家族と向き合ういろんなお話

一番大事にすべきなのはだれ?

標準から見た子ども

この連載や、ここから派生したブログやメルマガで、楽しく文章書かせていただいてますけども(詳しくはプロフィールのURLをご覧ください〜!)、私は本来、書くよりも、読んだり編んだりするほうが多いです。で、今読んでるのが、『平均思考は捨てなさい出る杭を伸ばす個の科学』という本(になる前の原稿)。あまりに当たり前すぎて考えることもない、「平均」について書かれた本です。
低出生体重児しか産めない母の実感として、私はずっと不思議でした。
子どもにも私にも異常はないのに、誤差だらけのエコー検査で推定体重が基準に満たないと、どうしてこんなに問題視されるのだろう。なのにどうして生まれた子の体重が身体発育曲線の幅に収まると、成長率がどれだけ異常でもチェックされないんだろう。逆に、発育曲線の幅に収まらない赤ちゃんは、どうしてこんなに問題になるんだろう。体重足りないからミルクを足せと言われた母親の多くが罪悪感を感じてる……。赤ちゃんご機嫌なのに、おかしくないか?
私は、西洋医学……この場合「西洋産科医学」の問題と捉えることが多かったのですが、その疑問に、もっと根本的な点から答えをくれたのが、冒頭の本です。
「平均」が発明されたのは19世紀の初頭。近代化の産物です。当初は平均であることは理想でした。それが、平均=平凡になり、そこから逸脱した幅でいろんなものが測られるようになっていきます。教育を例に挙げると、テストの点が平均より随分高いと優等生、随分低いと劣等生。感覚的に、わかるでしょ?

平均から個人は評価できない

「平均」が発明された当初、個人がないがしろにされる、という意見も多く出たそうです。医療従事者も例外ではなく、自分の患者は「平均」では治療できないとの反発もあったとか。
当時の人の感覚は正しくて、結局「平均」は、個人にフィットしないことが今ではわかっています。制度を作るのに便利だから、あっという間に定着したけど、実は「平均的人間」は存在しないので、平均から人間を個別評価するとほころびが出るんですね。そうか〜、だから医療制度も非人間的なのか〜。私もそのほころびの罠にかかり、3 人め陣痛促進されちゃったよ〜。
平均の発明者が発明したものはたくさんあるのですけど、BMI値もその一つです。「体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m))」、妊娠中に絶対計算しますよね。ところが、その前提となる、「平均(標準)的体格」そのものが存在しない。20世紀初頭の米軍の大規模調査によると、3つの要素で体格が「(身体発育曲線的に)十分な幅をもたせた」平均に収まる人間は、3パーセントに満たなかったとか。だったら身長・体重の2 つの要素で平均に収まらない赤ちゃんが、たくさんいても不思議ではないですよね?
結局体格は、標準化できないんですね。
いろんなものに平均(=標準的な基準)を作る思考法は「発達」にも適応されます。いつハイハイする、おすわりする、成長のマイルストーンがありますよね。でもそれも、存在しないんです。赤ちゃんが普通にハイハイしなかったり言葉が遅かったりすると、大いに問題視されるし、親は本気で心配するというのに。
決して育児本ではないのですが、学校教育で子どもの持って生まれた能力が、どのように阻害されるかなどの具体例も書かれてます。ママもプレママもぜひ読んでみてください。私たちが見るべきなのは「目の前にいる子ども個人」であって、存在しない「平均的子ども」ではないことが、よくわかりますよ!

 

vol109-20-1.jpg

『あなたもできる自然出産 夫婦で読むお産の知識』
やっぱ平均目安に考えず、個人にあったお産を設計すべきですよね!この本、最高です!

mochizuki-saku.jpg

プレマ株式会社東京スタッフ
望月 索(もちづき さく)

8歳、5歳、1歳の三姉妹の母。
人一倍不摂生な出版仕事人が妊娠、出産、育児と経験を積むうちに、気づくとハードコアな自然派お母ちゃんに。
編集、ライター、プレマの東京スタッフ。
編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』など。

楽だから自然なお産ご質問などは下記ブログまで
http://macro-health.org

不妊治療もおなかの冷えとりから

不妊治療と漢方薬

44歳で妊娠・出産して以降、「どうやって妊娠したの?」と質問される機会が増えました。でも私自身は、今時ありがたいことに、不妊治療の経験がないんです。早寝早起き、季節と自分に合った食生活、自然栽培米の発芽玄米からエネルギーをもらっていた……から高齢妊娠できたかな? という感じ。妊娠対策というより「健康の基本」ですよね。

でもその基本が難しいともいえるので、まずは早寝早起きから始められてもいいかと思います。そもそも、子どもでもできない限り、早寝って難しくないですか? 当時の私、遅くとも21時前には寝てましたから……。

ママ友でも、年齢問わず、不妊治療経験者はとても多いです。助産師さんから、初めての妊娠の場合、39歳、43歳の壁は厚いとうかがいました。そのあたりで妊娠率がグッと下がるそうです。

私が直接聞いたなかでの妊娠最高齢が、45歳初産の方。不妊治療のために退職し、退職金はほぼ全額を不妊治療に投資した、とおっしゃってました。かなりの金額なのが予想できます。

その方が妊娠できた背景には、もちろん資力も大切ですけど、さらにお医者様の技術、そして「漢方薬」と鍼灸治療、があったそうです。

病院のそばに鍼灸院があって、不妊治療に合わせて施術を受けていたとか。また、旅先で「漢方薬」のよさを知り、数種類の漢方薬を飲まれ、体の内側から整えていったそうです。

46歳で乳児を育てているその方にお会いした時、とてもお綺麗で、素晴らしいなぁと思いました。人によっては更年期の症状も出ている年齢なのに、肌もつやつや。漢方薬は続けてらっしゃるとのことだったから、私も始めようかなとか思ってしまいました~。

薬膳で体質改善

前回書いた、一人目を40歳で体外受精で授かり、二人目を44歳で授かった方は、漢方薬ならぬ「薬膳」の実践者です。

大学時代の過度なダイエットがたたって、20代後半で、医師から、妊娠できない体であると通告されたそうです。「卵巣が軽石のようになっている」と言われたんですって。

健康な体をこんなことにしてしまって、と涙ながらに悔やまれ、結婚なさって以降の30代は、不妊治療に明け暮れたとのことでした。でも、できなかった。経済的にも限界、というタイミングで、香港に住む機会を得たそうです。日本より不妊治療費用が安いかもしれない、と期待したところ、それは見当違いで、でも中華圏の生活に根付いた「薬膳」的食べ方に、大いに刺激を受けたとのこと。

薬膳は、生薬になるものも食べますけど、口にするもの全体で治していく、中医学の食養生の体系です。家族の誰それの具合が悪いから何を食べさせる、冷やさないように食べる、季節に合わせて食べる、という、考えたら当たり前のことが生活で自然に行われていた。元々、過度なダイエットができるくらいある意味凝り性な方ですから、食生活を薬膳的に変えていったところ、40歳を超えての初妊娠に至ったとのことでした。やはり医食同源。口にするものは大切ですよね。

難しいことを考えなくても、まずは日常で、冷たいもの減らしましょう、とその人がおっしゃってました。私も助産院で言われました。冷蔵庫から出したての水分に、さらに氷を入れて飲まないようにしましょうね。腹から冷やしてどうするんですか? 外食時も、水に氷は入れないでもらいましょう。飲み物を常温以上にする、果物をあえて冷やして食べないだけで、冷たすぎるものが、自然に日常から消えていきますよ。

vol109-20-1.jpg

おひさまのぬくもり(天然シルク)
レッグウォーマー

そして足首(三陰交)は守りましょう。ストッキングで冷えるのがわかるようになりますよ。

mochizuki-saku.jpg

プレマ株式会社東京スタッフ
望月 索(もちづき さく)

8歳、5歳、1歳の三姉妹の母。
人一倍不摂生な出版仕事人が妊娠、出産、育児と経験を積むうちに、気づくとハードコアな自然派お母ちゃんに。
編集、ライター、プレマの東京スタッフ。
編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』など。

楽だから自然なお産ご質問などは下記ブログまで
http://macro-health.org

いくつになっても妊娠したい

ハイリスク妊婦の条件

つい最近、高齢妊娠の話を、立て続けにお二人から伺いました。

一人めの妊婦さんは、45歳。第一子を自然分娩したあと仕事復帰し、なかなか第二子に恵まれませんでした。でも、どうしても欲しくて、不妊治療をフルコースで続けます。ようやく妊娠できたから、どこの病院で産んだらいいと思う? と
いうご質問でした。

第一子の時の経験があるので、45歳のハイリスク妊婦がどのような扱いになるのか、ピンとこないよう。「第一子がお見舞いにこられる病院がいい」「できるだけ安く」と言っていたので、「そもそも産む場所はあまり選べないと思うよ」と、私の経験もあわせてお話ししました。

体外受精による妊娠は、若くてもリスクがあると考えられます。年齢と不妊治療で、ダブルでハイリスクに分類されるその方の場合、NICU(新生児集中治療室)のある病院での出産を薦められる可能性が大変高いです。

そしてNICUのある病院では、産後入院施設への子どものお見舞いは、概ね禁止されています。いろんな状況の新生児が入院しているので、新生児に移りやすい何かの菌を、子どもが運んでくるのを避けたいからだそうです。だから、「NICUのある病院」に、「一人目の子がお見舞いにこられる」という条件をつけると、さらに数が絞られてきます。都内ではとある病院の個室なら可能ですが、特別なお部屋ですから、高いんですよ! 不妊治療で数百万かけ、産むのにも、出産助成金を差し引いても数十万~百万単位で費用がかかるかもしれない。

その個室代は払いたくない……というお返事だったので、それはもう個室代か、第一子のお見舞いか、何を優先するかという問題。とりあえず、NICUはないけど候補になりそうな(まだ費用の安い)大病院に、分娩を引き受けてくれるか、電話して聞いてみてから判断したらどうかしら? という結論になりました。

自然にできる方法はないの?

お産そのものも自然なほうが楽ですが、妊娠も、自然にできるほうが間違いなく楽というか、一般的に費用も安く、自分の望みに近い形での分娩が可能です。 でも自然に妊娠するのが難しいという声も、よく聞きます。

その一方で、妊娠しないから診断を受けたら、○○の理由で妊娠しづらいと言われた、不妊治療を続けたけど授からなくて、会社を辞めたら授かった! っていう話もよく聞きます。年齢をにらみつつ、ほんっと~に子どもが欲しい場合は、「休職して妊活」は検討の余地があります。

不妊治療だって、人気病院は予約するのに朝から「並ぶ」必要があったり、会社勤めしながらでは、とてもじゃないけど続けられないそうです。下手したら年収が吹っ飛ぶくらいの費用もかかりますから、あらゆる手段を使って、長めに休んだ場合とコストは変わりません。もちろんいろんなご事情や制約はあるでしょう。結局、何を選ぶか、という問題になります。

上のお話の方の場合は、会社を休まない代わりに、年収に見合う金額のお金を投下しました。大金です。そういう負担なく自然に妊娠したいなら、1に早めの妊活、2に休職。どちらも難しい場合の3はないのか……?

という時に、もうお一人から聞いた話が、一人めを41歳で体外受精で授かり、二人めを44歳で自然妊娠したという、心強い内容でした。その高齢妊娠を可能にしたのは、体のうち、外からの冷えとりだそうです。この話、続きますので、妊活中の方はお楽しみに!

vol109-20-1.jpg

ラズベリーリーフ(ティーバッグ16袋)
別名「安産のためのお茶」。
PMSや更年期にもいいそうです。
クセがなくて飲みやすいですよ。

mochizuki-saku.jpg

プレマ株式会社東京スタッフ
望月 索(もちづき さく)

8歳、5歳、1歳の三姉妹の母。
人一倍不摂生な出版仕事人が妊娠、出産、育児と経験を積むうちに、気づくとハードコアな自然派お母ちゃんに。
編集、ライター、プレマの東京スタッフ。
編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』など。

楽だから自然なお産ご質問などは下記ブログまで
http://macro-health.org