累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

楽だから自然なお産~高齢出産編~

出産・子育て・介護家族と向き合ういろんなお話

一般社団法人
日本マクロヘルス協会
理事

望月 索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな
暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本
マクロヘルス協会理事。編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『親子で楽しむ!
おむつなし育児』、『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』。
http://macro-health.org

no image

出産で授かるテーマ

「可能性」の問題 複数の子宮筋腫がある、43歳の妊婦さんから聞いた本当の話。 高齢出産……いえ、出産にはつきものの話題を意を決して取り上げます。ご意見おありの方はmacro-health.org/co …

no image

赤ちゃんの代わりを宿す

三つ子の魂はどこに 複数の子宮筋腫がある、43歳の妊婦さんから聞いた本当の話。 二度流産ののち、妊娠が継続しました。高年の初産だし、妊娠が成功するまでの医療介入の経緯もあり、出産場所として、大病院2つ …

no image

望んだ「自然」に縁のある幸せ

45歳で助産院に 45歳で出産予定の方からご連絡をいただきました。 他の方の貴重なお話を伺うたびに、女性には、ライフステージに沿って生まれ変わる機会が自然に備わっていて、素晴らしいなぁ、と思います。「 …

no image

「自然」のかたちは子どもも選ぶ

子から親へのギフト 月経血コントロールの講座付きお茶会をおこないました。その会で30代前半の方から、いくつまでに産んだほうがいいですか、とのご質問をいただいて。私の答えは、いや一般的にもそうかと思いま …

no image

まな板の上の鯉にも五分の魂

「大事な何か」はどこにある? ギリギリ間に合う方もいらっしゃるでしょうか……。12月2日に、月経血コントロールをテーマにした講座つきお茶会をプレマ東京オフィスで開きます。 自然なお産、そして3人の子の …

no image

一番のリスクはどこにある?

受け入れ側の事情 「NICU(新生児集中治療室)のある大きな病院で産むのが一番安心」。 そう言ってあえて周産期医療を担う大病院で出産した友人がいました。10年くらい前、当時35歳。強いていえば、「35 …

no image

迷宮で、産むのはだれ?

訴訟を避けるために   つい最近、日本各地からいらした助産師さんたちと話す機会がありました。私の高齢出産の話題も出て、3人目で初めて経験した大病院でのお産について話すと、中国地方のベテラン助 …

no image

自然なお産の年齢制限

自然なお産は減っている 医療介入があっても経腟分娩なら自然分娩、とみなす傾向もあるところで、機械につながれない、フリースタイルでの出産は、確率的には大変少ないです。 フリースタイルを望む場合、分娩台以 …

no image

40を過ぎると

地球に抱かれたお産 久しぶりに我が家で塩がきれました。3番目の妊娠中にどっさり買い込んだ塩のおかげで、おそらく3年近く、メインのお塩を買う必要がなかったんですね。 メインの、というのは、旨みがあと少し …

no image

海とお産

持続可能な島でのお産 持続可能な暮らしをしている島に、子どもたち連れて行ってきました。初のチビ連れ海外は、52 歳で仕事をリタイアした日本人男性が、ダイビングでたまたま出会い、思わず買ってしまったとい …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ