四万十発 田舎暮らしの話

【Vol.11】~食にこだわって~ 第四回 最終回

13si_11_1.jpg  5月中旬の休日、近くの山へ竹の子を採りに行きました。前回登場した畑を貸してくれている方の山です。「私ら老夫婦2人やけん、ちいと(少し)あったらえい」と地主さん。竹の子採り放題です。5月初旬GW頃に採る孟宗竹は、土から頭を出したばかりのものを掘り出すのですが、この時期採るのは淡竹(はちく)。すっと伸びたものを鎌で刈り取ります。旬のえんどう豆と一緒に炊くのが、地元の定番料理です。ほのかに甘い香りと柔らかい食感が、初夏の味です。もう2週間もすれば、皮の色が黒い、黒竹が伸びてきます。一口に竹の子といっても、一年に何回もいろいろな味が楽しめるのが嬉しいですね。他にも、時季が戻りますがイタドリ・フキ・クレソン・タラの芽など、春は特に恵みが豊富でいそいそと山菜採りに出かけます。

13si_11_2.jpg  太平洋もすぐ近く。あじ・さば・いわし・真鯛・いさき・太刀魚・さわらなどなど、季節によっていろいろな種類の魚が釣れ、活きの良さはピカイチです。夏の終わりに釣れるのは、メジカ(宗田がつお)。鮮度がいのち、地元でしか味わえない刺身は、もちもちしていて、なんともいえないおいしさです。たくさん釣れたメジカは、ゆでて、燻製にして、干せば、宗田節のできあがり。毎朝の味噌汁や麺類の出汁に欠かせません。他の魚も、大漁のときには干物にして保存食にします。

  冬の四万十川の風物詩は、青のりです。冷たい風の吹くなかノリを採って干すので、指先が凍え、たいへんな作業ですが、天然のアオスジノリは香りも良く、まさに自然の恵み。さっとあぶってご飯にかけたりてんぷらにしたりします。

  今年は、冷凍餃子の事件があり、日本の食料自給率のあまりの低さがようやく問題にされるようになりました。地産地消もずいぶんと言われ出しました。その土地でとれるものを食することが、基本だと思います。地元でとれる食材を使って自分で作れば、安心でおいしいということで、我が家で食べるものはほとんど自家製です。

  畑や庭で穫れた野菜や果実は、そのまま食べるほかに、梅干・白菜キムチ・大根のべったら漬け・白瓜の粕漬・大菜の糠漬けなどの漬物に。果実酒やジュースにもなります。お茶は、畑に自生しているハブ茶を乾燥させて玄米などとブレンド。先日京都の漢方薬のお店で、ハブ茶を胃腸薬として展示販売しているのを発見して嬉しくなりました。冬のお日様の恵みをとじこめた干し柿や干し芋は、横浜に住む母がおいしいと喜んでくれます。

  夫の本業である整体は、週休3日。私の塾は、週休4日。晴れた日には、畑で農作業に精を出し、山にのぼり、波が穏やかな夜には海へ釣りに出かけ、雨の降る日は、料理に腕を振るい、倉庫で大工仕事をし…となかなか忙しい休みの日です。「人生楽しまなくっちゃ。」が夫の口癖。都会に暮らしていたころとは、収入は比べ物にならないほどですが、逆に比べ物にならないほど心豊かな暮らしだと思います。光・風・緑・水・土。自然の恵みをいっぱいもらいながらの田舎暮らしを楽しんでいる私たちです。  

【Vol.10】~食にこだわって~ 第三回 畑編

 
 

 「自然豊かな田舎で子育てがしたい」と、
四万十川(高知県)の流れるまちにたどり着いて13年目。
自給自足を目標に、どたばたわいわいの毎日を楽しむみりんの両親。
まだまだ新米田舎人ですが、田舎ののほほんとした風を、みなさまの元にお届けしていきたいと思っています。

13si_10_02.jpg 家から車で数分のところに二千坪ほどの畑があります。整体を受けに来られる方が、ご好意で貸してくれているのですが、地代はなし。とれた野菜を届けると「おかげでおいしい野菜が食べられる」と逆に感謝され、なんともありがたいことです。

 四月~五月は、夏野菜の植え付けに忙しいときです。なす、きゅうり、トマト、ピーマン、とうもろこし、かぼちゃ、スイカ、レタス、大豆、にがうりなどなど。ポットに種をまき、家のビニールハウスで育てた苗を、石灰をまき牛糞や鶏糞などの有機肥料を入れた畑に移植します。農薬を使わない代わりに、虫除けのネットをトンネル状にして掛けてあります。青虫は一匹ずつ手でとって鶏へのおみやげです。除草剤も使いませんから、草はよく生えます。ひけるだけは、ひきますが、あとは共存!あまくておいしい野菜が穫れます。宅配で親族にも送り、ご近所におすそ分けも。100%以上の自給率です。春から初夏にとれるのは、たまねぎ、スナックえんどう、えんどう、にんにくなど。この季節のBGMはうぐいすやひばりのさえずり、さわやかな風の音。気持ちのいい季節です。

 十数年前にこの場所で畑を始めたときは、かやの根がぎっしりで、鍬では歯が立たず、つるはしで耕していました。まさに「開拓」という言葉がぴったり。当時、わたしは常勤の臨時教員をしていたため、持ち帰りの仕事や家事労働もあり、土日の畑作業は、正直なところ負担でした。夫の「畑に行くぞー。」の声にため息。土日が雨だとうれしかったりして…。今は、二人のわが子も家を離れ、仕事も週に何日か近所の小中学生の勉強をみているだけで、時間にも気持ちにも余裕があって、畑仕事を楽しむゆとりが出てきました。

 この四月には、ひのき柱の畑小屋が完成。ひのきの丸太を「使わんかえ?」と言ってくださる方がいて、ありがたく頂戴し、丸太の皮を削るところから始まり、十畳ほどの小屋を夫婦二人でせっせと建てました。収納式の折りたたみテーブル兼仮眠用ベッドも作り、最近は、朝からお弁当を持って畑へ出かけることも多くなりました。畑仕事も大工仕事も、初めは素人ですが、経験を重ねれば、それなりに腕を上げていくものです。夫いわく、「何でも人がやっていることなのだから、やってできないことはない!」

 毎年、自給自足の範囲が広がっていくのですが、昨年は、黒砂糖作りがメニューに加わりました。夏に大きく成長したさとうきびを冬に刈り取り、近所の製糖小屋に持ち込みました。搾り機にかけ搾った汁を一晩かけて煮詰め、ビタミン・ミネラルたっぷりの黒砂糖が出来上がりました。すべて手作業。年の暮れ迫る寒い季節の徹夜作業ですが、精製された白砂糖とは違い、深みのある黒糖の味は格別で、疲れはどこへやら。今年は、大豆ととうもろこしをたくさん植えました。とうもろこしは、鵜骨鶏の飼料に。大豆は、豆腐や味噌に加工する予定です。我が家でも「手前みそ」に挑戦です!

 食は生きていく基本。安心できるものをおいしく食べたいものです。

【Vol.9】~食にこだわって~ 第二回 庭編

 

13si_09.jpg「自然豊かな田舎で子育てがしたい」と、
四万十川(高知県)の流れるまちにたどり着いて13年目。
自給自足を目標に、どたばたわいわいの毎日を楽しむみりんの両親。
まだまだ新米田舎人ですが、田舎ののほほんとした風を、みなさまの元にお届けしていきたいと思っています。

 周辺は田畑の広がる田園地帯ですが、自宅は、60年代に開発された100戸ほどの住宅地の一画にあります。

  マンション住まいのころから憧れていた庭が手に入りました。早速ガーデニングの本を数冊購入し、「ここにレンガで花壇を造って、ここには落葉樹を植えて、ここにはウッドデッキ…」と、花咲き乱れる美しい庭造りの計画を立てました。雑誌の表紙を飾るような庭ができることを夢見て。それから10年…。

 文旦(直径10センチを超える大きなもの)・ぽんかん(甘みが濃い)・温州みかん・小夏かん(渋皮のところに旨味のあるさわやかな味)・きんかん・ぶしゅかん・ゆず・レモン…このかんきつ類の種類の多さはやはり南国高知…南高梅・いちじく・すもも・桜・栗・アーモンド・パッションフルーツ・びわ・オリーブ・山椒(高知名物かつおのたたきに)・月桂樹(スープやハム作りに)・たらのき(春の新芽はてんぷらに)・四方竹(秋に筍が採れる)などなど。当初の計画とは、まったく異なる庭。まさに「花より団子」です。

 木々の間を自在に歩き回っているのは、烏骨鶏。羽は真っ白、肉は黒、滋養強壮スープがとれることで有名です。畑でとれた大根やかぶの葉、間引きした青菜などを庭に放り込んでおけば、つっついています。だしをとった後の煮干や魚のあらを投げ込むと、勢いよく走ってきての争奪戦。その様子がなんとも愉快なので、あっちこっちに投げては、一人フフフと笑っている私です。畑の作物が無駄にならないし、残飯整理をしてくれて、糞は庭木の栄養になります。鶏を飼うようになって、我が家で小さいながらも自然の循環ができたという感じです。小さな卵ですが、都会のデパ地下などでかなり高値で販売されているようです。有機野菜や虫を食べて元気に走り回っている平飼い有精卵は、黄身がこんもりと大きくて、ごはんにかけて食べると最高、濃厚で美味です。

  田舎に来る前から、「食」は大事なものと思っていたので、台所と食堂を一番広くして家族みんなが集える場にしました。子どもたちが巣立った今は、夫婦二人だけですが、生活の中心は、台所と食堂。私は、一日の大半をそこで過ごしています。その窓から見えるもの…わら・干し草・竹を割って作った鶏のえさ入れ・ミツバチの巣箱・干物作り用の棚・その屋根の上に輪切りのみかん・みかんを食べに来るめじろやひよどり・電線コイルを加工した木製テーブル・すずめよけのテグス・そして16羽の烏骨鶏・果樹。果樹の花は、かわいらしく、いい香りがします。ニンニクやニラの花もなかなかきれいです。雑然としていて人様にお見せできるような庭ではありません。「ガーデニング」なんて言葉はまったく似合いません。でもいくら見ていてもあきません。10年で、すっかり田舎のにおいのする、田舎の味いっぱいの庭ならぬ「食材園」となりました