ハツキ的“らくなちゅらる”な生き方

【Vol.102】ていねいに生きる

「ていねいに生きなさいね」と、親元を離れて母からよく言われました。しかし、あまり気にもとめずに、今まで生きてきました。 わたしは、「ていねいに生きる」とは、自分、そして相手の心にそうことができ、そのために面倒くさがらずに立ち止まって 記事を読む

【Vol.101】ウォーキングからうまれたこと

昨年末、夫とぼんやりテレビをみていると、健康のためのウォーキング・ジョギングについて紹介していました。そこでは天皇皇后両陛下も朝「スロージョギング」をされており、健康にもいいしこういったことを夫婦で行うということは最高です。というような 記事を読む

【Vol.100】よい年の幕開けとなりますように

新年明けましておめでとうございます。 新しい年を迎えますと、「目標」をたててそしてそれを年の半ばには忘れてしまうということを繰り返しているように思います。今年の目標としては……。 年末にずっと会おうと約束をしていたにもかかわらず 記事を読む

【Vol.99】笑っていられる母でいたい

今、わが家のお手洗いにデジタルフォトフレームがあります。もともとは、亡くなった夫の母にプレゼントしていたもので、楽しい写真があれば夫がデータで送ってみられるようにしていたものです。そのため、中にはたくさんの孫たちの写真が入っています。そ 記事を読む

【Vol.98】判断力の低下を感じる、免許証

今年は運転免許証の更新でしたので、更新にいってきました。軽微な違反があり、なかなかゴールド免許に戻らずに今回も2時間の講習を受けてきました。「めんどうくさいなぁ」という気持ちに支配されそうになるのですが、この講習を受けると気が引き締まり 記事を読む

【Vol.97】プレマシャンティの冷凍食品たち

 「プレマシャンティシリーズ」がますます充実してきまして、わが家には今まで以上に、桜の花びらの舞うパッケージがあふれてくるようになりました。そして、「プレマシャンティシリーズ」には入っていないものも含め、取り扱いの冷凍食品の充実度もかな 記事を読む

【Vol.96】いのちのつながり

 今年は祖母が卒寿を迎えるということで、先日お祝いのお食事会をひらきました。普段は島根県で過ごしている祖母ですが、今回は思い切って叔父のいる東京まででかけての会となりました。卒寿とはいえ、日常の生活に特段困ることもなく、自分のペースを崩 記事を読む

【Vol.95】おかあさんの仕上げ磨き

 「おかあさん、もうボクは赤ちゃんじゃないから、歯磨きのしあげはいらないよ」と、このところ、すっかり仕上げ磨きをさせてくれなくなった長男。それを見ていた次男も「みずきも、ほら、ピカピカやし、ひとりでできてる」といって、歯磨きの仕上げを拒 記事を読む

【Vol.94】揚くん、結婚おめでとう♪

先月、弊社の中国事業をしている楊揚がめでたく結婚をいたしました。お相手は日本で働いていた台湾人の方で、びっくりするほどの美人さんでかつ、しっかり者です。少し頼りないところのある揚くんには、ぴったりの女性だと夫からききました。結婚が決まる 記事を読む

【Vol.93】まだ7さいやねんで……

「え……。なんでそうなるの? 学校でおはなし聞いてる?おかあさんがさっき言ったこと、きいてた?」「なんで、もっと前からやらなかったの……」だんだんと、口調がきつくなってしまう長男の宿題見守り時間。先日は、時計の宿題を持ち帰り、よくわから 記事を読む