おうちでできるセルフケア

五大元素と心と身体「空(くう)」

心と身体をつなぐ伝統医学の概念を活かす

目に見えない心と目に見える身体。心と身体はつながっているといいますが、具体的にどう繋がっているのか?

体系的に理解するためには新たな概念が必要です。それについては未だ科学的に解明されていませんが、参考となる概念のひとつがインドの伝統医学にあります。インドの伝統医学では、大自然は「空・風・火・水・地」の5つの元素(5elements)でできていると考え、大自然の一部である人もまた、5つの元素で構成されると考えます。インドの伝統医学では、この5つの元素のバランスが健康のカギを握ると考えられ、有名つのドーシャの概念も、この5つの元素の組み合わせででできています。心と身体をつなぐ5つの元素について、今回から5回シリーズでご紹介していきます。

 

 

(1)「空」はすべての始まり

5つの元素のなかでも、「空」は特別な元素です。「空」はサラダボウルのようなもので、他の4つの元素が入る器です。例えるなら、「空間」や「スペース」、「環境」「場」などが「空」です。私たちは場所や家、会社というスペースがあることで、住んだり、働いたりすることができます。「空」はすべての始まりで、それがないと存在できないのです。身体の部分では、表現を司る喉、臓器などを収める体腔、動きを司る関節などが対応しています。心の状態を表すキーワードとしては、自由・余裕・調和・自意識・自己表現などです。例えば、言いたいことが言えないなど自己表現に問題が起こると、「空」のバランス崩し、慢性的な喉の詰まりや痛みを起こすといわれています。

 

 

(2)「空」を取り戻すエクササイズ

もし身体の右側ばかりに症状がでるなら、あなたの男性性が係しているかもしれません。インドの伝統医学では、身体右側を心理的な男性的な部分、左側を心理的な女性的な部分と関係していると考えます。さらに、身体の真横は現在、前面は未来、背面は過去を表していると考えます。右側にでる症状が前面なのか、背面なのかで何が影響しているのかの参考にすることができます。今回は誰でも簡単にできる「空」を取り戻すエクササイズをご紹介します。紙面で紹介するのが大変難しいのですが、簡単な動きですので、ぜひ取り組んでみてください。前、後ろ、横、どの方向に行きやすく、どの方向に抵抗を感じるでしょうか? このエクササイズで「空」を取り戻しましょう。

 

 

 


私はこんな風に使っています

(3)水琴五行

「場」には、人のエネルギーが宿ると考えています。例えば、住む人がいなくなった家はすぐに朽ちてしまいますが、人がときどき目を行き届だけで、家は生気を取り戻したようになります。人が集まる場を作るためには、人がどういう想いで場を保っているかだと私は考えています。このところ、プレマルシェ・オーガニクスやアカデミーに来るお客様が、口を揃えて「ここは気持ちがいい」と言ってくださいます。気持ちがいい秘密のひとつは、この水琴五行です。不規則に落ちる水が奏でるが、高周波が、場を清め、心地よい空間を作ってくれます。ここに来ると、「元気」になってしまう。プレマルシェ・オーガニクスやアカデミーにはそんな仕掛けがたくさんあります。

 

 

 

 

terashima-yasuhiro.jpg

プレマ株式会社 プロモーションセクション
寺嶋 康浩(てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。
2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。
全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。

自律神経をバランスする

交感神経スイッチをOFFする

vol115-20-1.gif

私たちには、自分の意思ではコントロールできない自律神経というものがあり、「交感神経」と「副交感神経」の二つに分けられています。身体を活発に動かしたときに、心拍数を早めたり、発汗を促したり、身体を緊張させたり、血圧を上げたりして興奮状態になるように働くのが交感神経です。そして、それとは逆の働きをするのが副交感神経です。身体がリラックス状態のとき(食事、睡眠時など)に優位になって、(食事中なら)胃酸の分泌を促したり、腸の運動を活発にしたりして消化機能を高めます。この交感神経と副交感神経のバランスがうまく取れているときが、健康な状態であると言われています。では、どうして自律神経のバランスが崩れるのでしょうか? 私なりの解釈で原因と解決方法をご紹介します。

(1)電気つけっぱなしさん

自律神経のバランスを崩すというのは、交感神経が優位になったまま、副交感神経を優位にできなくなってしまう状態です。この状態をわかりやすく説明するため、ここでは「電気(照明)つけっぱなしさん」と呼ぶことにします。電気のスイッチをONにしたまま、OFFにするのを忘れている状態をイメージしてください。ずっと電気がついている興奮状態にいると、熱がこもって体温調節が難しくなってきたり、休めずエネルギーを使い続けているため、偏頭痛、不眠症、胃弱、便秘や下痢の繰り返し、肩こり、腰痛、頭重、精神不安、ダルさ、呼吸が浅いなどの状態になります。交感神経が優位になり続けることが原因のひとつです。

(2)スイッチをOFFにする方法

どうして電気のスイッチをOFFにできなくなるのか? それは頭を使いすぎて、スイッチをOFFにするのを忘れているだけなのです。考えることに集中しすぎると、身体を動かさなくなるために、心身のバランスを崩してしまいます。絵を描いたり、踊ったり、家庭菜園で草むしりしたり、集中して考えること以外の時間を生活のなかに少し作るだけで、電気のスイッチをOFFにできるようになってきます。もしあなたが思考過多な性格か知りたいなら、目を閉じてみてください。眼球が下を向くなら考えすぎの傾向があります。頭の付け根(後頭骨)あたりを触ってみると、詰まった硬い感じがあるかもしれません。その場合は少し温めてみるとリフレッシュできますよ。

(3)副交感神経を優位にするペアケア

私たちは常に交感神経が優位になりやすい環境で生活しているため、自律神経をバランスするには、いかに副交感神経を優位にするのかを考えることが重要です。そこで今回は副交感神経を優位にするためのペアケアをご紹介します。このペアケアは、背中から自律神経システムにアプローチして副交感神経が優位になるよう促します。約10分くらいすれば、副交感神経が優位になり、お腹から「ぐぅ~」という音が聞こえてきます。それは副交感神経が優位になり、消化器系の機能が活発になったサインです。シンプルすぎてあまりしないのですが、効果が高い方法です。親子で、またはパートナーと一緒に、友達同士で、楽しみながらやってみてください。

vol115-20-2.gif(1)背中を合わせて座ります。
子どもが背中で押し合いっこして遊ぶように、楽しみながら自身にとって心地いい場所を探します。

vol115-20-3.gif(2)アイディアを試してみます。
もっとこうしたら心地良さそう!というアイディアが出てきたらやってみます。

(4)副交感神経を優位にするペアケア
シューマン共振デジタル・スクエア・ウェーブDSW0022 シューマン INSPIRE DSW フラワーオブライフ

シューマン INSPIRE DSW

スイッチオンで7.83Hzの周波数を持ち歩ける画期的なポータブル型シューマン波発生装置。1年ほど前にサンプルを見せてもらったときに、その即効性にその場で購入した商品です。シューマン波は、心身が落ち着いているときの脳波α波と深いリラックス状態のときの脳波θ波の間にある周波数で、ミッドアルファ波と呼ばれています。スイッチオンで、すぐに副交感神経が優位になり始めるため、あくびがでてきたり、腸が活性化してお腹が鳴り始めたりして、心身がリラックス状態に向いていくのがわかります。私は人が集まる場所に行くと、交感神経が優位になって、身体が疲れやすくなるため、常にカバンに入れて持ち歩いています。

terashima-yasuhiro.jpg

プレマ株式会社 プロモーションセクション
寺嶋 康浩(てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。
2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。
全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。

心は体 体は心

最もシンプルな心身の捉え方

vol114-20-1.gif

心と体は繋がっているとよく聞くようになり、医学でも精神と肉体との関連を捉える分野として、精神身体医学、心身医学が発展してきています。しかし、それは生命というものをあえて心と体に分けて、また繋ぐという複雑なことをしていると、私は思うのです。体の語源を辿っていくと、亡くなった人の肉体のこと、つまり魂の抜け殻という意味(殻だ、空だ)だそうです。そして、生きている人の肉体は、心も身体も含んだ人間全体の「身(み)」と言います。ことわざでも、「身」の字を使うものは多いですが、「体」の字を使うものはほとんどありません。人間全体を捉えるホリスティックな視点とは、心や体という部分ではない「身」を捉えていくことではないでしょうか。「心は体、体は心(=身)」と捉えると、問題はとてもシンプルになるのではないかと考えています。

(1)ホリスティックな「身」の捉え方

vol114-20-2.gif

ボディワークをしていると、体には心の状態が現れていることがよくわかるようになってきます。こういう話をすると、特殊な知識で見ているのではないかと言われるのですが、基本は「観察とイメージ遊び」です。左図の姿勢の違う4人をご覧ください。(1)と(3)では、どちらが活発で行動的なタイプでしょうか? (1)は自己表現が苦手で自信がなさそうに見えますし、(3)は自信満々で行動的な体育会系に見えます。観察をしてイメージするだけですが、現実的に見ても(1)と(3)では(3)の方が行動的なことが多いようです。一般的な視点で判断すると(1)は猫背と言われ、姿勢を良くすることが解決策になります。しかし、自己表現が苦手なのかもしれないと捉えると、その人の人生のなかにこそ解決策があることに気づきます。もし私がボディワーカーとして対応するなら、その人の話を聞くところから始めます。こういう「身」の捉え方があってもいいと思いませんか?

(2)思考のクセや感情の問題が体に現れる!?

vol114-20-3.gif

心と体は繋がっているというものの、それが具体的にどのように繋がっているのかを表現した資料は見つけられません。私のボディワークの実体験を踏まえて、最も納得がいく考え方をご紹介したのが左図です。体の症状の原因は、思考のクセから起こります。例えば、会社のために素晴らしいアイディアを思いついたので上司に提案したところ、酷いけなされ方をたとしましょう(1)。また素晴らしいアイディアを思いついてもけなされるのが怖いので、上司に提案することをためらいます。(2)次第に提案することを止めてしまい、上司が同じ部屋にいるだけで緊張してしまいます(3)。上司の席が自身の右側だとすると、右を向きたくないので左を向いて仕事をする習慣がついてしまいます(3)。そして、気づいたときには、骨格が左側に歪んでしまっている(4)。ということが起こるということです。これが問題が起きる流れです。解決の流れは、体にアプローチすることなのですが、ご紹介は別の機会にすることにします。

(3)逆説!解体新書WS

ホリスティックな視点を知れば知るほど、一般的に認識されている価値観の逆を行く方が、心身に良いような気がしています。もし体に歪みがあるなら正しい位置に戻そうと頑張るのではなく、歪みの方向に動かしてみてください。その反動で体が正しい位置に戻ります。こういったことや今回ご紹介できなかった体に現れた問題を解決する流れに導く方法などをお伝えする、本当の意味で「身」を体感して理解するワークショップをプレマルシェアカデミーで開催します。知識や経験は必要ありません。10名限定ですが、どなたでもご参加いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

terashima-yasuhiro.jpg

プレマ株式会社 プロモーションセクション
寺嶋 康浩(てらしま やすひろ)

関西大学工学部卒。
広告制作や宣伝に携わる傍、身体、心、食事、運動4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーやクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)を学ぶ。
2011年、父の死を機にボディワーカーに転身。
全国で述べ1,000人以上の身体と向き合いセルフケアを提供している。