累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

もうひとつの穴から覗いたら

視点を変えて心と身体を捉え直すボディワーカーのつぶやき

プレマ株式会社
プロモーションセクション
ボディワーカー

寺嶋 康浩 (てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。ディレクターとして企業の宣伝に携わる傍、
クラニオセイクラルやポラリティセラピーなどの療法を学ぶ。
身体と対話し身体から思考のクセや感情を解放していく独自のボディワークをUnfolding
Bodywork としてまとめ、個人セッションやボディワーカーの養成、ワークショップを開催している。
趣味はダンス、古武術。

今を生きる「忘れる力」

投稿日:

未来や過去にエネルギーを送り続けて、
今が枯渇していないだろうか。

 

私は物忘れがひどいと思われている。そもそも覚える気がないだけなのだが、逆に何でも覚えている人は大変だろうなと思う。なぜなら、心地よく生きていくためには、「忘れる力」も必要だからだ。
私は某大手電機メーカーの宣伝企画で働いていたことがある。宣伝の企画をCMや新聞広告、カタログ、WEBなどにする仕事だった。仕事の範囲が広いので、関わる人も多い。プロジェクトによっては50名以上関わっていることもあった。毎日150件以上のメールに対応し、いくつもの会議に出て、打ち合わせや資料作りをする。それらをこなしながら、出張で全国を飛び回っていた。当時、歩く時間も惜しくて歩きながらノートパソコンで文字を打つ「歩きパソコン」をマスターしていた。
今振り返ると、毎日分刻みのスケジュールで、よく精神的におかしくならず、自分を保つことができたなぁと思う。ストレス耐性が強いというより、そこで身についた忘れる力が大きかったのかもしれない。メールを返信したら内容を忘れ、忘れてはいけないことはノートに書いたら忘れる習慣が、いつの間にかできていたのだ。これは私の自己防衛反応だったのかもしれないが、ここで鍛えられたおかげで忘れる力が開花した。
人は覚え続けることに、とてもエネルギーを必要とするそうだ。私は早々に覚えることを諦めて省エネモードになったわけだ。それからは起こるかどうかわからないことを心配し続けたり、過去の失敗を後悔し続けたりすることはなくなっていった。未来や過去に考えがとらわれていると、この瞬間にある心身のエネルギーを未来や過去に送ってしまい、本来、今に注ぎこめるはずのエネルギーが枯渇してしまうのかもしれない。忘れることは「今を生きる力」になるのではないだろうか。
しかし、覚えていないといけないこともある。去年は5年目の結婚記念日を忘れて予定を入れてしまい、妻をがっかりさせてしまった。今年は手帳に書いたので、もう忘れる心配はない。書かないと覚えられないのか?

と突っ込まれそうだが、私が忘れているから、夫婦円満にいくこともあるはずだ。そう書いていたら、妻には否定された。「なんでも忘れる習性がある」という夫を、「禅の人なんだな」と柔軟に受け入れる妻の懐の深さが夫婦円満の秘訣なのだそうだ。夫婦は絶妙なバランスで成り立っているようだ。これはメモをしておかなければ(笑)。

ボディワーカー的お勧めセルフケア商品

電磁波とうまくつき合いながら生きていくための必須アイテム

コンセントにアースがなくてもアースが取れる装置。私はアース線のない家電を改造してアース線をつけ、この装置でアースを取り電場除去をしています(家電の改造はお勧めしません)。

電磁波除去装置 プラグインアース エルマクリーンⅡを見てみる>>

今を生きる「忘れる力」

- もうひとつの穴から覗いたら - 2019年3月発刊 vol.138

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ