「紙要らず」とは – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

すぐれもの

「紙要らず」とは

投稿日: 2017年10月10日 更新日:

プレマシャンティ開発チーム 兼
陰陽ライフ株式会社  花井良平です。

ご飯と味噌汁と醤油と漬物があれば
和食の基本である一汁一菜ができますが、
具合が悪くて料理が作れなかったり、食欲がない時はどうするか?

3年前の2013年6月に体調を崩し、
何が食べたいか身体に聞いたところ、
玄米クリームと本葛湯、と答えが返ってきました(笑)。
それまで食べたことのない組み合わせです。

たまたまレトルトの玄米クリームがあったので、
これに本葛を混ぜてみたところ、意外においしい!

葛湯にコーティングされるのか、レトルト特有の臭みもない。

もっと驚いたことは「紙要らず」になったこと。

「紙要らず」とは、マクロビオティックを提唱された
桜沢如一先生の著書に健康の条件として書かれていることで、
大きな便りの時に紙が要らないこと。

実は子供の頃からお腹がゆるく、紙をたくさん使っていました。
20歳でマクロビオティックに出会い、
動物性食品や砂糖を一切摂らない、厳格な穀物菜食100%にしたり、
一口200回噛んだりもしましたが、
一度も紙要らずになったことがありませんでした。

それが何と、玄米クリーム+本葛湯を3回ぐらい食べただけで
“紙要らず”になったのです。何とも言えない快感!

その時わかったことは、紙要らずになるためには、
腸内環境をよくするだけでなく、腸から肛門まで、
消化器そのものの健康が必要だということでした。

それまで腸そのものの健康や、肛門の健康なんて
考えたこともありませんでしたが、
消化器の出口が肛門なのだから、腸が健康になれば
肛門も健康になるのですね。

またまたこれを広めたい!との情熱を掻き立てられ、
玄米クリームを製造している
名古屋のコジマフーズにお願いしました。

葛がダマになったり、片寄ったりしないように
工夫していただき、美味しい「玄米葛クリーム」が完成!

 

 

 

 

Facebookでモニターを募集したところ、
以下のような報告をいただきました。

■40代女性
——————————————————–
・玄米葛クリームはとても美味しいし、
お腹にも柔らかく落ちてくれるようで満足できました。
胃にも優しい感じ。

■50代女性
——————————————————–
・おいしいですね。とろりとしたなめらかな舌触り、
ほんとにクリーミィです!
自然栽培ならではの自然の甘さもいいです。
一袋で満足しました。

・この製品は本当においしいので、
しかも幸せ感の強い製品だと思います!
素晴らしい製品を開発してくださって
ありがとうございます。

・確実に口に入れた瞬間から、
「いいものが入った!」とわかります。

・腸が喜ぶ感じはわかります。

■30代女性(妊娠中)
——————————————————–
・実は最近、朝食を食べる前の空腹感が気持ち悪く、
かと言って食べても気持ちが悪い・・・
という日が続いていました。
つわりの延長だと思いますが、
どうしたら良いかと悩んでいたところ、
届いた玄米&葛クリームを朝食にしてみました。

思いのほか、なかなかの満腹感で食後が心配になりましたが、
全く気持ち悪くなりませんでした!!
感激です。胃腸に優しい…ということでしょうか?
助かっています。ありがとうございました!

・教えて頂いた様に、まず3日、試してみました。
3日目に、下剤なく出たのに驚きました。
また、この続けた3日は、
食べた後の気持ち悪さはなく過ごせました!!
食べるのを辞めてしまうと、
やはり元に戻ってしまいます・・・ (ー ー;)

■玄米葛クリームで1泊2日のプチ断食合宿を主催された方より
——————————————————–
・葛クリームおいしい、なめらかで好きな味。

・プチ断食に先日参加した女性から、お通じがあり、
その後続いていて、肌がきれいになり
腸のクリーニングを実感できた。
という喜びの報告がありました。
良いものを紹介して下さり有難うございます。

また、モニターではありませんが、お子様の反応も上々。

■イベントをお手伝いいただいた
マクロビオティックで子育てされている2歳の女の子
——————————————————-
・紙コップに入れた葛クリームを、
ニコニコしながら美味しそうに食べていました。
「美味しい?」と尋ねると「うん」。

■花井家の普通食を食べている2歳の孫(男の子)
——————————————————–
・晩ご飯に味噌汁ぶっかけご飯を食べさせ、
ご飯が足りなくなったので
「玄米葛クリーム」を1袋食べさせたところ、
美味しい、美味しいと言って完食しました。

 

その後、お客様からのご要望もあり、
「玄米葛粥」と「小豆入り玄米葛粥」を発売しました。

体調を崩して食欲のない時は「玄米葛クリーム」を、
食欲はあっても、やや不調の時は
「玄米葛粥」や「小豆入り玄米葛粥」をいただきます。

 

 

 

 

以来、基本的に紙要らずになり、食が乱れて紙要りになっても、
葛シリーズのどれかを1食いただくだけで翌朝は再び紙要らずになるのです。

 

この記事を書いた人

陰陽ライフ代表取締役
花井良平 (はないりょうへい)

愛知県豊橋市生まれ。
学生時代からマクロビオティックを始め、
オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。
その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

消化器の入口から出口まで健康に「玄米葛シリーズ」

1日の1食目を「玄米葛シリーズ」だけ、
もしくは梅干や梅肉エキス入りねり梅を
添える程度にするのがおすすめ。

陰陽ライフの「玄米葛クリーム」を見てみる>>

「紙要らず」とは

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

林美緒

林美緒 (はやしみお)

2017年入社。プロモーションセクション プロモーター。
プレマルシェ・ジェラテリア 店長。
興味のあることは、考える前にとりあえず行動。
最近のマイブームは、ランニングと自己流の筋トレ。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。