母親のギックリ腰に梅生番茶 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

今だから話せる、花井良平のマクロビオティックこぼれ話

母親のギックリ腰に梅生番茶

投稿日:

大学3年生だった昭和51年から日本CI協会に通ってマクロビオティックの勉強を始めましたが、マクロビオティックの提唱者である桜沢如一先生の著書を読むとともに、桜沢里真先生の料理教室に通い、大森英桜先生の正食医学講座等にも参加して、マクロビオティックにどっぷり浸かった学生生活を送っていました。

杉並区の四畳半のアパートで独り暮らしをしながら、圧力鍋でせっせと玄米を炊いて胡麻塩や鉄火味噌をふりかけ、昆布出汁の味噌汁に金平ゴボウ、ヒジキ蓮根、ネギ味噌といった陽性な基本食ばかりを食べていました。

大森先生の講義で食養手当法も学びましたが、若くて健康だったので使い道がなく、三年番茶に醤油を入れた醤油番茶や、梅干とおろし生姜も加えた梅生番茶を作って飲むことはあっても、生姜湿布や里芋パスター等は全く実践できずにいました。

そんな時、正月休みだったか夏休みだったかに愛知県豊橋市の実家に帰省中、母親がギックリ腰になって布団から起き上がれなくなったことがあり、今だ!とばかり、手当法を試したことがありました。

まずは梅干とおろし生姜の搾り汁、醤油を湯呑みに入れて梅干をつぶし、熱い三年番茶を注いで作る梅生番茶を飲ませてみたところ、なんと飲んだ瞬間に立ち上がって歩くことができるようになってしまいました。

本人もビックリしていましたが、周りもビックリ仰天!

しばらくして、また腰が痛いと言って寝込んでしまいましたが、瞬間的であったとしても、スーッと立ち上がれるぐらい血行が良くなり、即効性があることを知りました。

そして、生姜を大量にすりおろして布巾に包み、丼に熱湯を注いで生姜汁を搾り入れ、厚手のタオルを浸して軽く搾り、腹這いになった母親の腰に、火傷しないように乾いたタオルを23枚当ててから熱々のタオルを置き、その上に冷めないようにバスタオルを2枚重ねて布団をかけてジーっとしていてもらいました。

冷めたら一番下のタオルを1枚抜くとまた熱々になり、これを繰り返して肌が真っ赤になるまで20分ぐらい湿布するのです。

すると「とっても気持ちいい!」と喜んでくれて、里芋パスターまではやりませんでしたが、梅生番茶と生姜湿布だけですぐによくなったと記憶しています。

当時、母親は55歳ぐらい、5歳上の父親は60歳でしたが、まだ現役のサラリーマンでした。

身体にいいことが好きで、一時期、玄米食もしていましたが、晩年、それほど寝込むことなく、母親は93歳、父親は82歳まで生きました。

一緒に住んでいれば、もっといろいろな手当法や食事法をしてあげられたのにと悔やまれますが、親孝行したい時に親はなし、ですね。

梅生番茶 … 当時は番茶を沸かし、梅干をつぶし、生姜をおろし、醤油を混ぜ、と手間暇がかかりましたが、今では材料全部が配合されて熱湯を注ぐだけの商品(「ぬくもりめぐり茶」等)がありますので、便利になりました。

いざという時のために常備しておくといいでしょう。

この記事を書いた人

陰陽ライフ代表取締役
花井良平 (はないりょうへい)

愛知県豊橋市生まれ。
学生時代からマクロビオティックを始め、
オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。
その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役。

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

林美緒

林美緒 (はやしみお)

2017年入社。プロモーションセクション プロモーター。
プレマルシェ・ジェラテリア 店長。
興味のあることは、考える前にとりあえず行動。
最近のマイブームは、ランニングと自己流の筋トレ。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。