累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

魂とのコミュニケーション

「本当の自分との出会いはあなたが望む豊かで美しい人生の大切な道しるべとなります」
宮崎ますみさんからのメッセージ

ヒプノセラピスト・エッセイスト・女優

宮崎 ますみ (みやざき ますみ)

1968年愛知県生まれ。1984年クラリオンガールに選ばれ、女優として、舞台・映画・TVなど幅広く活躍。1995年結婚を機に渡米。
米国で2児の息子を育てながらYOGAに傾倒し自己探求に専念。
瞑想を深めていくなかで自己の本質に目覚め、ヒーリングとリーディングを始める。
帰国後2005年、乳がんであることを公表。克服後2007年ヒプノセラピストに。
同年11月厚生労働大臣より「健康大使」を任命される。自身の経験を活かした講演会活動やヒプノセラピスト養成に取り組んでいる。
ヒプノウーマンSalon『聖母の祈り』http://salon.hypnowoman.jp
一般社団法人ホールライフクリエーション http://wholelifecreation.com
日本ヒプノセラピーアカデミー・イシス http://jhtaisis.net
日本ヒプノ赤ちゃん協会 http://hypnoakachan.com

no image

弟に対する深い愛情

兄弟のアンビバレントな感情 発達障害の兄弟を持つ子は、中学から高校にかけて葛藤のピークを迎えるといわれています。長男にもそのような時期がありました。弟はポワンとしていて何を考えているのかわからない、自 …

no image

創造性を育む愛する対象

映画は友達! 発達障害を持つ子どもたちに共通する特徴として、一つの物事にとことんこだわるという可愛らしさがあります。その世界観は胸がキュンとするほどいじらしく、とっても素敵なのです。彼らはその独自性な …

no image

アイデンティティー

自分とは何者か? 人種や民族や性別、多様な価値観、様々な障害を持つ人も含めて、人々の多様性を肯定的に見て認め尊重する〝ダイバーシティー〟についての続きです。 ヒプノセラピストとして活動していくなかで、 …

no image

ダイバーシティ

豊かな個性を育む 年末年始、息子たちの留学先であるロサンゼルスとシカゴで過ごしました。まさかこんな日がくるとは。子育てに奔走し、いつまでも子どもが手元にいると錯覚していたころが懐かしいです。 シカゴで …

no image

真の母になるための学び

治すのではなく寄り添う愛の在り方 常々気になっている世間の解釈と発言のなかに、発達障害を持つ人に対する〝治す〟という表現があります。もちろん、生きづらさを感じている彼らをなんとかしてあげたいという優し …

no image

息子の個性は神様からのギフト

才能の芽を摘んでしまわぬように 発達障害を持つ子どもたちには、知的発達に遅れがないため、その特徴が周囲から理解されにくいもの。前回、次男がハワイの小学校へ通っていたときに、担任の先生から毎日のように叱 …

no image

個性を認め尊重する環境

不適切な対応が招く二次障害 前号では、学習障害を持つ次男坊が、同質化を求める日本社会の中で慢性的に抱えていた緊張型頭痛が、シカゴへ留学したとたん消えてしまった、というお話をしました。 東京で電車通学を …

no image

同質化を求める日本社会

僕って変な人? 学習障害を持つ子どもたちは同質化を求められる日本社会のなかで、「自分は人と違う」「変わった子だと思われている」「普通のことが当たり前にできない」、そんな思いを抱え常に人の視線を気にしな …

no image

在るがままを認める

僕は僕のままでいい 9月号の続きです。イギリス在住の貴子さんは、祖母、母、自分と代々受け継がれてきた子育ての負の連鎖により苦しんで、12歳の長男バート君のことを「愛せない」、「時には手も出てしまう」と …

no image

子どもの愛し方がわからない?

封印された母性 年に1度のペースで個人セッションを受けにいらっしゃる貴子さんは、15年ほど前にイギリス人の男性と結婚をして、イギリスへ移住されました。その後、お二人のお子様を授かり、長男バートは現在1 …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ