プレマのほんもの発掘ブログ 「これ、すごいんですよ!」 – ページ 20 – 商品の概要だけではお伝えしきれない 商品の魅力やポイント、こぼれ話など。開発者からのメッセージをお届けします。

累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

新着記事

使い道いろいろ「げんきうまみの素」

以前にも投稿しましたが、昨年入院中に骨折の治癒と健康維持・増進に役立ったのが「げんきうまみの素」。 寝たきりの時は飲めなかったのですが、手術後、車椅子で移動できるようになってからは、毎朝コップに「げん …

一陽来復(いちようらいふく) 〜ともに育つ、暮らし方〜

一陽来復とは、「冬が去り、春が来ること。悪いことばかりあったのがようやく回復して善い方に向いてくること」(広辞苑 第五版)。易占いの古典「易経(えききょう)」に原点を持つ、太陽が再び暗闇から姿を現すさ …

柿渋、大活躍の季節到来!

またまた入院生活から話が逸れますが、この原稿を書いている1月19日時点で、年が明けてから2回、柿渋のお世話になりました。 一回目は1月9日の深夜。 夜中の3時頃に目が覚めると、喉が痛く、痰がからんでい …

冬の楽しみ、鍋料理。

大寒は、一年でもっとも寒さが深まる時期と云われます。 日本で今の1月1日が、「お正月」と呼ばれるようになったの は1873年、明治6年のこと。 世界で共通とされる太陽暦、いわゆる西洋暦(新暦)が採用さ …

歯茎の疼きに「New野草粉」

骨折前は1日2食で間食は一切しなかったのですが、入院中、1日3食もいただいているのに、朝は陰陽ライフの「玄米葛粥」か「小豆入り玄米葛粥」に「梅肉エキス入り ねり梅」を添えていただき、昼と夜は動物性や甘 …

乾しいたけ、用途別に考えてみる

乾しいたけにも、品種があるとご存知でしたか? 同じ人参を栽培するのにも、甘いものや太いもの、種をまく時期のはやいものや遅いものがあったりしますから、考えれば当たり前のことなのですが。原木栽培であれば種 …

イタリアのコンテストで3位入賞です

ジェラートのお店をスタートして、まだ9ヶ月。 昨年は、店をスタートする前にジェラートをコンテストに出品して残念ながら落選しましたが、完全にプロとなった今年もチャレンジにやってきたのです。   …

続】乾しいたけ、干す?乾す?

さて、続きです。先に、乾しいたけの質が入札所で9割決まると書きました。 それが事実なら、目利きの眼だけがすべてか?というと、決してそうではありません。 入札した乾しいたけが、お客様の手元に届くまでにど …

乾しいたけ、干す?乾す?

ほししいたけは「乾しいたけ」と書きますが、「干」ではなく、「乾」という字を当てるには理由があります。 「干」は多く「天日に干したもの」を示し、「乾」は「火(熱)で乾燥させたもの」を示しています。しいた …

島根の板わかめは養殖ですか?天然ですか??

プレマシャンティ開発チーム 横山です。 先日、お客様から頂いた「板わかめ」のお問い合わせで、 ご紹介を始める前のことを、ふと思い出しました。 「島根のわかめは養殖ですか?天然ですか??」 漁師や生産者 …

シンプルすぎるくらい

プレマシャンティ開発チームの花井です。 今回のおすすめは、油も塩も一切使わない米だけのお菓子、 「おこめさくさく」です。 調味料等で味をごまかさない分、 米の質がよくないと商品にはできません。 お米は …

150才まで生きる

「150才まで生きることを目標にしています」 『サバペプチドで若返る元気になる』 この著者である沼川一彦さん。 70才を過ぎておられますが腹筋・背筋・腕立て伏せ、 さらには鉄棒や夕方40分の散歩は日課 …

おなかに『 畳 』がイイんです

マクロヘルス開発チームの宮部です。 突然ですがみなさま、 おなかからのお便りは毎日スムーズでしょうか? 健康のバロメーターとしてわかりやすいお通じ。 ですが、なかなか毎日は・・・という方も多いですよね …

そろそろアイツがやってくる。

  年も開けたことなので、 早めの対策として春対策を始めませんか。 大寒もまだなのに、まだ焦らなくてもという声もありますが・・・ 最近では早め早めの対策を!と言われていることと、 他にも、実 …

「げんきうまみの素」は術後の栄養スープ

プレマの岸江さんはマクロビオティック歴40年(ぐらい?)、花井と違って勉強家で博識なので、入院中に骨にいい食べ物を尋ねたところ、紹介されたのが「げんきうまみの素」。 これ、ダシや調味料としても使えます …

トイレットペーパーに、あるものが

トイレットペーパーの消費、多すぎませんか? 2015年、日本で販売されたトイレットペーパーの重量は103万1,912トン。(経済産業省 生産動態統計より) 日本の人口が約1億2700万人として、1人あ …

愛知の蔵で 酒仕込み

プレマシャンティのみりんたちが解禁されたその夏、暑い盛りに蔵を訪問しました。 酒の仕込みは、冬に集中します。 仕込みが見たければ冬季に訪問するのがいいのでしょうが、一年で最も忙しい時期だと承知している …

うしろめたさを軽減してくれるスナック菓子

スナック菓子は、健康的やヘルシーというイメージと対極です。 往々にして、揚げ菓子が多くてしっかりとカロリーがあるからなのか、化学調味料とか保存料とか酸化防止剤というものとセットだからなのか、日本で製造 …

みりんと云えば?

料理酒もみりんも、醸造というだけあって蔵によって特徴が違います。 みりんは得てして脇役なもので、蔵による味の違いがあまり強調されていないように思います。日本酒はもちろん、醬油やみそも味比べするのに、み …

日本に息づく再利用の意識

「かすとりしょうちゅう」をご存知ですか? 粕は酒かすを指し、「粕とり焼酎」は文字どおり、 酒粕を原料にした焼酎です。 作り方は、いたってシンプル。 酒粕に残ったアルコール分や米の糖分をそのまま活用し、 …

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ

執筆者紹介

中川信男

中川信男 (なかがわ のぶお)

1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。 ビーガンジェラートマエストロ 2018年イタリアジェラート協会(SIGA)開催の国際コンテストでダブル受賞

山口勝弘

山口勝弘 (やまぐちかつひろ)

1955年 大阪市生まれ。 アルファウェーブ開発者。

花井良平

花井良平 (はないりょうへい)

学生時代からマクロビオティックを始め、オーサワジャパンにて27年間勤務し、同社社長を歴任。その後、海の精企画部長。現在陰陽ライフ代表取締役

岸江治次

岸江治次 (きしえ はるつぐ)

20代に桜沢思想に出会いマクロビオティックを始め、新卒でムソー株式会社入社、及び、正食協会にて30年間勤務。現在プレマ株式会社執行役員

横山奈保

横山奈保 (よこやま なほ)

プレマシャンティのお母さん。突き詰め出したら止まらない、研究者気質でマニアックな料理人。

久野真希子

久野真希子 (くの まきこ)

2010年入社。海外事業担当。「フォーリア」や「コトー・ナンテ」などさまざまな輸入品の取り扱いにはじまり、海外での事業展開を進めています。 現 プレマ株式会社取締役

山崎美穂

山崎美穂 (やまさき みほ)

「仕事と家庭を両立しながら頑張っています!」プレマ株式会社プロモーションセクション プロモーター

寺嶋康浩

寺嶋康浩 (てらしま やすひろ)

1級電磁波測定士。関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。趣味は山登り、古武術、ダンス。

城島淳子

城島淳子 (じょうじま じゅんこ)

自然療法や波動医学を実践。解熱剤や抗生剤等を使わず3人の息子を育てている。九州在住でご当地商品の開発担当。

峰村東子

峰村東子 (みねむら はるこ)

発酵などの実験・体験が好きなみそソムリエ。家にある発酵中の瓶は数知れず。 まれに個人で調味料作りのワークショップ開催。週末は卓球に勤しむ2児の母。プレマ株式会社 東京在住スタッフ。

上ヶ谷友理

上ヶ谷友理 (うえがたに ゆり)

娘たちは2人とも生まれつき卵・牛乳アレルギー&アトピーで、小さいころは食べるものや日々の生活に四苦八苦していました。これからは自分自身の健康も意識しながら、前向きに笑顔で過ごしていきたいです!

堂尻友子

堂尻友子 (どうじり ともこ)

自然への畏敬の念と自然食品への関心を深める。システム管理会社勤務を経て、現在2児の母。プレマシャンティのデータ&家電担当。

西村初美

西村初美 (にしむらはつみ)

京都生まれの京都育ち。2013年よりプレマ勤務。
典型的なO型と言われます。考えるより先に行動してしまい後から困ることも多々。犬と小学生との世話に明け暮れる日々です。

望月索

望月索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。