累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

CHOICE するということ

体の中からきれいになる形成外科医が伝える医学部では教えない栄養学の話

鈴木形成外科院長/CHOICEオーナー&プロデューサー
日本形成外科学会認定専門医・日本レーザー医学会評議員
日本臨床皮膚外科学会理事・京都形成外科医会 会長
第1回ベジタリアンアワード企業賞受賞(CHOICE)

鈴木 晴恵 (すずき はるえ)

京都市出身。アジアにおいてレーザー治療をいち早く導入し、シミ、あざなどの数々の治療方法を確立。メディカルエステを考案、定義し、実践してきた。
仕上がりの美しい眼瞼下垂症手術に定評がある。3.11を機に「食」と真剣に向き合い、栄養学を突き詰めた結果、
最善の食事法はplant basedwhole foodsと気づく。クリニックに栄養外来を立ち上げる傍ら食のお手本を示すカフェ『CHOICE』開業。
大学生の娘の母親でもある。

タンパク質はどこから摂るの?①

前回は抗炎症作用が期待できる栄養素について書きました。炎症を抑えることの重要性は一般に知られています。しかし、動物性食品からタンパク質を摂るだけで炎症を起こしやすくなることと、その他のリスクについては …

ビタミンCとオメガ3脂肪酸

先月号でがんばる女性の副腎が疲労しがちであることを書きました。 副腎は身体の中で一番多くのビタミンCを消費する臓器です。病気などストレスに晒されると抗ストレスホルモンを分泌するため、副腎はさらに多くの …

女性の不調④ エストロゲン優位と副腎疲労

不妊に悩む女性が増加しています。仕事と家事を同時にこなす女性や一人目の子どもに恵まれても二人目の不妊に悩むご相談もよくお受けします。このような場合、生理があっても排卵がおこなわれていない無排卵月経にな …

女性の不調③ エストロゲン優位

今月号のテーマはエストロゲン優位(過剰)と対処法です。女性の生理に大きな役割を果たしているホルモンには卵巣で作られているエストロゲンとプロゲステロンがあります。生理が始まり約2週間後に排卵が起こるまで …

女性の不調② 更年期の問題

先月号で月経に伴う不調と低用量ピルについて書きました。日本で1999年に解禁された低用量ピルはオンライン診療の普及と製薬会社の販促活動の効果で急速に処方が拡大しています。低用量ピルは避妊効果の他、月経 …

女性の不調① 月経困難症

先日、N‌H‌Kテレビで低用量ピルについての特集番組を見る機会がありました。その番組は月の半分もの約2週間を月経困難症や月経前症候群による腹痛や腰痛、吐き気、嘔吐、貧血、むくみ、イライラにより日常生活 …

瞼が重くなる病気

このコラムでは、私が推奨する食事法「プラントベースホールフード」(P‌B‌W‌F:植物性の食材をなるべく精製加工することなく食べる)に関連するテーマを中心に寄稿してきましたが、私の本業は形成外科医です …

傷跡とニキビ跡の治療

前号まであざとしみの治療、刺青・アートメイクの除去について書いてきました。これらは一部を除きレーザーを使用して治療をおこないます。今号はこのような「色」に対する治療ではありませんが、主にレーザーで治療 …

大人のシミ治療「番外編」

小児と大人に分けてあざとしみの種類と主な治療法について続けて書いています。今号はどちらにも該当しませんがあざやしみと同様にレーザーで対応できる刺青(入れ墨)とアートメイクの除去について説明します。 刺 …

大人のシミ治療③

私の専門であるシミ治療について順番に書いています。前回はレーザー照射で比較的早く良好な治療結果を得られるシミについて書きました。今月はレーザー照射などの刺激によってかえって症状が悪化する「肝斑」と「炎 …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ