のんびりいこう等身大の敏感肌ケア

【Vol.67】私を一番たすけてくれたもの

 1年に渡って、このスペースを戴いてきましたが今回で最終回となりました。  温泉でアトピーを治すきっかけを貰ってきましたが、解毒を促進するとはいえ、温泉もスキンケアのひとつですから根本解決とはいえません。温泉療養もいつかは卒業しなくてはいけ 記事を読む

【Vol.66】“ステロイド”は使ってはいけない?

 前回はスキンケアについてお話しいたしましたが、ふれて良いものか悩んで結局ふれずにいたことがあります。  アトピーに向き合うとき、避けては通れない問題“ステロイド”についてです。使わずにいられるのなら、それに越したことはありません。  そ 記事を読む

【Vol.65】スキンケアで一番大切なこと

 お客様コンサルタントのお仕事ですので、アトピーに効果のあるスキンケアについて、お問い合せいただくことが多々あります。  わたしもプレマで扱いのあるスキンケアを、たくさん試してきましたので、あれがよかった、この商品がお勧めとお返事できたら、 記事を読む

【Vol.64】温泉を飲む

 これまでお湯に浸かるという面から、温泉についてお話ししてきましたが、今回は飲泉―温泉を飲むことにふれてみたいと思います。  飲用の許可を受けた温泉は各地にあって、ゆの里やだるま湯なども温泉水を飲むことができました。  日本では飲泉は民間 記事を読む

【Vol.63】身土不二の温泉

 湯の花温泉を発見してから、遠くて高名な温泉よりも、近くの温泉を探すようになりました。京都、とくに京都市内には温泉地のイメージはありませんが、探せば小さな温泉が湧出していました。  温泉を探す際、目安になったのは泉質ですが、湯の花と同じラ 記事を読む

【Vol.62】毎日続けた自宅温泉の使い分け

 だるま湯と湯の花温泉の良いとこどりした自宅温泉はほぼ毎日続きました。ふたつの温泉を併用することが、良いことなのか悪いことなのか、温泉同士の相性のようなものがあるのか、詳しいことはわかりません。ただ肌の感覚だけをたよりに自然にそこに行き着い 記事を読む

【Vol.61】きれいな手が楽しい

 さて湯の花温泉の温泉水を持ち帰った時のこと。  プールの様な温度で、子どもと水遊びしながら1時間以上は入っていたでしょうか。だるま湯のような強烈な解毒感とは違いましたが、肌がピリピリするような、特に傷ができている部分はジリジリ滲みるよう 記事を読む

【Vol.60】京都でケアできる 温泉スタンド

 だるま湯を自宅のお風呂に入れるようになってから旅館の女将さんにも褒められるほど、きれいになっていきました。格段に楽になってはいましたが、手や肘、膝の裏などの炎症はまだ残っていて、なかなかスッキリしませんでした。またお風呂上がりや、ちょっと 記事を読む

【Vol.59】入浴でデトックス

 春先から悪化していたアトピーはだるま湯と出会い、自分でも驚くほど、あっという間に回復していきました。これまで何をしても効果があらわれなかったのが嘘のよう、というより、歯車がかみ合ったようでした。  ただ、どうしても京都から高野山、という 記事を読む

【Vol.58】“修復”と “解毒”

 高野山近くの山あいの温泉、だるま湯に通いだしてからアトピーはみるみる回復していきました。  だるま湯は泉温15・8度という、温泉としてはとても低い温度の炭酸水素塩泉と塩化物泉のふたつの効能をもったお湯です。  はじめて、だるま湯に行っ 記事を読む