我が家の自然分娩奮戦記(前編) – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

今だから話せる、花井良平のマクロビオティックこぼれ話

我が家の自然分娩奮戦記(前編)

投稿日:

昭和55年2月19日に長男が誕生しました。

その時のことをオーサワジャパン発行の「カムカム通信」に投稿していますので、そのまま掲載します。

《陽輔誕生》
昭和55年2月19日午前2時半、予定日より2週間遅れて、長男陽輔が産声を上げた。

医師、助産婦の手を借りず、何ひとつ知識や経験の無い私と妻の姉、2人だけに見守られての出産であった。

2月17日午前11時頃、出産の前兆である出血(俗に言うしるし。これは子宮頚管が少しずつ開いてきて、赤ん坊をつつんでいる卵膜と子宮壁の間がはがれかけてくるための出血)があり、夜10時頃から不規則な陣痛(一定の間隔をおいて規則的に起こる子宮の収縮)が始まる。

いつも通り床に着き、翌朝6時頃、5分おきの陣痛で妻は目を覚ました。

出産の本によれば、5分おきになったら、1~2時間で生まれる、と書いてあったため、いつ始まってもいいように準備を整え仕事を休んだが、日中は不規則な間隔(3~30分)で、夕方になっても始まらない。

夜8時頃からようやく規則正しく5分おきとなり、痛みも増してきた様子。

9時に夕食をとり、早めに床をとったが寝られず、10時頃より一段と痛みがひどくなったが、それでも我慢できる程度。

12時頃から相当苦しみ始めたが、ぎりぎりまでいきみを逃がした方がいいとのことで、我慢していたが、それも2時で限界。

突然、天井からたらした綱(前日に用意しておいた)につかまり、しゃがんだ姿勢でいきみ始めたところ、早くも20分程で頭が見え隠れしてきたので横になる。

妻の場合は破水(赤ん坊を押し出そうとする力が強くなり、卵膜の先端が破れて羊水の一部が出ること)がなく、卵膜を通して頭が見えていたため一瞬戸惑ったが、ナイフで卵膜に傷をつけて破水させた。

破水が遅れた原因としては、元来動物性食品が多く入り、陽性体質で卵膜が硬いうえに、羊水も少なかったことが考えられる。

産道が羊水でなめらかになり、グングンと出てくる頭を危なっかしい手つきで押さえて会陰保護をする。

頭が出る時に最も会陰裂傷が起こりやすく、本を参考に見よう見まねで手をあてたが、人間の体は伸縮自在で赤ん坊の大きさに合わせて充分に伸びるものだ。

頭が出てしまうと、体はほんの数10秒で楽に出てきた。

2時30分、元気良く産声をあげ、オシッコを天井に向けてピューッと飛ばした。

体重3,080g、体長50cm。

破水しなかったせいか妻の痛みはひどかったようだが、産道を通る時間が短かったのだろう、陽輔の方はあまり苦しんだ様子はなかった。

顔も体もまっ赤にしてオギャー、オギャーと泣き叫ぶ我が子は、ついさっきまで母体の中にいたとは思えない程、早くも人間の一員として自己主張をしているように見える。

へその緒は予想以上に固くて太く、ぬるぬるしてつかみづらいものである。

拍動の停止を確認した後、へそから2指と、さらに2指先の2ヵ所をタコ糸で縛り、その間をハサミで切った。

15分程して後産(胎盤や卵膜などの胎児の付属物)が出てきたが、不勉強な私は卵膜の傷の有無を調べることを怠り、これは失敗だった。

子宮内に卵膜や胎盤の一部が残ると、なかなか子宮が収縮せず異常出血が起こると言う。

しかし、幸いなことに胎盤は残らず出たようで、ホッと安心した。

胎盤は生暖かくレバーに良く似ており、血を見慣れていない男の私には、ちょっとショックだった。

初めてのお産ではあったが、これといった異常もなく無事に済ませることができた。

私は以前、友人のお産に立ち会ったことがあるが、赤ん坊を取り上げたのは勿論初めてのことだ。

その友人は、経験豊富な助産婦さんに取り上げてもらい、正常出産で、2人目ということもあって、いとも簡単に産まれたことを記憶している。

また義姉の方も出産に関しては私同様、無知と言って良かった。

このような素人2人だけで出産できたのも妻が若く、健康であったことと、日ごろから厳格ではないが、玄米正食を実行してきたおかげだと感謝している。

ここより妻にバトンタッチする。(後編に続く)

この記事を書いた人

陰陽ライフ代表取締役
花井良平 (はないりょうへい)

愛知県豊橋市生まれ。
学生時代からマクロビオティックを始め、
オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。
その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役。

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

林美緒

林美緒 (はやしみお)

2017年入社。プロモーションセクション プロモーター。
プレマルシェ・ジェラテリア 店長。
興味のあることは、考える前にとりあえず行動。
最近のマイブームは、ランニングと自己流の筋トレ。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。