仕事しながら健康になる!?弊社オフィスの秘密を公開!リモートワークにも – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

すぐれもの 裏話編

仕事しながら健康になる!?弊社オフィスの秘密を公開!リモートワークにも

投稿日: 2020年5月21日 更新日:

自粛生活で自宅でのリモートワークを
余儀なくなされている方も
まだまだ多いようです。

仕事中に家族に話しかけられ
何度も集中が途切れてしまうことで
ストレスを感じるという話を
よく耳にします。

親がオンライン会議に参加したり
子どもたちがオンライン授業をしたりすると
その間、家族が静かにしなければいけません。
子どもはもちろん、大人も気を遣いますよね。
PCカメラに、パジャマ姿の家族が
映り込む放送事故もあるようです(笑)。

日常生活のなかに緊張感があったり
新しいルールが増えたりするのは
やっぱりストレスです。

リモートワークや
オンライン授業のおかげで
家族全員がストレスフルに
なってしまうのはしんどいですよね。

最近では、仕事をするためだけの
家賃の安い部屋を借りる人も
増えていると聞きます。

プライベートな空間に
それぞれが自分が望むだけの
自由で安心できるスペースが
欲しいものですよね。

仕事のためだけの部屋を作ることが
難しい場合は、パーテーションような
板や布で部屋に区切りを作って
「ここにいるときは仕事だからね」と
家族に伝えるなどの
工夫もいいかもしれません。

この家族間という人間関係のトラブル以外に
家で仕事をすることのストレスの原因に
「長時間のノートパソコンの使用」があると、
私は考えています。

職場ではデスクトップ、
自宅ではノートパソコンを使って
おられる方が多いのではないでしょうか。

あなたの自宅では
ノートパソコンで仕事をするための
環境を整えていらっしゃいますか?

ノートパソコン使用時は
モニターを見るために、
どうしても頭が前に倒れるような姿勢に
なってしまいます。

頭の重さは成人で
7kgー8kgくらいあるので、
その重みを支えるために、
次第に首や肩が凝ってきます。

さらにその状態が続くと、
身体をバランスするために、
骨盤が後傾してきて、
いわゆる猫背のような
姿勢になってしまいます。

座った状態では、身体の土台となる
骨盤の上にしっかり背骨がのることで
下向きに働く重力を受けられる骨格になり、
自然と背骨が上に伸びるように
身体はできています。

骨盤の上に背骨がのることで
楽な姿勢ができるのですが、
ノートパソコンを使用し続けることで、
身体のバランスが崩れて、
凝りや痛みなどの身体ストレスを
抱えてしまうのです。

さらに、アースを取らずに
ノートパソコンを充電しながら
使っていると、800V/m以上の
非常に高い電場を
直接身体で受けてしまいます。
(安全基準値は25V/m以下)

電場は身体の表面を覆って
誘導電流を作り出し、
自律神経や皮膚表面に変化を
及ぼす可能性があると言われています。

また、ノートパソコンを使う部屋の
明るさまで気を使っている人も少なく
部屋の明るさに対して
モニターが明るすぎるため、
目がショボショボしてきたり、
視力が低下したりしてきます。

このような状況で仕事をしていると
身体がどんどん窮屈になって
心身のパフォーマンスが下がってしまい、
ストレスが増えて家族の喧嘩が増えてしまう
のは当然かもしれません。

 

弊社のオフィスでは、スタッフの
心身のパフォーマンスを下げずに
心地よく仕事ができるだけでなく、
オフィスに来て仕事をすることで
より健康になってしまうような工夫を
あらゆるところに施しています。

人生のなかで比較的長い時間をしめる
仕事の時間がストレスの時間になってしまう
ようなことはしたくはありません。

そのための秘密を一部ご紹介します。

弊社ではすべてのパソコンはアースを取り、
電場を除去するだけでなく、
アルファ・ジーニアスや
ベータ・ジーニアスを通して
電源をとっています。

そうすることで、パソコンの有害電磁波が
有益なものに変わり、パソコンを使うことで
身体を楽にするということを実現しています。

実際にモニターの光を浴びることで、
呼吸がしやすくなったり、視界がクリアに
なったりするので不思議です。

 

▼パソコンをアースし、
電場を簡単に除去するならプラグインアース
(すみません。只今品切れ中です)
https://www.binchoutan.com/denziha/eruma.html

 

▼パソコンの有害電磁波を
有益なものに変える
アルファ・ジーニアス&ベータ・ジーニアス
https://www.binchoutan.com/alfa-genius/index.html

 

また、スタッフが座る椅子は
座るだけで背骨が骨盤にしっかりのり
背骨が上に伸びていく
禅チェアを使用しています。

禅チェアに座ることで、
身体の軸がしっかりして、
めぐりが良くなり、
身体本来のパフォーマンスを
発揮できるようになるのです。

 

▼現在、リモートワーク用の
新禅チェアを開発中です!
https://www.binchoutan.com/zen/index.html

 

さらに快適な空間を作るためには、
空間に飛び交う電磁波ノイズの影響を
忘れてはいけません。

車などの高性能な機械を設計するとき、
設計者が苦労するのが、
「発生する電磁波ノイズをいかに減らすか」
だそうです。

電磁波ノイズの影響で
燃費や機械の耐久年数が変わってくるので、
見逃せない問題です。

その高性能な機械よりも
遥かに精密で複雑な機能を持つ
私たちの身体も微弱な電気信号で
動いていることから、高性能な機械同様、
電磁波ノイズの影響を受けてしまいます。

 

▼コンセントに挿すだけで、
部屋の電磁波ノイズをアースする?
森修焼ガンマプラス
https://www.binchoutan.com/shinsyuyaki/stabilizer.html

 

弊社のオフィスでは森修焼ガンマプラスを
さらにパワーアップさせたガンマプロを
使っていますが、店舗限定販売商品で
ネットでのご紹介ができません。

 

自宅で仕事をすることで、
家族がイライラしたり、
緊張した雰囲気になってしまうのは、
子どもにも良い影響は与えません。

アポロ・ジーニアスやベータ・ジーニアス、
あわしんなどのアポロ科学の製品や
森修焼ガンマプラスやガンマプロなどは、
そういった人が持つイライラなどの
ネガティブエネルギーをより良い方向に
変えてくれる作用もあるように感じています。

オフィスの環境を整えるのは難しくても
自宅の仕事環境を整えるのは
比較的に簡単だと思います。

皆様のご自宅のより良い環境づくりに、
この情報がお役に立てたら幸いです。

この記事を書いた人

プロモーションセクション
ボディワーカー

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。
2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。
全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

さすだけで家庭の電化製品がグレードアップ!の魔法のコンセント

まだパソコンを使って疲れてるの? パソコンのプラグをベータ・ジーニアスにさして電源をとるだけで、パソコンが癒しのマシンに!

ベータ・ジーニアス Light 2.0を見てみる>>

仕事しながら健康になる!?弊社オフィスの秘密を公開!リモートワークにも

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018-2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。