累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

ハツキ的“らくなちゅらる”な生き方

【Vol.102】ていねいに生きる

投稿日:

05sa_27.jpg

「ていねいに生きなさいね」と、親元を離れて母からよく言われました。しかし、あまり気にもとめずに、今まで生きてきました。

わたしは、「ていねいに生きる」とは、自分、そして相手の心にそうことができ、そのために面倒くさがらずに立ち止まって考える、ちょっとの心遣いや一手間ができる生き方だと思っています。しかしここ最近、この「ていねいに生きる」ということが、わたしにとってほど遠いものになっているということに気がつきました。「忙しい」を言い訳に、何事もいかに「省くか」ということに無意識の舵を切っているのではないかと。

わたしは、要領が悪いうえに無精だということもありますが、加えて現代病ともいえる、スマホやパソコンからのあふれかえる情報に溺れ、その取捨選択ができなければ、情報に流され翻弄されます。人によってはSNS かもしれませんし、ネットサーフィンかもしれません。あるいはスマホゲームかもしれません。そういったものに、時間がどんどん浸食されていることに、恐ろしささえ感じるようになりました。

以前、弊社のスタッフが社内の全体礼で言っていたことがあります。「SNS をしていると時間があっという間に過ぎるけれども、同じ時間、本を読んだり勉強に使うと多くのことを学ぶことができる」と。与えられたものを受けとるばかりですと、物事を自己に落とし込み思考する力が失われます。

現代は情報だけではなく、食べ物を含む身の回りのものも、簡易に手に入るものがあふれています。薬品を使い、手間を省いた農作物。機械だけで、人の手間を省いた食べ物。自己の意思、主体性がなければ、あふれる情報に流されるのと同様に、手近にある安易な食品や雑貨だけで日常をうめることはたやすいことです。玉石混淆の中から必要なものをつかみ取る力は、ていねいな生き方から生まれ出るように思います。

プレマシャンティシリーズをはじめ、弊社で取り扱いをしている商品は、現代の流れに反するものばかりです。人の想いや手間がしっかりかかっているものしかありません。「ていねいに生きる」ということは、コンビニエンスなものだけでかためた日常では、決してできないことです。あらためて、母からのことば「ていねいに生きる」をかみしめなければと、思うのです。

来月より紙面リニューアルに伴いまして、このコーナーは今回が最後になります。今までありがとうございました。どうぞ皆さま、ていねいで豊かな生き方を。また、お会いしましょう。

- ハツキ的“らくなちゅらる”な生き方 - 2016年3月発刊 Vol.102

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ