累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

もうひとつの穴から覗いたら

視点を変えて心と身体を捉え直すボディワーカーのつぶやき

プレマ株式会社
プロモーションセクション
ボディワーカー

寺嶋 康浩 (てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。ディレクターとして企業の宣伝に携わる傍、
クラニオセイクラルやポラリティセラピーなどの療法を学ぶ。
身体と対話し身体から思考のクセや感情を解放していくあり方をUnfolding Bodywork としてまとめ伝えている。
趣味はダンス。1級電磁波測定士。健康経営アドバイザー。 寺嶋家の夫婦メディア

思わぬ効果?

必要に迫られるとすでに周りに情報がたくさんあることに気づく 鞄を買おうと思ったら、街ゆく人々が持っている鞄に目がいくことがあります。普段、他人の鞄には目がいかないのに、鞄が欲しいと思ったら無意識にどう …

心動く街

呼吸で身体をめぐらせ、アートで心がめぐる。つながりができてワクワクする場づくり 私は街づくり活動の場づくりをする市民団体で活動している。参加したきっかけは、数年前に市民が集まって街づくりについて自由に …

身体の声を聞く

それは「心と身体の繋がりに意識を向け、心と身体のニーズに合う方法を選択して行動する」こと  クリスマスが近づいてくると、街中イルミネーションで華やかになる。よく見てみると、街路樹に釘を打ったり電線をぐ …

結果を手放す

起こるかどうかわからない未来を想像して心配するのではなく、その瞬間に感じたことをやる。その延長線上に未来がある この夏、家族全員がコロナ陽性となり、自宅療養した。39℃以上の高熱が8日間続いた。感染す …

脱「どうしたらいいのか」論

なにかをしようとするとき、まず「どうしたらいいのか」を考えてしまう。でも、本当は「どうなりたいか」をイメージするほうが大切なのではないだろうか ボディワークをしていると、クライアントは自身の「症状」に …

蛙の子はカエル?

家族だからこそ問題になることもあるが、 信頼できる家族だからこそできることもあるのだろう 妻から「自己肯定感」が高すぎて、不安感を共感してもらえないとよく言われる。確かに人になにを言われても聞いていな …

自分教のススメ

「身体意識の使い方ひとつで身体の能力や 心の状態が劇的に変わってくる 妻から「自己肯定感」が高すぎて、不安感を共感してもらえないとよく言われる。確かに人になにを言われても聞いていないし、人にどう思われ …

身体を響かせる?

「身体は楽器」だといわれることがあるが、 その意味が腹でわかった話 歌を歌おうとすると喉が絞まる癖がある。私にとっては歌うことは息苦しいものでしかない。だから、二次会のカラオケはできれば避けたいものだ …

今、自分にできることをやるって意外と難しい

人に手を差し伸べられる人が羨ましかった 先日、滋賀にある神社へ一人で行った。家に籠もっていると気分が落ちてくるので、琵琶湖近辺の明るくて広い空間を感じたかったのだ。神社でお参りし、帰る前にトイレに行く …

自身の「喜び」を真ん中に置く

うまくやろうと意識すると楽しくなくなるのはなぜ? 家族で応援しているシンガーソングライターがいる。三女が中学生のときの同級生だ。彼女の初めてのワンマンライブは100人が集まり、ライブハウスは人で溢れか …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ