楽だから自然なお産~高齢出産編~

出産・子育て・介護 家族と向き合ういろんなお話

一番のリスクはどこにある?

受け入れ側の事情 「NICU(新生児集中治療室)のある大きな病院で産むのが一番安心」。 そう言ってあえて周産期医療を担う大病院で出産した友人がいました。10年くらい前、当時35歳。強いていえば、「35歳の初産」という年齢条件だけが、 記事を読む

迷宮で、産むのはだれ?

訴訟を避けるために   つい最近、日本各地からいらした助産師さんたちと話す機会がありました。私の高齢出産の話題も出て、3人目で初めて経験した大病院でのお産について話すと、中国地方のベテラン助産師さんが、個人病院のときは充実 記事を読む

自然なお産の年齢制限

自然なお産は減っている 医療介入があっても経腟分娩なら自然分娩、とみなす傾向もあるところで、機械につながれない、フリースタイルでの出産は、確率的には大変少ないです。 フリースタイルを望む場合、分娩台以外で産める病院の数は少ないので、 記事を読む

40を過ぎると

地球に抱かれたお産 久しぶりに我が家で塩がきれました。3番目の妊娠中にどっさり買い込んだ塩のおかげで、おそらく3年近く、メインのお塩を買う必要がなかったんですね。 メインの、というのは、旨みがあと少し欲しいときはこの塩を足すなど、味 記事を読む

海とお産

持続可能な島でのお産 持続可能な暮らしをしている島に、子どもたち連れて行ってきました。初のチビ連れ海外は、52 歳で仕事をリタイアした日本人男性が、ダイビングでたまたま出会い、思わず買ってしまったという、東京ドームよりちょっと広いくらいの 記事を読む

そういうふうに、できている。

妊娠と閉経 高齢出産だと、ママ友の年齢層に幅が出るので、女性の悩みの思わぬ共通項に気づくことがあります。 今いちばん交流があるママ友集団は、保育園の2歳児クラスを中心にした方たちで、私とはほぼ一回り違います。第二子まではそこまで違い 記事を読む

一番大事にすべきなのはだれ?

標準から見た子ども この連載や、ここから派生したブログやメルマガで、楽しく文章書かせていただいてますけども(詳しくはプロフィールのURLをご覧ください〜!)、私は本来、書くよりも、読んだり編んだりするほうが多いです。で、今読んでるのが、『 記事を読む

不妊治療もおなかの冷えとりから

不妊治療と漢方薬 44歳で妊娠・出産して以降、「どうやって妊娠したの?」と質問される機会が増えました。でも私自身は、今時ありがたいことに、不妊治療の経験がないんです。早寝早起き、季節と自分に合った食生活、自然栽培米の発芽玄米からエネルギーを 記事を読む

いくつになっても妊娠したい

ハイリスク妊婦の条件 つい最近、高齢妊娠の話を、立て続けにお二人から伺いました。 一人めの妊婦さんは、45歳。第一子を自然分娩したあと仕事復帰し、なかなか第二子に恵まれませんでした。でも、どうしても欲しくて、不妊治療をフルコースで続けます。 記事を読む

痛いお産、痛くないお産

自然分娩 VS 無痛分娩 3番目の子を授かる直前まで、お産の雑誌(一般的な商業出版物)の仕事をよく引き受けていました。ライフイベントに特化した媒体は、同じような内容の特集が何度もなんども組まれます。おかげさまで、一般的なお産についてもそれな 記事を読む