累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

くま先生のすこやか診察室

「子どもも親も、家族みんなの笑顔と幸せのために」総合医療くま先生からのメッセージ

統合医療やまのうち小児科・
内科医師

山内 昌樹 (やまのうち まさき)

小児科医として勤務していたが、西洋医学の素晴らしさを感じつつ心から望む医療と現実のギャップに悩み、軽度のパニック障害を経験。
YHC矢山クリニックで小児科 を担当し、病気の真の原因を学ぶ。
お母さんの自己肯定感を取り戻すことが家族みんなを笑顔にし世界を平和にすると確信している。
〒849-0915 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
0952-33-8500
http://www.yamanouchishounika.jp/

自分を満たす

投稿日:

「毎日やらなければいけないことに追われて、自分の時間がない」。「もやもやした気分でやる気が出ない」。「生きがいが感じられない」。「自分がなにをしたいのかわからない」。

相談に来られる患者さんで、こんな気分になっている人がたくさんいらっしゃいます。その原因は、心が満たされていないことにあるようです。

こういう方々は、心が満たされていないので、なにかを求めて、それを得ることで、その不足感を埋めようと頑張ります。お金、成績、パートナー、友人、ファッション、地位や名誉、他人からの評価など、外的なもので自分を満たそうとします。それらのものが手に入ったときは、一瞬の満足感を得られます。しかし、手に入ってしまうとその状態が当たり前になるので、時間が経つとまた不足感が出てきてしまいます。

満たされない原因

このように感じる原因は、一つは脳に本来備わった「問題を見つけて改善する」「常に成長しないといけない」という機能にあります。欲しいものが手に入っても、脳は「欲しいものが手に入った状態」のなかに、まだ問題がないか? と問題探しを始めます。たとえば、お金がほしい。お金さえあれば不満はないと思っていた場合。目標金額が手に入ると、一瞬は喜びがあるかもしれませんが、すぐに「どうしたら減らさずにいられるだろうか」「もう少し増やすにはどうすればいいだろうか」「お金を持っていることを他人にバレてはいけない」などなど……新たな解決すべき問題を作り出して、すぐに幸せな状態ではなくなってしまいます。脳は、自分が幸せになるために、常に自分の外側(環境)を変えることで問題を解決しようとします。しかし、いくら環境を変化させても、完全に自分を満足させることはできません。それで得られるのは一時的な幸福感でしかないのです。

もう一つの原因は、その望みがかなったときに、本当に心が満たされるのか? ということです。心が満たされるのは、脳が問題を改善したときではありません。問題を改善できたとき、一瞬の喜びは感じるかもしれませんが、それは脳が作り出した問題(マイナス)を改善(プラス)したに過ぎません。結果はプラスマイナスゼロです。わざわざみずから不幸という穴をほって、その穴(不幸)を埋め戻しているだけ(プラスマイナスゼロ)なのです。外側の状況は変化したかもしれませんが、自分の内部のエネルギーが増えたり、高まったりしたわけではないのです。だから一時的な喜びにしかならないのです。

では、どうすれば本当に心が満たされるのでしょう?

それは、心の底から感動をしたとき。それは、魂が震えるような喜びを経験したとき。それは、自分を完全に受け入れたとき。それは、自分が生まれてきた意味に気づいたとき。

あなたは本当はどんな自分でありたいと思っていますか? どんなときに心から喜びを感じますか? 「本音の声」は聞こえますか?

ずっと自分を抑圧してきた人は、本音に気づくことが難しくなっています。その場合は、自分の気分に気づく練習をしましょう。「気分がいい、気分が悪い」はわかりやすい指標です。気分が良くなることは、本音が喜ぶことです。おいしいコーヒーを飲むこと。大好きな音楽を聞くこと。漫画、本、雑誌を読むこと。お洒落をすること。アイドルにキャピキャピすること。アロマの香りに包まれること。きれいな景色を見ること、などなど。自分を喜ばせることを遠慮なく、後回しにせずやってあげましょう。気分を優先できるようになると、自分の本音に気づきやすくなってきます。「本音の声」は、魂の声です。一生かかっても見つける価値のあるものです。

- くま先生のすこやか診察室 - 2019年8月発刊 vol.143

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ