Mie's マクロビ通信

【Vol.87】マクロビオティックの食べ方

 今年も残すところ1ヶ月になりました。2014年は皆様にとってどんな1年だったでしょうか。
 今年は色んな意味で方向の転換のときだったように思います。過去の習慣からの解放。過去の概念の手放し。そんなメッセージを色んな場面で見つけることが出来ました。きっと、2015年は新しいステージが全ての人に用意されているように思います。
 さて、マクロビオティックをお伝えして約20年。時代の変化と共にその伝え方や捉え方が進化してきたように思います。私自身は病気を治すためのマクロビオティックから、暮らしを豊かにするマクロビオティックへと進化させてお伝えをしてきました。自然の摂理を知ることで、ここからの時代、人生がもっと楽しく、そして素敵になると思っているからです。
 マクロビオティックでははじめに「宇宙はひとつをふたつに分けた「そのふたつは対立的であり、相補的な関係である」「そのふたつの振動の動きの中で森羅万象が創り出されている」ということを学びます。そして、人間も自然界の一部であり、その与えられた環境とひとつで有ることを学びます。そのことにお料理を作る事や、食べることを重ね、自分のカラダを通して体感してくことができるのです。
 自然界の生命をひとつをふたつに分けると、植物界と動物界になります。私達動物界は植物界に助けられて、植物界を助けて存在しているのです。大地が持っている栄養と情報を私達は植物を食べることで取り入れることが出来ます。
 大地の栄養をたっぷりともらって育ったお野菜たちをお料理させて頂いているとそのお野菜達からエネルギーをもらっているのを感じます。少しだけ気をつけてお野菜たちを感じるとそこから大地が持っている情報を感じ取ることが出来るように思います。そして、その生命力に感謝の気持ちを向けてお料理をするとお野菜たちの輝きと美味しさがましてきます。その輝きに満ちたお野菜を食べると私達のカラダは喜び輝きを放つようになります。そんな素敵な循環を毎日の生活の中で創り出しているのです。
 宇宙はひとつをふたつに分けた……。だから同じエネルギーだけでは足りないものがあり、植物がその足りないものを補ってくれる存在なんだと感じます。足りないものを補ってひとつをつくる。その食べ方が、マクロビオティックがオススメする、穀物と野菜を中心に食べる食べ方なんだと感じています。
 何を、どう食べるのかを大きな視点で考えてみる。自分たちにとって必要なものを自然の摂理にあわせて考えてみる。自然界と調和を取ることで自分の可能性を広げていく。そのことが一番カラダを健康に導く食べ方のように思います。
 マクロビオティック、そしてお料理を通して感じることをこの誌面をかりて皆様にお伝えするのは今月で最後になりました。今日まで読んでくださった皆様に感謝いたします。そして貴重な誌面を私のためにご用意して下さったプレマ様に心から感謝いたします。
 皆様にとってお料理が、そして食べることがここからの毎日をより素敵にするツールとして存在することを願っています。

※「Mie’ s マクロビ通信」「Mie’ sRecipe」は今号で最終回となります。長らくご愛読いただきありがとうございました。

見るだけでお料理上手!DVD「Mie’s Recipe」
お腹を満たし、栄養を摂る、あるいは健康のため。
食べることの目的は、それだけではありません。
今、本当に必要なのは、心と体で感じるお料理。
数字や時間から解放されて、自然のサイクルを感じること。
作るほど、食べるほどに、キレイで幸せになれる。
美恵“魔女”の魔法のお料理レシピを、あなたの台所にお届けします。
DVD「Mie’s Recipe」の詳細はこちら>>

)。゜+))。゜+)☆ 今月のMie’sRecipe ☆)。゜+))。゜+

八福なます

冬、カラダを少し緩めたい時に。
切り干し大根と人参の甘味を惹きだして
作るなますです。日持ちのするレシピです。
沢山作って冬の常備食に。

調理時間30 分(準備10 分 加熱20 分)

材料
切り干し大根… 10g
干し椎茸……3枚
あらめ……大さじ1
人参………… 50g
あげ…………1枚
ゆずの搾り汁…………小さじ2~
ごま………………………小さじ2
お酢……………………大さじ2
お醤油…………………小さじ1/4
春菊・ゆずの皮・満月のお塩…適宜

作り方
(1) 切り干し大根、干し椎茸は戻して食べやすい大きさに切り
ます。人参も千切りにします。
(2) 油揚げは両面をカリッと焼
いて刻んでおきます。
(3) お鍋に干し椎茸、人参、切り干し大
根、あらめの順に重ねて戻し汁を加えて弱火でひと煮立ちさ
せ5分ぐらいクツクツの火加減で煮ます。
(4) 鍋はだからお
醤油を入れて天地返しをしてさらにクツクツの火加減で5分
ほど煮ます。
(5) ボールにお酢とゆずの搾り汁、お塩を入れ
て混ぜ合わせ4を入れて混ぜ合わせます。
(6) (5)に刻んだお
あげさんとゆずの皮と炒ったごまを加えて混ぜ合わせます。
(7) サッと茹でた春菊を仕上げに混ぜ込み味を調えて仕上げま
す。一晩寝かすと味が染み込んでさらに美味しくなりますよ。

中 美恵

中美恵(なか
みえ)氏 1997年に、マクロビオティックカウンセラー・中広行氏と出会い、料理法や理論を学び始める。2000年「おいしく、楽しく」をテーマにした「マクロビクッキングスクール」を大阪に開校し、全国に展開。現在は料理に留まらず、マクロビオティックに出会うことで多くの可能性を手に入れた自身の経験を活かし、「年を重ねるごとにキラメキを増す」「今の時代に望まれる素敵な女性」をテーマに、多彩な場面で活躍中。

中美恵公式サイトはこちら>>
美恵’sレシピ マクロビダイエット>>
マクロビオティックをもっと美味しく!『マクロビ生活』>>

【Vol.86】今日を生きる

 11月23日は勤労感謝の日。伊勢神宮では新嘗祭が行われます。新嘗祭は今年の収穫を感謝し天皇陛下が天照大御神様と一緒にお米を食べるお祭りです。昔はこの日を境に新米を食していたと聞いた事があります。
 春に種を蒔いて苗を作り田植えをする。一粒の玄米から約10本ぐらいの苗が育ち、秋には一つの稲に約500粒の実がなる。一粒から約5000粒のお米が採れる。稲を刈った後に残った稲の切り株を田んぼに戻し、次の春を待つ。そんな繰り返しを重ねて月日を重ねる。
 その間にきっと色んな事を体感するのでしょう。ある年は夏が暑かったり雨が降らなかったり……。自然の環境によって実り方が違ってくる。今年は豊作だねという年、今年はもう少しだったねという年。自然界の影響で結果が変わる。自分たちの力だけではどうにもならない事が多いから自然に対して感謝したり祈る事を忘れない。お米を作りは自然界のリズムと共に出来上がって来る。
 これって私達の毎日と同じかもとふとそう思ったりします。
 夢は種をまく事からはじまり、毎日の積み重ねと人との出会いや、その時々の環境に影響をうける。時間を重ねた時に結果がわかり夢が叶っていく。
 夢を叶える為にはまずは種をまかなきゃ。そして育てなきゃ。まずは自分の意志で何をしたいのかを決める事。そして毎日の出来事の中で重ねられる事を重ねて行く。
 後は自然のリズムを意識して……委ねてみる。色んな事を体感しながら育ててみる。自分の意志だけでは育たない事ばかりで、だから出会う人やそのときの環境にあわせていくことを忘れずに感謝の心を育てていく。
 たわわに実がなる時はきっと全てが整ったとき。自然のリズムと調和した時。夢は自分の意志で創造し自然リズムが創り上げて行く。そして毎日の積み重ねで育て叶って行くもの。だから毎日を精一杯いきていこう。未来を心配する事なく過去を否定する事なく今日を生きる。
 そうやって今日を精一杯生きていることが既に夢を叶えていることに繋がっているのだな……とそんなことを思います。
 マクロビオティックは「一番大きな命について考えてみる」。それは人がひとり生きて行くことのために使われて来た言葉だけど、人がより豊かに生きて行くために自然との調和をとる事の大切さや自然界という大きな生命について学ぶ事で、より私たちが健康に生きて行くことを教えてくれる術なんだと最近そんな風に思います。
 自分をより豊かにするためにどう生きるといいのか、そして何を食べるといいのかを教えてくれているのがマクロビオティックです。
 お米の一生が自然のリズムとリンクしていて、そしてそのお米を食するから自然のリズムをより体感出来るのでしょう。そして日本という国はそのことを何千年も毎年変わらず重ねて来た国なんだなと、毎年新嘗祭の頃にそんなことを想います。
 今年1年の実りを感謝して来年を祈る。11月はそんなエネルギーに満ちた一ヶ月になのです。
 毎日の生活の中に祈りと感謝をする術が、お料理なのです。そんなことを感じながら一度お料理をすると体感出来る事がかわってくるかもしれませんね。今月も素敵な毎日がかさなりますように。

見るだけでお料理上手!DVD「Mie’s Recipe」
お腹を満たし、栄養を摂る、あるいは健康のため。
食べることの目的は、それだけではありません。
今、本当に必要なのは、心と体で感じるお料理。
数字や時間から解放されて、自然のサイクルを感じること。
作るほど、食べるほどに、キレイで幸せになれる。
美恵“魔女”の魔法のお料理レシピを、あなたの台所にお届けします。
DVD「Mie’s Recipe」の詳細はこちら>>

)。゜+))。゜+)☆ 今月のMie’sRecipe ☆)。゜+))。゜+

Pot-au-feu

野菜の甘さをひきだしてカラダもココロも癒される
秋のヒーリングフードです。

調理時間25分

材料
キャベツ …小さめ1/16 個
玉ねぎ……小さめ1/2 個
かぼちゃ……………適宜
しめじ…1カップ
月桂樹………1枚
満月のお塩…適宜

作り方
1. キャベツとカボチャは三日月型に玉ねぎは太めの
回し切りにします。しめじは手でさばきます。
 2. お
鍋にキャベツ、玉ねぎ、かぼちゃしめじを入れて野
菜が1 /3 浸かる程度まで水を加えます。
 3. クツク
ツの振動で10 分弱火にかけます。
 4. 月桂樹を加
えてさらにクツクツの振動で15 分煮ます。
 5. 野菜
が柔らかくなったら煮汁の味をみてお塩で味を調えて仕上げます。

中 美恵

中美恵(なか
みえ)氏 1997年に、マクロビオティックカウンセラー・中広行氏と出会い、料理法や理論を学び始める。2000年「おいしく、楽しく」をテーマにした「マクロビクッキングスクール」を大阪に開校し、全国に展開。現在は料理に留まらず、マクロビオティックに出会うことで多くの可能性を手に入れた自身の経験を活かし、「年を重ねるごとにキラメキを増す」「今の時代に望まれる素敵な女性」をテーマに、多彩な場面で活躍中。

中美恵公式サイトはこちら>>
美恵’sレシピ マクロビダイエット>>
マクロビオティックをもっと美味しく!『マクロビ生活』>>

【Vol.85】重ねる歓び

 10月になりました。秋がだんだん深くなり冬を前に今年一年の結果を楽しむそんな季節になりました。
 神様の世界では来年の人の縁をどんな形で結ぶのかを決めるために全国の神様達が出雲の国に帰ると言われています。
 色んな意味で2014年がどんな一年だったのかが見えて来る季節です。新米もではじめお米が美味しい季節です。一年の中で一番お米を楽しんで欲しい時期です。キノコなど秋の山の恵みや根菜類が美味しくなってきます。引き締める力を食べ物から取り入れてカラダの中に栄養を蓄え冬の準備をはじめていきましょう。
 さて、私事ですが10月26日に53回目のお誕生日を迎えます。
 ちょっと前まで歳をとる事がなんとなく嫌で、お誕生日が嬉しくなかった時期がありました。若い方が可能性があるように思えてたからでしょうか……。「歳をとる」と言う響きに重たさを感じたりしていました。
 そんな私が最近「歳を重ねる」ことが楽しくなってきました。言葉も「歳をとる」から「歳を重ねる」に変えたからでしょうか。人生がより充実している感じがして60歳をむかえる時はどんな素敵な女性になっているかしら?とワクワクしてきました。
 自然の摂理を理解した食べ方と暮らしを重ねて行くと「逆らわない生き方」が自然にできるようになってきます。
 自然界の摂理は、日々進化し変化する事でより豊かにより充実した結果をつくることを教えてくれているように思えるようになってきました。「重ねたからこそ味わえる醍醐味」といった感じでしょうか。
 フランスでは女性は閉経を迎えて一人前の女性として認められるとか。閉経がきたらお友達を招いてパーティーをするそうです。
 日本では閉経が近づいて来ると「女性が終わる」と考える人が多いのでフランスの話を聞いた時には驚きました。文化の違い、ものの考え方違いでずいぶんと出来上がる世界が違ってきますね。
 フランスの女性はどこまでも自分たちを美しくそして輝く生き方を創り上げるのが得意なのかもしれませんね。
 この話を聞いてから私も意識を変換させました。
 歳を重ねる歓び。
 時を重ねる強さ。
 重ねた美しさ。
 重ねたからこそ体感出来る事がたくさんあってそれは一人一人の輝きなんだとそう思います。
 重ねた日々は財産です。そして、重ねないと出来上がらないその世界を楽しむ為に今日を大切にする。今日の積み重ねが未来を作るから。歳を重ねるのが楽しいと感じる事ができるのは、きっと今日を精一杯生きるから。
 ね。あなた自身を思いっきり生きて欲しい。一日一日を大切に。だから食べる物を選んで欲しい、作って欲しいとそう思うのです。
 それが53歳のお誕生日をむかえる私からの皆様へのメッセージです。

見るだけでお料理上手!DVD「Mie’s Recipe」
お腹を満たし、栄養を摂る、あるいは健康のため。
食べることの目的は、それだけではありません。
今、本当に必要なのは、心と体で感じるお料理。
数字や時間から解放されて、自然のサイクルを感じること。
作るほど、食べるほどに、キレイで幸せになれる。
美恵“魔女”の魔法のお料理レシピを、あなたの台所にお届けします。
DVD「Mie’s Recipe」の詳細はこちら>>

)。゜+))。゜+)☆ 今月のMie’sRecipe ☆)。゜+))。゜+

Log ソテーwith Dress

秋のグラウディングに。
ゴボウをシンプルに仕上げてDress で美味しく仕上げました。
Dress はMie’sRecipe で作るソースやドレッシングのことです。

調理時間20分

材料
ごぼう……………………1本
ココナッツオイル…小さじ1~
玉ねぎ …………小さめ1/2
リンゴ………………1/4 個
梅干………………………1個
パセリ……………………適宜

作り方
1. ゴボウは洗って6センチぐらいの長さに切りま
す。
2. フライパンに1 を入れて蓋をして弱火に
かけます。時々フライパンを揺すってね。時間に
して約5分です。
3. 玉ねぎ、リンゴをすりおろし
ます。ボールであわせて、梅干とパセリを加えて
混ぜ合わせます。
4. 2 にココナッツオイルを小
さじ1加えてさらに5分焼きます。
5. 2 をお皿
に盛りつけて3 をかけます。ソースと②を混ぜ合
わせてもいいですよ。

中 美恵

中美恵(なか
みえ)氏 1997年に、マクロビオティックカウンセラー・中広行氏と出会い、料理法や理論を学び始める。2000年「おいしく、楽しく」をテーマにした「マクロビクッキングスクール」を大阪に開校し、全国に展開。現在は料理に留まらず、マクロビオティックに出会うことで多くの可能性を手に入れた自身の経験を活かし、「年を重ねるごとにキラメキを増す」「今の時代に望まれる素敵な女性」をテーマに、多彩な場面で活躍中。

中美恵公式サイトはこちら>>
美恵’sレシピ マクロビダイエット>>
マクロビオティックをもっと美味しく!『マクロビ生活』>>