月のテンポで輝く自分へ

【Vol.102】「段取り」をする人、 「対処型」でいく人の違いとは?

この原稿に目をとめてくださりありがとうございます! 気がつけば、もう春の香りを感じるようになってきましたね。まだまだ寒い日もありますが、新しい春の訪れに心が弾みます。素敵な“ツキ”が舞い込む楽しい春をお迎えくださいね。

「段取り」をする人、「対処型」でいく人の違いとは?

さて、“言われたこと、やるべきことがスルスルと抜けていってしまう”私が掲げた2016年の目標を達成する為の秘策が「段取り」であることを前回お話ししましたね。「段取り、段取り」と細かく丁寧に動く母の行動をあまり意識してこなかった私ですが、一年間、母の行動を観察し続けた結果、「段取り」をしっかりして動いた時と、その場その場で行動を決めていく「対処型」で動いた場合とではある大きな違いがあることに気がついたのです。

例えば、以前は「対処型」を好んでいた私。「その時にならないと分からないこともあるし、何が起こるかわからないんだから前もってそんなに細かく決めておかなくても、臨機応変に対応すればいいじゃない」と思っていました。でも、そう思って当日を迎え動いていると、高い確率でその“何か”が起こり、臨機応変に対応しなくてはならない状況になるのです。一方、事前に細かい段取りを決め、それを意図して動いていると、その“何か”が起こることはほとんどない。起こりそうになったとしても、さっと何かしらのサポートが入って自ずと整っていくのです。

微細で丁寧な「段取り」が最高のゴールにつながる

もちろん“何か”が起こり臨機応変に対応しなければならないことになっても、結果的にゴールできればそれでいいという考え方もあります。どの道を辿ってゴールするかの違いなだけで、ゴールできたんだからいい。私も以前はそう思っていました。

でもどうやら、「どの道を辿るか」ということは非常に大切なポイントのようなのです。事前にしっかりと段取りを決め、淡々と丁寧にその段取り通りに動いていくと、常に動きのテンポや自分の発する周波数が整い、より良い環境が生まれていく。段取りを決めずに「対処型」で動いていると“何か”が起きる度にテンポが変わり周波数が乱れます。その結果、一見同じに見えるゴールも、実は質がまったく違うものになるのです。

母はこの「段取り」を繰り返し、父をサポートし続けた結果、父は「月のテンポ」を発見し、生前掲げていた願望を全て実現させ月へと還っていきました。まさに最高のゴールを迎えたのです。そして今もなお、私達を導き、家族から絶大な信頼を得ています。

ちょっと面倒だと思うかもしれませんが、細かく、丁寧に「段取り」をしてみてください。微細で丁寧な「段取り」が導いてくれるゴールの心地よさを感じることで、生きるテンポがより整い、より多くの“ツキ”が舞い込むことになるでしょう。

次号に続く……

片岡 由季

片岡由季氏
武蔵野短期大学にて国際教養学科および秘書コースに在籍。
その後、玉川大学英米文学科に編入。
前職はNPO法人日本ケアフィットサービス協会にて「サービス介助士」の育成に携わり、全国の企業研修を担当。
2010年4月より父である片岡慎介氏の後を継ぎ有限会社ビュージックの代表取締役となる。
現在は、断食道場やサロンなどで「月のお話会」を行い、「なりたい自分」「輝く自分」になる為の月のテンポ活用法をお伝えしている。

『「月のテンポ」テンポ116 CDシリーズ』
人間の体内時計と月の一日は同様であるといわれます。”月のテンポ”は、無限の可能性を持つあなたを思い出させてくれます。

【Vol.101】2016年、私の目標は……

今月も目をとめてくださりありがとうございます!

去年のお正月はつかまり立ちも出来なかった息子が、今年のお正月は部屋を走り回っておりました(笑)。時間の流れとは、偉大なものですね。 お月さまのカレンダーでは2月が新しい年の始まりとなります。今月から、より心を新たにして毎日を過ごしていきたいなと思っています。

2016年、私の目標は……

講演や執筆のお仕事をさせていただいていると、私を「しっかりしている人」と思って下さる方がよくいらっしゃるのですが、実は私、本当に抜けていまして……何が抜けているかと言いますと、言われたこと、言おうとしたこと、やろうとしたこと、ひどい時には今やっていたことが恐ろしいほどにスコンっと抜けていってしまうのです。

 母曰く、「元々あなたは抜けている」らしいのですが、息子ができてからというもの、何かをやっていても息子に呼ばれたり、突発的に色々なことが起こるのでついそちらに気が取られ、その用事を終える頃には見事にやっていたこと、やろうとしていたことが遥か彼方へ行ってしまうのです。これは、息子に何かが起こった時のみならず、何かをやっていても「もうすぐ息子に呼ばれるかもしれない」「何か起こるかもしれない」と勝手に焦り始め、結果、やるべきことがスルスルと抜け落ちていくという始末。

これも、些細なことで希にならいいのですが、こういうことって信頼に繋がることだと思うんですね。頼んだことをちゃんとやってくれるとか、言ったことをしっかり覚えておいてくれるとか。そういうことの積み重ねで人との信頼関係って築かれていくと思うのです。

だから、2016年、私の目標は、『やるべき事、頼まれたことは抜け落ちる隙がないほどにすぐにやる!』に決めたのです!

段取りを甘くみてはいけない。

そうは言っても、いきなり性分が変わることはまずないわけで。宣言したからにはしっかり守りたいと思う反面、毎日緊張の連続(笑)。「あっ今頼まれ事した!絶対に忘れないようにしなくちゃ!」と頭の中で呪文のように唱え続けたり、メモを貼り付けてみたりしました。(メモを書いたことを忘れることがあるので手に負えないのですが……)

でも、こういう緊張って長く続かないですよね。いつか元に戻ってしまうような気がしたのです。そんな時、家族間でも絶大な信頼を得ている母の口癖を思い出したのです。それは「段取り」。

母は何かやるべきことがあると、何日も前から細かく段取りを決めます。前日の夜は何の用意をしてから寝て、当日は何時に起きてどの順番で支度をし、このタイミングでこれをしてから何時には家を出る。というような具合です。

正直、以前はこう思っていました。「何故こんなに細かいことを前もって決めておくのだろう。当日は何が起こるか分からないし、臨機応変に対応しておけば大丈夫じゃないかな?」と。この考えこそが、〝ツキ〞を呼ぶ生き方ができるかどうかの最重要ポイントとなるのです。

次号に続く……

片岡 由季

片岡由季氏
武蔵野短期大学にて国際教養学科および秘書コースに在籍。
その後、玉川大学英米文学科に編入。
前職はNPO法人日本ケアフィットサービス協会にて「サービス介助士」の育成に携わり、全国の企業研修を担当。
2010年4月より父である片岡慎介氏の後を継ぎ有限会社ビュージックの代表取締役となる。
現在は、断食道場やサロンなどで「月のお話会」を行い、「なりたい自分」「輝く自分」になる為の月のテンポ活用法をお伝えしている。

『「月のテンポ」テンポ116 CDシリーズ』
人間の体内時計と月の一日は同様であるといわれます。”月のテンポ”は、無限の可能性を持つあなたを思い出させてくれます。

【Vol.100】お正月といえば?

みなさま、明けましておめでとうございます。どのような新年を迎えていらっしゃいますか?

今年もこの原稿に目をとめてくださってありがとうございます。この一年もまた楽しみながら、皆さまと色々と分かち合っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします!

お正月といえば?

お正月といえば、皆さんは何を思い浮かべますか? おせち料理、初詣、着物など、様々なイメージをお持ちだと思うのですが、私はなんといっても「お年玉」(笑)。子どもの頃、それはそれは楽しみでした。もらう側からあげる側になった今もそれは変わらず、お年玉を用意するのも大好きな時間です。

お正月というのは、お年玉のみならず、新年の挨拶などで誰かに何かを渡したり、頂いたりすることって、とても多くなりますよね。皆さんは、その贈り物の受け取り方、渡し方は特に意識していらっしゃいますか?

人の想いはその人の能力にまで影響する!?

以前このような実験を見ました。歩道橋の階段の前に一台のベビーカーを用意します。そして、道行く人に声をかけ、階段の上までベビーカーを運んでくれないかとお願いします。

実は、このベビーカーには赤ちゃんは乗っておらず、代わりに5キロの重りが乗っているのですが、初めの実験では重りが乗っていることは明かさずにお願いをします。実際に赤ちゃんが乗っていると思った人は、丁寧に、優しくテンポよく階段の上まですんなり運んでくれました。

一方、次の実験では、階段を上る前に、赤ちゃんではなく重りが乗っている種明かしをした後に実際に階段を上ってもらいました。すると、ほとんどの人がベビーカーを何度も階段にぶつけながら進み、尚且つ最後まで上りきることができなかったといいます。

その仕草に人の本当の“在り方”があらわれる

私達の想い、在り方というのは面白いくらいに自分自身の行動に出ます。細かいことを言えば、腕や指先の動き、その指先を覆っている空気感にまで影響を及ぼすものです。

そのものが大切であると思っていれば、自ずと触れ方、扱い方は丁寧になるもの。そのものが大したものでないと思っていれば、触れ方、扱い方は雑になるものです。例えそれがほんの少しの違いでも、相手は確実にその違いを見抜くのです。ただ受け取る、渡すだけのことだと侮ってはいけません。

ベビーカーを無事に運べた人と、傷つけながら進んでも結局は運びきれなかった人のように、そのほんの少しの意識の違いが大きな結果の違いへつながる。2016年が私達にとってどのような一年になるかは、ほんの少しの意識で変わるのかもしれません。

人は、大切にしたものから大切にされると言います。何かひとつ扱う時にも、テンポを整え丁寧に。私も、今年は特に丁寧にお年玉を渡そうと思います。相手にはもちろん、お金にもより好かれるといいな~(笑

皆さま、よい一年をお過ごしくださいね!

片岡 由季

片岡由季氏
武蔵野短期大学にて国際教養学科および秘書コースに在籍。
その後、玉川大学英米文学科に編入。
前職はNPO法人日本ケアフィットサービス協会にて「サービス介助士」の育成に携わり、全国の企業研修を担当。
2010年4月より父である片岡慎介氏の後を継ぎ有限会社ビュージックの代表取締役となる。
現在は、断食道場やサロンなどで「月のお話会」を行い、「なりたい自分」「輝く自分」になる為の月のテンポ活用法をお伝えしている。

『「月のテンポ」テンポ116 CDシリーズ』
人間の体内時計と月の一日は同様であるといわれます。”月のテンポ”は、無限の可能性を持つあなたを思い出させてくれます。