累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

もうひとつの穴から覗いたら

視点を変えて心と身体を捉え直すボディワーカーのつぶやき

プレマ株式会社
プロモーションセクション
ボディワーカー

寺嶋 康浩 (てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。ディレクターとして企業の宣伝に携わる傍、
クラニオセイクラルやポラリティセラピーなどの療法を学ぶ。
身体と対話し身体から思考のクセや感情を解放していく独自のボディワークをUnfolding
Bodywork としてまとめ、個人セッションやボディワーカーの養成、ワークショップを開催している。
趣味はダンス、古武術。

かっこ悪いことを堂々と

投稿日:

人は誰でも「ええかっこしい」だと思っている。
しかし、「ええかっこしい」は不自由だ。
「ええかっこしい」はやめられるのか?

 

私はかなりの「ええかっこしい」だ。
「人に一目を置かれたい」という欲求が心の奥底にあるのかもしれない。

私が小学生のとき、一番嫌いだったのが勉強だ。
嫌いというより、勉強をする意味がわからなかった。
宿題のプリントやドリルをやったことがなかったし、国語の本読みカードは自分でハンコを押して提出していた。
毎日のように「宿題を忘れました」と担任に伝えていたが、今思うと、毎日忘れるということは、うっかり忘れるレベルではない。
単にやる気がないだけだ。
勉強をするより、外でドッジボールをしたり、鬼ごっこをしたり、秘密基地で遊んだりすることに没頭していたので、テストの点数はいつも一桁だった。
あまりにも酷かったからか、母親が泣きながら算数のテキストを持ってきて、勉強させようとしたけれど、私はやる気がないのでうまくいかなかった。

中学生になり、最初の定期テストで一桁の点数の解答用紙を受け取ったとき、自分はものすごく「かっこ悪い」ことに気づいた。
思春期の芽生えだろうか、女子にモテたい気持ちがあったのだ。

それから私は猛勉強をした。
まず分数の割り算など小学校で習う算数が分からないので、そこからやり直す必要があった。
そこで公文式に入り、中学生なのに足し算のプリントから始めた。
周りの小学生に自分がやっているプリントを見られたくなくて、いつも教室にいくのが苦痛だった。
大変苦労したが、中学二年生の頃には、定期テストで100点を取ることができるようになり、クラスでもトップクラスの成績になれた。

私にとって「ええかっこしい」は動機になりやすい。
親の涙よりええかっこしいが勝ってしまうようだ。
やる気になれば、何時間でも没頭できるので、それなりにできるようになれる。
しかし、良い成績を取ったり、社会人になって評価されたりしだすと、達成感や優越感は得られるが、それを継続しなくてはいけない気がして、いつの間にか頑張ることが目的になってしまう。
それにええかっこしたいから頑張るということは、自分が本当にやりたいことではないことが多い。
ええかっこしいをやめて、かっこ悪いことを堂々と言おうと、この記事を書いて妻に感想を聞いてみたら、「『かっこ悪いことを堂々と言う』っていうのも、ええかっこしいだよね」と言われた。
「ええかっこしい」は、まだまだやめられそうにない。

ボディワーカー的お勧めセルフケア商品

チャクラをバランスする不思議な量子波ライト

身体の周りには目に見えない層があり、その層も身体へ影響を与えているといわれています。
その層へアプローチする量子波ライト。
お腹に光を当てると、内臓が動いたり、身体が緩んだりもします。
使い方はあなた次第です。

大麻八芒星敷床QHAヒーリング チャクラバランサーを見てみる>>

かっこ悪いことを堂々と

- もうひとつの穴から覗いたら - 2018年9月発刊 vol.132

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ