累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

もうひとつの穴から覗いたら

視点を変えて心と身体を捉え直すボディワーカーのつぶやき

プレマ株式会社
プロモーションセクション
ボディワーカー

寺嶋 康浩 (てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。ディレクターとして企業の宣伝に携わる傍、
クラニオセイクラルやポラリティセラピーなどの療法を学ぶ。
身体と対話し身体から思考のクセや感情を解放していくあり方をUnfolding Bodywork としてまとめ伝えている。
趣味はダンス。1級電磁波測定士。健康経営アドバイザー。 寺嶋家の夫婦メディア

ゆるりつながる

ゆるいつながりが大きなチカラになることがある? コロナ禍になり、人と人のつながりが大切だとつくづく感じ、昨年から月に一度、カフェイベントを開催している。食べながら対話することで人とつながる。目的もなく …

答えは身体に聞いてみる

自身の身体をじっくり感じて観察してみると、意外とシンプルな方法がパワフルに働くことを発見することがある 花粉症でクシャミが止まらない日々が続いている。高校生のころから花粉症になり、もう25年くらい経つ …

自己投影した世界

私たちは自身の経験に基づいて信じたいものを信じている? なにが本当でなにが本当でないのかわからない情報が飛び交っている。その情報を見たり聞いたりして、なんだかモヤモヤ感だけが日々積み重なっていくようだ …

心地よさを追求する

自分のなかに無いものを表現しようとしても違和感が生じるものなのかもしれない 私のワークショップで、参加者同士が背中を合わせるワークをすることがある。二人で背中を合わせると、相手の背中の温かさが心地いい …

がんばることが評価される唯一の方法ではない

私たちはなにかをすることで評価される世界に生きている? 小学生のころ、図工の授業で粘土工作の時間があった。車や動物など、作りたいものを作る。授業が始まって、私はすぐに「これだ」と思いついて、粘土の塊を …

思わぬ効果?

必要に迫られるとすでに周りに情報がたくさんあることに気づく 鞄を買おうと思ったら、街ゆく人々が持っている鞄に目がいくことがあります。普段、他人の鞄には目がいかないのに、鞄が欲しいと思ったら無意識にどう …

心動く街

呼吸で身体をめぐらせ、アートで心がめぐる。つながりができてワクワクする場づくり 私は街づくり活動の場づくりをする市民団体で活動している。参加したきっかけは、数年前に市民が集まって街づくりについて自由に …

身体の声を聞く

それは「心と身体の繋がりに意識を向け、心と身体のニーズに合う方法を選択して行動する」こと  クリスマスが近づいてくると、街中イルミネーションで華やかになる。よく見てみると、街路樹に釘を打ったり電線をぐ …

結果を手放す

起こるかどうかわからない未来を想像して心配するのではなく、その瞬間に感じたことをやる。その延長線上に未来がある この夏、家族全員がコロナ陽性となり、自宅療養した。39℃以上の高熱が8日間続いた。感染す …

脱「どうしたらいいのか」論

なにかをしようとするとき、まず「どうしたらいいのか」を考えてしまう。でも、本当は「どうなりたいか」をイメージするほうが大切なのではないだろうか ボディワークをしていると、クライアントは自身の「症状」に …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ