累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

楽だから自然なお産~高齢出産編~

出産・子育て・介護家族と向き合ういろんなお話

新しい命がはぐくまれる

投稿日:

葉酸サプリをとりましたか?

春だからでしょうか。日本マクロヘルス協会の子育てメルマガの読者さんから、妊娠のご報告を複数いただいています。世界はいろいろ騒がしいけれど、おめでたいメールで生命の息吹を感じられるのがうれしい……。そんなメールのひとつに、望月さんは葉酸サプリをとりましたか? おすすめはありますか? との質問がありました。
 
葉酸ですね! たしかに初産のときは、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するという説明にうながされ、ドラッグストアで適当に選んだ葉酸サプリを飲んでいました。妊娠初期の神経管ができていくころに必要なものだから、「妊娠前からとったほうがいい」という文言を読み、自分のひどい生活をかえりみて、とても不安に思ったのを覚えています。だからせめて……ととっていた葉酸サプリ、今にして思うと、添加物も多めで、ちょっと微妙なものだったかもしれません。
 
そんなふうに、妊婦雑誌やメーカー配布の冊子等から情報を得る妊婦だった私が、ご縁を得て、当時住んでいた部屋から一番近かった産婦人科(かなり早期に性別判定できる専門医がいて、産後はお祝い御膳にフランス料理が出るようなタイプの産院です)から転院し、助産院のお世話になり始めます。そこで、「まごわやさしい」……豆、ごま、わかめ(海藻)、野菜、魚、しいたけ(きのこ)、いも(類)を中心に食べることを教わります。昔から日本人が続けてきたような食生活が、今のわたしたちにもいちばん合っている、という説明には素直に納得でした。
 
その後出産を経て、牛乳の入っているパンを食べるだけで乳腺がつまるようなおっぱいトラブル、授乳中に薬を避けた経験などをとおし、第二子を迎えるころには、まずは食事を整えることでいろいろ対処するのが当たり前になっていました。
 
すると、そもそも葉酸は、いろんな食品に含まれていると気づきます。2回目の妊娠では、葉酸が多いとされる食品、たとえばほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜、納豆、季節により枝豆やモロヘイヤやかぼちゃなどの食品をとりいれ、葉酸に注意した食事をすればいいと思いました。だから、妊婦向けのサプリを特別に買うようなことはありませんでしたね。
 

忙しいときのお守り

でも、ゆっくりしてばかりもいられないので、疲れたとき、つわりや忙しさで食がおろそかになるようなときは、葉酸には特化しないけれど、以前からよく飲んでいた高機能なパウダータイプのグリーン飲料をとっていました。いまだったら、「元気★青汁の素」をとると思います。すっきりとけて飲みやすい「元気★青汁の素」は、忙しいときでも生活にとりいれやすくてありがたいです。
 
もう少し工夫をする余裕があれば、「有機ごま若葉パウダー」をはじめとするマクロヘルスRのパウダーシリーズをいろんなところに忍ばせるかもしれません。スムージーに使われることの多いこのシリーズですが、ドレッシングをつくるときに塩といっしょにお酢にすりまぜたり、料理のかくし味にも便利です。
 
わたしに限らず、妊娠・出産をとおして体質改善してしまう人は多いです。つわりで一回断食して、そこから健康的なライフスタイルを築く。お産そのものも大デトックスです。おなかの子と一体になり安産をめざすからこそ、とても楽しく続けられるんですよね。

桑葉がおいしいことを実感できます。バオバブも入ってますよ!

青汁もおいしさで選ぶ時代になりました。有機JAS 元気青汁の素は有機桑の葉を中心に有機大麦若葉、有機明日葉など有機原料を主体に、のみやすさとおいしさを一番に考えました。

元気★青汁の素を見てみる>>

新しい命がはぐくまれる

- 楽だから自然なお産~高齢出産編~, 自然なお産を求めて - 2020年5月発刊 vol.152

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ