累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

もうひとつの穴から覗いたら

視点を変えて心と身体を捉え直すボディワーカーのつぶやき

プレマ株式会社
プロモーションセクション
ボディワーカー

寺嶋 康浩 (てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。ディレクターとして企業の宣伝に携わる傍、
クラニオセイクラルやポラリティセラピーなどの療法を学ぶ。
身体と対話し身体から思考のクセや感情を解放していく独自のボディワークをUnfolding
Bodywork としてまとめ、個人セッションやボディワーカーの養成、ワークショップを開催している。
趣味はダンス、古武術。

私は何を書きたかったのか?

投稿日:

文章で人の心を動かしたくてコピーライターになったが、
努力すればするほど窮屈感を感じていた

 

最近、やっと文章を書く楽しさを感じられるようになってきた。これまで文章を書く仕事をしてきたにも関わらず、こんな風に感じることは一度もなかった。

私は宣伝の文章を書いてきた。宣伝の文章は誰かを対象に何かの行動をさせる目的がある。この商品はあなたに必要ですよね?だからこの商品を買いましょう。という風にだ。言葉で人の心を動かしてみたくて、コピーライターとして仕事をするようになったが、今思えばずっと満たされていなかったように思う。なぜなら、ずっと窮屈感があった。しかし、その当時はなぜだかわからなかった。

ときどき舞踏の舞台を観にいく。ダンサーが音楽に合わせて踊ったり、物語性を持たせたりして、各々のアートを全身で表現している。しかし、私にはダンサーがただ奇抜なことをしているだけのように見えるときがある。ダンサーの心が動いていないと感じるのだ。こういう風に動けばアートっぽいでしょ?と思考しているのがまるみえだ。果たして本当にそのダンサーはこの舞台をしていて満たされているのか。私のように窮屈感を感じてはいないだろうか。

人の心が動く文章を書くテクニックはあるのか?人の心を動かすには、まず自身の心が動く必要があると、今は考えている。自身を体感し、内側から起こってくる衝動をまっすぐに表現すること。その衝動が人の心を動かすのではないだろうか。人の心を動かしたいという意図を持つことは悪いことではないが、自身の衝動を感じるほうが先だ。自身の心が動かないものをいくら表現したところで、満たされる日は永遠にやってこない。

昔の私は文章のテクニックばかりを学び、自身の心が動く体験をしてこなかった。だから、伝えたいことがなかった。仕事だから書いていたのだ。本当に求めていたのは、人の心を動かすことではなく、自身の心を動かすことだったのかもしれない。だから、満たされず、窮屈感を感じていたのだろう。

今やっと表現したいことが出てきた。感じたこと、体験したことを書くことが楽しい。人の心を動かせるかどうかは、もうどうでもいい。と書いてみたものの、文章にオチがないと不安になる(笑)。

天然マルチミネラルの 不思議な力を体感してください

温泉で肌がツルツルになるのは、ミネラルの効果。肌トラブルでお悩みの方におすすめ! 入浴料としても、水で薄めてスプレーにしてもお使いいただけます。

マクロヘルスReborn 塩湖水ミネラル入浴料を見てみる>>

私は何を書きたかったのか?

- もうひとつの穴から覗いたら - 2019年3月発刊 vol.138

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ