スキンケアに飽きました。 – プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

裏話編

スキンケアに飽きました。

投稿日: 2017年11月30日 更新日:

プレマシャンティ開発チーム 横山です。

ある日のこと。
松本からメッセージがきました。

「横山さんの、お肌のお手入れ方法知りたいです。」

ええっと・・・
私、手入れしてないですよ?

理由はひとつ。
飽きました。

昔、とってもとっても熱心に、情熱を傾け、追いかけすぎて、
驚きがなくなり、冷めました。

ろくな手入れをしなくなって、十年単位で時が過ぎ、全くといっていいほど、手をかけてません。
だからシミもあれば、毛穴も目立ちます。

肌が荒れたら、メンソ○ータム塗ります。
水で顔を洗ったら、軽く水分をとって、溶かした馬油を馴染ませます。

女子力測定、マイナスかなー。

とはいえ、せっかく頂いたお題、ここから掘り下げて考えます。

肌も身体の一部である以上、処々の制約から決して無縁ではいられません。

例えば、体調。
例えば、ホルモンの分泌。
例えば、血液やリンパの流れ。

これ以上なく単純に、明確に表現するなら、
「毎日の私の暮らしはこうよ!」と「ここ数日の私の体調を教えてあげるわ!」と
全身で表現しながら歩いているようなものです。

女性の場合は、お化粧で誤魔化しますが、大部分の男性は、あけっぴろげです。

肌の色つやや、目の下のクマ、吹き出物、しわの深さなどなど、情報だらけで面白いです。

伝統中医学では、五行説により、皮膚と肺に繋がりがあるといいます。
一概にはいえませんが、空咳がひどいと、肌が乾いているような印象を受けます。

また「肺」と表裏の関係にある「大腸」の状態も見逃せません。

最近はやりの、腸内フローラという言葉。
腸内に生息する「腸内細菌」を指しますが、ご存知のとおり、善・悪・日和見の3種にわかれ、
腸内環境をつくっています。

便秘になると、肌が荒れますよね。
同じく、下痢が続いても、肌の調子が変わります。

腸内の環境を整えるのですから、食とは切って切り離せない縁ですし、
薬やサプリメント、運動、日々の心の状態とも、無縁ではありません。

麹を使い伝統的に醸造したお味噌や調味料、自分でつくった糠漬けや浅漬け、
食物繊維の多い野菜、生野菜や玄米といった、日々の食事の選択がとても大切になります。

私の身体は、油の消化が苦手らしく、油が多いと、耳のしたから頬骨にかけて、
肌が荒れてほっしんが出ます。ナッツ類が続いても、同じです。

便通が悪くなると、肌が滑らなくなり、口の両端が乾燥して荒れます。

出張中に外食が続いたり、野菜が不足と、その翌週は、本当にボロボロで、
艶もなければ、潤いもありません。

一番の決定打は、睡眠です。

スケジュールが立て込んで、眠りのサイクルが変わると、途端に肌の調子が悪くなります。

22時から翌3時。
この間に、睡眠をとっていますか?

中医学を学び始めた頃、子の刻、つまり23時から1時までは、
「絶対に」熟睡しているようにと云われました。

これは、身体を保つのに大切な血液の養生が、一番活発になる時間です。

夜更かしなんてとんでもない。
さっさと寝なさい、そして早く起きなさいと、顔を合わせるたびに云われていました。

今思えば、私は養生をしていませんと「顔に書いてあった」んでしょう。
知らないって、幸せですが、とってもとっても、怖いです。

以来、きわめて規則正しく、21時にはお風呂を終えて、身体をほぐし、
22時には眠るという習慣になりました。

ということで、特にこれといった肌の手入れはしていません。

その代わりに、身体のメンテナンスは、瞑想やヨガ、マッサージ、食事療法と、
マニアックなほど手をかけます。

元々、身体が資本のアスリートなので、与えられた肉体を最大限使うには?
最高の状態に保ち続けるには?、と
そればかり考えて過ごしていたせいもあり、今でも、身体の変化には敏感です。

食事の内容でも、次の日の調子が変わるので、意識して根菜をとったり、
玄米を食べたり、葉野菜を食べたりと、身体のバランスを見ながら、
美味しいと、食べたいと感じるものを食べています。

旅から戻った日の定番は、お味噌汁。
まるで鍋かと云われそうな量の野菜を入れ、蒸し煮をして、出てきた水分に味噌をとく。
これで、幸せになれます。

 

 

 

 

 

今の一番のお気に入りは、谷迫さんの梅干しです。

ちょっとくらい胃が痛くても、疲れが酷くても、この子と一緒だと、
大概のトラブルは内側から整えてくれるので、翌朝の肌もキラキラします。

◎ 谷迫さんの愛がこもった「有機三年熟成梅干」「有機しそ漬梅干」

 

この記事を書いた人

プレマシャンティ開発担当。料理人
横山奈保 (よこやま なほ)

日本生まれ、海外育ち。
肉体の極限を追い求める競技者として育ち、肉体と食、食と精神、精神と肉体の関係を知る。現プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

奈良県吉野地方の気候と地形が育てた逸品。

谷迫さんがたった1人で始めた自然栽培の梅。
半世紀以上の時を経る間、周囲の理解と多くの仲間を得て
極上の梅干しが生まれました。

プレマシャンティ 有機しそ漬梅干 有機三年熟成梅干を見てみる>>

スキンケアに飽きました。

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。