中川信男の多事争論

まさか!

私は、もう46年間地球上に生きていますが、全く知らなかったことがあります。自分が考え、悩み、そして創りだしたものを目の前のお客様に食べていただき、笑っていただくことが、これほど素晴らしいことだったとは!
考えてみれば、自らスタートしたビジネスの世界で17年間、右往左往しながらも少しでもお客様のお役に立てるならと必死だったこの時間でした。もちろん及ばないこともたくさんあり、お客様を失望させたこともたくさんあったと思います。「そのことを反省しなさい」という天の声の一方で、「ふさぎ込んでいても何もいいことはないよ、あなたができることを一生懸命やりなさい」という言葉がよぎり、ほぼ真っ暗闇の中で降ってきたのが「ジェラートを作る」というお仕えごとでした。
お菓子の世界は、それこそ技術の世界です。私にはケーキを美しくデコレーションする技術も、パンを素敵に丸める腕もありません。ましてや外食業や食品製造の経験は皆無で、この種の業界でアルバイトすらしたことがありません。
あるときはハンドルを握り、あるときはキーボードの前に、あるときは生産者さんを歩き回ってきました。ほぼ、何事もなし得なかった46年間でしたが、幸いにも私には自然食をめぐる知識と流通の経験、そして明治生まれの祖母から与えてもらった素食暮らしがありました。子どものころ、テレビゲームやケーキをたくさん買ってもらっている同級生のなかで、貧しかった私の家には電話もなく、連絡網には並ぶ電話番号の列のなかに、「隣の○○さんから呼び出し」と書かれていました。子ども心にとても恥ずかしかったのですが、このときおいしいもの、洋食のたぐい、生クリーム一杯のお菓子を一切食べなかったことで、どんなにシンプルなものでもありがたくいただくことができるようになったのだと思います。
そして、自然食の仕事に何の因果か就くことになって、繊細さの塊のような私たちがご提供している品々を味見し、一緒に作りだしていく過程では、その育ちが幸いします。どれだけ小さな違いであってもよくわかりますので、これをどうしたらおいしくなるかということはよくわかるのです。また、本物かフェイクかを感じることもできるようになっていました。本物には魂が隠っていますが、フェイクには強い味だけがあるのです。たとえ味覚はごまかせても、ごまかしきれない何かが残ります。

誰かが一生懸命作ってくれたもの

中学1年生のころ大腸ガンの末期で臥している祖母に、祖母がよく私のために作ってくれていたふっくらした黒豆煮や、大根をおあげさんと炊いたものを作って出しました。はっきりいって黒豆は紫になり堅く、大根は醤油が強いだけの、決しておいしくない代物でした。あのとき、横たわる祖母は私のほうをみて「おいしいよ、おいしいよ」と涙を流しながら繰り返し言ってくれたことを鮮明に思い出します。あんなにまずいものを、おいしいと言うなんて。ましてや、大腸ガンの末期。腸閉塞が進行するなかで、食べること自体が危険なのですから。
でも、私にはいまはっきりわかります。誰かが一生懸命自分のために作ってくれたものは、例えそれがなんであってもおいしいのです、誰がなんといおうと、おいしいよ、おいしいよ、なのです。
自然食の世界に入ったのは娘のアトピー性皮膚炎がきっかけでした。この世界でいわれていることは何も間違っておらず、正論ばかりです。正しいことは間違いないとしても、たとえば誰かが、久しぶりに来てくれたからと、心をこめて一生懸命作ってくれた食事を勧められたとします。そこには白砂糖や牛乳、もしくは化学調味料が入っていたとしましょう。子どもに良くないから、「こんなもの食べさせないで!」という親がいたらどうでしょう。もしくは、もっと心が痛むのは、子どもを他に聞こえない場所に連れていって「このお菓子は毒ばかりだから、食べるのはやめなさい」と吹聴したとしたらどうでしょうか。
もし、正しさに立脚するとすれば、この親の行動は正しいのです。しかし、私はそれ以上に大切なことがあると信じます。誰かが、誰かを思って、無心に、一生懸命に作ってくれた、もしくはしてくれたことは、すべて美しく、かがやいています。たとえそれは正しくないとしても、正しいこと以上に大切なことがあるのではないでしょうか。
私たちは一人で生きることができません。私のジェラートを笑顔で召し上がっていただく、もしくは「これがちょっとこうだったら、もっといいのに」と言っていただく。どちらにしても、私にとっては幸いそのものであり、かけがえのないことです。
私は、数ヶ月前まで、ジェラートを織り出す、そして創るということについて、これほど情熱が溢れ出すとは想像もしませんでした。やればやるほどはまり込み、商売として成立するかどうかのまえに、どうかこの心を受け取っていただきたいと祈るようになりました。
きっと、これは私がなし得なかった「祖母に、私が作る一番おいしいものを食べてもらう」ということが叶わなかった反動なのでしょう。もう祖母はそこにいませんが、私にはここに来てくださるお客様がいます。
まさか、こんなことになるなんて、全く想像もしませんでした。でも、これはすでにあのときから決まっていたことなのでしょう。あなたが笑顔でありますように。私の天命が果たされますように。願わくば、ここが世界でいちばん、誰もが子どものような笑顔になれる場所でありますように。

 

nakagawa-nobuo.jpg
プレマ株式会社 代表取締役
中川信男(なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
文書で確認できる限り400年以上続く家系の長男。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。
3人の介護、5人の子育てを通じ東西の自然療法に親しむも、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。
保守的に見えて新しいもの好きな「ずぶずぶの京都人」。

すでに、足りている

今回は、極めて個人的な告白からスタートすることになりますが、どうぞおつきあいください。

実は、本稿を書いている直前に、私は覚悟していた手術からいったん解放されました。もともと病弱な私は、一年半ほど前から著しく体調を崩していました。ストレス過大からか、胃腸炎と逆流性食道炎の悪化、それに伴う喉の異常、心理的な不調まで、ドミノ倒しであちこちが悪くなっていた状態です。

そんな最中に受けた人間ドックで、喉にガンの疑いがあると指摘され、その足で耳鼻科に飛んでいき、そこで声帯の奥に何かできものがあるということがわかりました。紹介された京都の大学病院で「ガンではないが、別の病気が悪化しているようだから、全身麻酔で治療を兼ねた正確な診断のための検査をしてください。入院期間は一週間です。日取りを決めましょう」というところまでいきました。

とはいえ、画像で見る喉の異物は決して大きくなく、たったこの数ミリのために仕事を差し置いて全身麻酔での検査に一週間の入院をすることは避けたいと思い、想定される病気で日本一の先生は誰かと探し始めました。その結果、東京にある大学病院の名医の門をたたき、やはり同じ全身麻酔での治療と検査を勧められたのですが、難色を示したところ、「じゃあ、とにかく日帰りでやってみましょう、ただし局所麻酔で喉の組織をひきちぎるので、決して楽ではないですよ」と告げられ、ふたつ返事でこの検査を受けることにしました。結果的に、京都の段階から指摘されていた通り、「喉頭乳頭腫」という良性腫瘍ではあるが、ものすごい勢いで再発を続ける相当難しい病気であると診断されました。

この腫瘍、早い話が子宮頸ガンを発症するのと同じウイルスを原因とするもので、それが病状として喉に出ればこの病気、子宮頸に出ると子宮頸ガンとなります。当然、私のことですから最初の異常を指摘されたときから、昨年連載をお願いしていた六角田中医院の田中先生をはじめ、あちこちの代替医療の先生方にもお世話になり、全身の状態はかなりのスピードで回復。喉頭乳頭腫も幸いに再発がなく、経過観察の間隔も開いていきました。私がかかった諸先生方の治療や、私が選んだいわゆる食事療法や機能性食品はきちんと効果を出してくれていたのです。

再発告知

節分過ぎの二月、東京での経過観察で、喉を特殊なカメラで覗いている先生から「やっぱり」という声が聞こえました。もしかして、と思った通り、先生は「この病気で組織をつまんで取っただけで、こんなに再発がないなんて、前例がないんですよ。でも、やっぱりまたできています」と仰いました。確かに、病変があって取り去った場所に、またぷっくり膨らみができています。当然に手術を告げられましたが、私はいま新規事業スタートの真っ最中、すぐには難しいので調整してまた来ます、といって予約を取り直したのが、この原稿を書いている今日なのです。この一ヶ月の猶予期間のあいだに、手術のための日程調整を進めつつ、同時に手術しなくて済むようにあらゆることを平行してやってみようと決断していました。弊社で販売している意識進化装置ロゴストロンの力を借り、不思議なご縁である方とお会いして特殊な力をいただき、もう一度自然療法を整理してシンプルに続け……とやるだけのことはやりましたが、今朝、病院の玄関をくぐるときには覚悟がありました。私が考えていたのは「たとえどちらになったとしても、自分はこのことを学ぶために生きているんだから、たとえどうなっても最善の出来事にしよう」ということだけでした。先生に挨拶をしたあとで「先生、願わくば、腫瘍が大きくなっていないのなら手術は先延ばししたいのです」といって診察台に座り、いつものように口をあけて「へー」と発音すると、今度は先生が「あれ?」というのです。画像を見ながら先生は、右側だけだった膨らみが左側にもできていることを指摘され、「なんだか、ちょっと違うような気がするから、別の特殊な装置があいたら、もう一度見ましょう」と、別のカメラへ。そして、再度先生から呼び出されて「ちょっと、前例がないんですよね、つまんで採っただけで、これだけの期間再発がないのは」「どうも、とにかく乳頭腫とは違うようなので、手術はとりあえずやめて、3ヶ月後に再度様子を見ましょう」ということで、私は今、パソコンの前に座っています。

たとえ手術になったところで悲観もせず、経過観察だからといって喜びに溢れるわけでもなく、淡々と起きていることをあるがままに見よう、という、そういう気持ちで今を迎えています。もちろん、前例がない奇跡は嬉しいことですし、手術しないで済むに越したことはありません。でも、この一ヶ月で改めて決めた態度は、起きていることにはすべて意味がある、意味づけするのは自分の心、ただその一点だという覚悟だけなのです。今回の出来事を通して私がしたことは、病気とは闘いもせず無視もせず、都合のよい解釈だけに固執せず、私はここから何を学ぶのだろうかという問いを続けていることだけです。

もう一つだけいいましょう。生きていることは素晴らしいことだ、それだけでどれだけ無数の幸いに支えられているのかと思うと、それ自体に深い感動を覚えます。願わくば、いつか死を迎えるときにも、産まれて生きて死を迎えるという流れを、あるがままに感動をもって受け止めていたいと念じています。

nakagawa-nobuo.jpg

プレマ株式会社 代表取締役
中川信男(なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
文書で確認できる限り400年以上続く家系の長男。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。
3人の介護、5人の子育てを通じ東西の自然療法に親しむも、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。
保守的に見えて新しいもの好きな「ずぶずぶの京都人」。

もう原発はいらない

二〇一一年三月、「福島の原子力発電所が大変なことになっている」という知らせを受け、昔から、核兵器や原子力発電所の諸問題について調べ続けていた私は、最悪の連想をしていました。電源喪失、冷却不能とくれば、メルトダウンで一切の制御が不能となるのは、報道を見るまでもなく明らかなことです。その後、京都から福島まで往復する半年ほどの間に、私が現場で考え続けていたことは、人間の傲慢は核の前では通用しない、一日も早くこの国は原発を諦めなければ、またこの国の将来に取り返しのつかない禍根を残す、という一念でした。

本誌で私のような一事業者が原発の是非を論じるたび、強い批判を受けました。

「商売人が政治的な見解を表明することは、顧客を失うだけだ」「客を失いたくないのなら、原発について発言するのをやめた方がいい」という忠告は、おそらく親切心からかもしれませんが、食の安全や環境の持続可能性について希求する仕事をし、子を育てる親として、原発は決して単なる政治的な争点ではありません。国を愛し、国の未来を憂うからこそ、地震大国日本はもう原発を諦めなければならないのです。

このことを、震災から六年目のこの月に改めて表明するとともに、なぜ原発は持続可能ではなく、今すぐやめるべきなのかを正面から特集することにしました。

未来を担う全ての子どもたちのために、政治家でもなければ運動家でもなく、単なる民間企業であるプレマ株式会社が原発は受け入れがたいと表明していたという事実を、明確に残しておく必要があります。それがいつか、社会に出ていく未来の子どもたちにとっての希望になって欲しいと願っています。

経済的なメリットという論理は破綻した

あの忌まわしく、今もその核エネルギーの本質である分断の力を発揮し続けている原発事故。以降も、原発を再稼働しようと必死な人たちの寄りかかる論理は「原発の電気は安い」から、それを享受することでこの国の経済は強くなる、という理屈でした。

政府筋は事故処理費を計上したとしても原発の電気は安いとの試算を何度も公表してきました。二〇一六年一二月になってから、福島第一原発の事故処理費は、従来想定の十一兆円から、二十一兆円を上回ると経済産業省が発表、これほど重大な内容でありながらほとんど報道はされませんでした。

どこが窓口になって事故処理費を支払うかは重要ではなく、どこ経由であるとしても国民が負担することには変わりがないわけで、経済的に有利だから原発は続けるべき、という論理はすでに破綻しています。その後の調査などによっても、廃炉作業はさらに長引き、そもそも溶け落ちた核燃料の回収について技術的な可能性すらも疑われており、解決出来るかどうかもわからない状態での試算は今後も膨らみ続けることでしょう。

唯一の原発を続けるべき理由であった経済性があるという主張はすでに崩壊しているなかで、それでもなお再稼働をしなければならない理由はなんでしょうか。複雑な社会の問題を眺めるときに最も的確でわかりやすいのは、その周辺で流れるお金の動きをみることです。誰かが原発を続けることで多大な利益を得るか、または核燃料を別の用途に使うことを考えているか、くらいしか理由が見当たりません。国民は終わりのない経済的負担を負い、事故を起こした原発の影響圏にある人は、遺伝子の変異まで心配し続けながら、終わりなき痛みを受け続けなければならないなかで、特定の人だけが得る利益だけに貢献する必要はありません。

核エネルギーは引き裂くエネルギー

現在使われている原子力発電所は、核分裂反応によって発生するエネルギーによって湯を沸かし、その蒸気でタービンを回しています。核分裂反応は閉じた空間でおこなわれれば外には影響が少ないわけですが、一旦暴走して容器外に飛び出すと、コントロールが効かず、分裂反応を繰り返し、有毒な核分裂生成物を作り出します。それがセシウムやストロンチウムと呼ばれるような仲間であり、これらが環境中に放出されることで私たちは実害を受けます。

核が恐ろしいのは、物質の怖さにとどまらず、人の意識をも引き裂くことです。ここには見えも臭いもしない放射性物質が含まれているのではないか、あの地域は危ないのではないかという疑念から始まり、彼や彼女は汚染されているのではないかという疑いが、いじめや差別までもたらすのです。挙げ句の果てに、放射性物質をどれだけ気にするか、しないかというところまで、意識が高い、低いなどの言葉になって、人と人を引き裂きます。このようにいうと、現在研究されている次世代原子炉は核融合反応を使ったもので、融合のエネルギーではないかと反論されます。これもまた、技術的に完全であれば閉じた空間でコントロールできるわけですが、核融合反応を起こすためには一億度を超える超高温が必要であり、仮想容器が崩壊すれば、やはりコントロール不能に陥ります。もう、これ以上人間が傲慢になり、自らの首を閉める必要はありません。日本や日本人は充分な予算を確保して正面から取り組めば、必ず新しいエネルギーを見いだすことができます。それまでは化石燃料を最小に使う技術を磨くほうが、人間はいつか核をコントロールできるという妄想をするよりは、よほど現実的な選択肢です。もうこれ以上、私たちは引き裂かれる必要は皆無なのです。

nakagawa-nobuo.jpg

プレマ株式会社 代表取締役
中川信男(なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
文書で確認できる限り400年以上続く家系の長男。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。
3人の介護、5人の子育てを通じ東西の自然療法に親しむも、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。
1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。
保守的に見えて新しいもの好きな「ずぶずぶの京都人」。