時間を効果的に使いたいという人にこのポモドーロ・テクニックはおすすめです。しかし、25分毎に休憩をしていてはキリの良いところまで仕事が進まず非効率だと思う人もいるでしょう。それは間違いです。無理にでも途中で区切りをつけることで、逆に仕事の効率が上がるのです。その休憩の時間が効率を上げるのに重要です。「集中」と「緩和」をリズム良く取ることで、アイディアが生まれやすくなるのです。

 そうはいうものの私は25分集中で5分休憩ではなく、「40分集中して7分休憩」を4回行うようにしています。そして、3回目の休憩は20分取ることにしています。時間の管理はポモドーロ・テクニックを実践するためのタイマー機能のある無料のアプリがあるのでそれを使っています。自身に取って取り組みやすい時間を試行錯誤してみると良いと思います。誰かに取って良い方法でも、自身に合うかどうかは別ですからね。

 ポモドーロ・テクニックをする場合、休憩の時間に何をするのか?が重要だと考えています。私の場合は音楽をかけて躍ります(笑)躍ることで固まった身体を柔らかくし、「脱力」することができるばかりか、脳内麻薬の「エンドルフィン」の分泌が高まり、リラックス効果が高まります。最近、仕事中に積極的に身体を動かすことで仕事の効率を高める、「アクティブレスト」という概念が出てきていますが、躍ることはアクティブレストになります。

 その他にも躍ることの効果がわかってきています。ノーベル賞を受賞する研究者の共通の趣味として、演劇やダンスをしている研究者はそうでない研究者と比べるとノーベル賞を受賞する確率が22倍も高いそうです。躍ることで身体をリラックスさせることで、アイディアが出てくるだけでなく、心身のパフォーマンスが上がってくるのでしょう。

 人前で躍るのは苦手という方でも家の中だと抵抗なくできるのではないでしょうか? こういったときこそ、ポモドーロ・テクニックと躍りを組み合わせて、心身のパフォーマンスを上げて仕事の効率を上げていきましょう。

 そうはいうものの休憩の時間は躍る以外にも、洗濯や洗い物、食事作りなどの家事をやったり、お茶やコーヒーを淹れたりすることが多いです。家事はスッキリすると気持ちが良いし、ゆっくりお茶をいれる時間も大好きです。要は身体を動かすことかなと思います。

この記事を書いた人

プロモーションセクション
ボディワーカー

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。
2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。
全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

「躍るのはちょっと」いう方に!就寝時の「脱力」をサポート

大麻の秘められた可能性にチャレンジをした大麻八芒星敷床は、まるで身体が大自然の一部だと思い出すように、あなたが自然体に戻るのをサポートします。開発者も想定していなかった神秘のパワーを体感してみてください。

大麻八芒星敷床を見てみる>>

テレワークだからこそできる心身のパフォーマンスを上げる方法

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都府京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。