家族と向き合ういろんなお話2

【Vol.87】第6回 「治す」以外の 大切なこと

 在宅ホスピス選びに関しては、まずは「実績」がある医療機関であるかどうかを確認するのがポイントです。 訪問診療を行うのは病院ではなく、開業した診療所(クリニック)がほとんどです。在宅診療専門の医師もいます。在宅のノウハウと実績があれば、例え 記事を読む

【Vol.86】第5回 「在宅ホスピス」 という選択

 がんの告知には3つの段階があります。1つ目が、前回お話しした病名告知で、ほとんどすべての方に行なわれます。 2つ目が不治であることの告知です。はじめに使用した抗がん剤治療の効果が乏しい場合、別の抗がん剤など検討しますが、どちらにしても患 記事を読む

【Vol.85】第4回 患者さんを支える、 周りの人の生き方

 ある人を失うかもしれないというのは、まわりの人にとっても劇的な状況です。だから「何かをやらなきゃいけない」「何もできなかった」と思いがちです。でも、まわりの人間がすべきことは、実は特別なことではないんです。 どうやら普通の病気じゃない、 記事を読む

【Vol.84】第3回 知られていない、 お金の問題

 最初は患者さんの中に相反する希望がたくさん出てきますが、話していくと、これは難しそうだ、これだったらできそうだと理解がすすみ、これだけはやりたいという、一番大事なところに向かいます。問題を解決するのではなく、受け入れるような発想からスタ 記事を読む

【Vol.83】第2回 治療にあたって 一番大事なこと

 人の体のたくさんの細胞は、遺伝情報で、役割や寿命が一つ一つ決まっています。が、年齢に関わらず、何らかの情報伝達ミスが起こり、異常な細胞は常に生まれます。それが増殖し、塊になると、がんと認識されます。  補足すると、そういう異常な細胞を押さ 記事を読む

【Vol.82】第1回 多様な患者さんを 支えるために

 僕が17歳のとき、80歳の祖父ががんになりました。祖父の希望もあり、治療をしない方針であったにも関わらず、がんではなく軽い脳梗塞で入院。でもがんの検査をたくさんするんです。約20年前の当時は在宅療養という考え方もなく、祖父は2年にわたる長 記事を読む