累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

すぐれもの

ソルガム粉をつかってみた!

投稿日:

プレマシャンティ開発チーム横山です。

7月に新しく「国産ソルガム粉」が、仲間に加わりました。
日本で昔から生育されている雑穀「タカキビ」を、粉にひいたものです。

原料のタカキビの産地は、雑穀王国岩手です。
ほんのり赤いタカキビ自体に、若干渋みがありますが、
粉にひくとこれがコクになるから不思議です。

米の育ちにくい東北地方では、昔から雑穀が多用されてきました。
いまでこそ「ソルガム粉」として重宝されるタカキビ粉も、
この地域では昔から団子などの材料として使われてきた
郷土食といっても過言ではありません。

ご紹介に先駆けて、プレマルシェジェラテリア中目黒のスタッフに
ちょっと使ってみて~とお願いしたところ、国産ソルガム粉をつかって、
クッキーを焼いてくれました。

頼んだ相手は、万代さん。
いつもは輸入のオーストラリア産 ホワイトソルガムをつかっていると聞いて、
比較してもらえないかと期待していたところ・・・期待どおり!!の感想がもらえました。

国産ソルガム粉の使用感は、普段つかっているホワイトソルガムとそれほど変わらないそうです。
しかし、香りと食べた時のタカキビの風味が全然違うので香ばしくて味わい深いものになったとのこと。

中目黒店の店長 小室も一緒に試食をしたようですが、
タカキビの香ばしさに驚いていました。

▼万代さんのInstagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gluten Free & Plant base(@monday_gf.ve)がシェアした投稿

いかにも今風な呼び方の「ソルガム」は、日本では長くタカキビや高粱(こうりゃん)という呼び名で、親しまれてきた雑穀です。

小麦粉の代用として「ホワイト・ソルガム」がひろくつかわれ始めてから、
日本でも「ソルガム」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。

「ホワイト・ソルガム」があればというお声も頂くようになり、
製菓用に、小麦粉の代用にと、ご紹介を検討し始め気になったのは、
オーストラリアやアメリカからの輸入に頼るしか方法がなさそうだという点でした。

プレマシャンティでは、四方三里、身土不二の意味から、
主食に近い穀物は極力国内で探そうとしています。
小麦にかわる主食の穀物は、日本では米だなあと考えて、
なるべく米粉をつかうようにと考えてはいたものの
米粉では独特の粘りが出てしまいます。
対してホワイトソルガムは粘りがでないから、扱いやすさがあります。

必要なら仕方がないと思いながらも、取扱いに踏み切れずにおりましたが、
ご縁があってようやく、国産ソルガム粉に出会いました。

 

近年の気象条件の変化なども影響して、雑穀王国岩手でも、
だんだん 農薬を使わず栽培を続ける農家さんが減っています。
今回頂いた原料のタカキビは、農薬や化学肥料を使わず育ててる農家さんから、
東北の問屋さんが買い取ったものを頂いています。

ただ年々、仕入れも難しくなっているとのこと。
買取をしてくれるひとが増えてきたこともあって、栽培方法をより効率的に、
生産量を増やして販売できればと考える方も増え始めているために、
量を集めることだけでなく、希望にそった農家さんから買い取ることも、
年々、難しくなっているのが現実です。

命をつくる食。
私たちが対価を支払い投資することで、育てる方に価値を再確認してもらえたら、
とも考えたりするこの頃です。

ホワイトソルガムは、ソルガムの品種改良種らしいということ。
現代でこそ普通に生活をしている範囲では、『ソルガム』との接点はないけれど、
日本では、稲の生育が難しい地域では「タカキビ」や「もろこし」と呼ばれ、
栽培・食用されていたこと。

この記事を書いた人

プレマシャンティ開発担当。料理人
横山奈保 (よこやま なほ)

日本生まれ、海外育ち。
肉体の極限を追い求める競技者として育ち、肉体と食、食と精神、精神と肉体の関係を知る。現プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

自然食品 通販 おすすめ アイテム

国産うまみのあるソルガム粉

化学肥料や化学合成農薬を使わずに栽培された岩手県産ソルガムを粉に挽いたソルガム粉です。ほんのり赤茶色でコク深い味わい。雑穀王国といわれる岩手県で、昔から食されてきた穀類のひとつです。グルテンを含まない粉として知られるホワイトソルガムとは違い、味にコクがあります。高キビの名で知られるソルガムは、日本各地で昔から食されてきた穀物です。特に東北地方では、雑穀は厳しい寒冷な土地で暮らしていくうえで、収穫を見込みやすい穀物として、重宝されてきました。団子はもちろん、クッキーやケーキの材料に。

プレマシャンティ 国産ソルガム粉を見てみる>>

ソルガム粉をつかってみた!

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。3人の介護、5人の子育てを通じ、東西の自然療法に親しむ。 ただし、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社 代表取締役。
2018、2019、2020年イタリアジェラート協会開催の世界大会で3年連続入賞。
宅地建物取引士。健康不動産株式会社 代表取締役。電磁波環境測定士協会理事。
趣味はマリンスポーツ。脳内は基本、海か湖のことを考えている。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

電磁波環境測定士協会理事長。電磁波対策だけしかしない第二種電気工事士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。普段はおっとり型なのに、考えるより先に見切り発車で行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との二人と一匹暮らし。

内田光香

内田光香 (うちだ みか)

編集職を経て、2021年入社。生まれた時から数多くの土地で暮らし、各国を旅した経験から、そこだけの「人・もの・文化」の魅力を伝えるのがライフワーク。
おいしいヴィーガン料理を愛する食いしん坊。野菜ぎらいな小学生の娘と二人暮らし。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ゆうこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。

松本春菜

松本春菜 (まつもとはるな)

ジェンダーフリーの長男と、ラガーマンの次男を育てる2児のシングルマザー。子どもたちも大きくなり、子育てに余裕が出てきたのでいろいろなことに興味津々。