累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

楽だから自然なお産~高齢出産編~

出産・子育て・介護家族と向き合ういろんなお話

一般社団法人
日本マクロヘルス協会
理事

望月 索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。
編集、ライター、一般社団法人日本マクロヘルス協会理事。編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『親子で楽しむ!おむつなし育児』、『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』。
http://macro-health.org

おなかの子の五感を感じとる

子宮をはさんで握手 ある助産師さんの新生児に対するコメントに、働いている母親から生まれた子はなんだかせわしなくて、働いていない母親から生まれた子はおっとりしている、というものがありました。 働く母親と …

これ以上痛くなるなんて無理?

「あなたはきっと耐えられない」 フランスで出産した日本人と話したときのことです。フランスは無痛分娩がとても多いことで有名で、実際どうだったのか聞いてみたくなりました。その人は麻酔なしで経膣で産むつもり …

いのちの選択

「新型出生前診断(NIPT)」がもっと多くの病院で受けられるようになりそう、というニュースが、昨年メディアをにぎわしました。妊娠・出産可能年齢の方は、頭の片隅に置かれているかもしれません。 NIPTは …

甘くて苦くておいしい

「おいしい味」ってどんな味? スパイシーな食べ物が好きだから、妊娠中も積極的にインドカレーを食べる!と話す妊婦さんに会いました。羊水をカレー味にして子どもを早めにスパイスに慣れさせておけば、子どもがカ …

ホールフードのいただきかた

妊婦さんに玄米はおすすめ? 妊娠して玄米食に変えた、という妊婦さんにお会いしました。つわりのときに、多くの食品を受けつけなくなったというその方は、無農薬の野菜や米だったら美味しく食べられると気づいたん …

哺乳類として知っておきたい

2月は立春を迎え、二十四節気における春がはじまります。でも春はまだ暦の上だけ、という寒さ。妊婦さんも小さな赤ちゃんも、風邪やインフルエンザの予防に配慮が必要な時期が続きます。赤ちゃんを守る仕組みを見て …

温めたい季節に、温めると良いところ

妊婦が医療機関を受診すると追加料金が必要になる「妊婦加算」という仕組みが2018年4月からできています。 妊婦というだけで、妊娠には関係のないような診療まで金額が上がり、「妊娠前と処置はなんら変わって …

妊婦でも、妊婦でなくても腰は大事!

物理的に、痛い…… 妊娠中にありがちなトラブルに、大きなお腹が身体に負荷をかけることでの「痛み」があります。 例えば、恥骨が痛い人。 恥骨用の骨盤ベルトで縛っても、歩き方が変になるくらい痛む、という人 …

逆子に学ぶ、わたしの人生

どうして逆子のままなんだろう 自然なお産を楽しみに準備していて、思わぬ結果になることは、そう珍しくない頻度で起きています。 例えば、できるだけ冷やさないように、無理もしないようにして、お手当てを尽くし …

おっぱいケアの標準

「未熟」だから詰まるんです 産後ママのおっぱいケアや新生児ケアを専門とする、行政サービスの助産師さんから聞きました。 保健所管轄の産後ケアで各家庭に伺うと、「おっぱいケアに関するセカンドオピニオン」を …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ