累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

ハツキ的“らくなちゅらる”な生き方

【Vol.12】旬を感じる心

投稿日:

05sa_01.jpg   「やはり、旬のものを使ってのお料理が一番ですね」と、よくいいます。でも、その「旬」を肌で感じているという人は、少ないのではないでしょうか。

 先日久しぶりに実家に帰り、ありがたいことにその間毎日祖母と一緒にお散歩をする時間をもつことができました。
その散歩道の片側はすべて畑です。畑では、ちょうどカボチャの花が終わり実が付き始め、エンドウ豆が実り、赤ジソがわんさかと茂っていました。

 まさに、夏野菜の最盛期!という豊かさです。

 毎日祖母は、この散歩道を歩いているのですが、「ここを通ると、本当に季節を感じるのよ。ここのお野菜をいつも買っているから、お野菜が育っていくところをずっと見守っているようなものね。だから、お野菜を配達してもらったときに“よくここまで育ったわね”って気持ちになるのよねぇ~」と、目を細めて畑を見ながら語ってくれました。

 旬を感じる心、目の前でお野菜が育っていくという幸せの先には、食の安全があるように思います。街中に住んでいる私にとっては、季節を感じることに鈍感になりがちです。せっかく旬のお野菜を届けていただいても、「野菜がきた」というだけで終わることがしばしば…。

  旬のお野菜は、季節ごとに体を元気にしてくれる要素がいっぱいです。夏のお野菜ならば、暑い時期を乗り切るためのエネルギーがいっぱい。
  それを、何も感じずにただ調理するのは、お野菜に対しても自分の体に対しても申し訳ないことです。

 「“旬”を感じる心を常に鋭敏にしておきたい」
今年83歳になる祖母の、一番の健康の秘訣はきっとこれです。実家で、毎日おいしい旬の野菜料理を作ってくれる祖母の背中が教えてくれました。

- ハツキ的“らくなちゅらる”な生き方 - 2008年8月発刊 Vol.12

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ