世界のお散歩

【vol.40】自然療法は世界を救う

 病気は世界共通です。そして自然療法もまたしかり。東洋医学や薬草、薬膳。日本に自然療法の知恵がたくさんつまっているのと同様、世界各国にも古くからその土地に継承されてきた叡智があります。  モザンビークでは西洋から入ってくる現代薬が極端に不 記事を読む

【vol.39】ペドラ・サンタ ~聖なる石~

 私の住んでいたイトクロというモザンビーク北部ナンプーラ県の地域には、ペドラ・サンタ(聖なる石)という聖地があります。名前の通り、神聖なる石が祀られています。誰にとっての聖地かというと、それは呪術や薬草などで病気を治したりする伝統 記事を読む

【vol.38】美の感覚

 現代の日本で美しい女性というのは、色白ですらりとした細身・・・善し悪しうんぬんではなく、あくまでも世間一般的にはこのように捉えられていると思います。テレビでよく見かけるタレントさんや女優さんもこのような特徴を持った方が多いですよね。   記事を読む

【vol.37】モザンビークの医療事情その3

 私が自然療法に初めて出会ったのは、モザンビーク。医療事情その1でも少し触れた、ドイツ人看護師が取り組んでいた自然療法を用いた活動でした。  彼女は単身モザンビークに渡り、アナメド(ANAMED:Action for Natural Med 記事を読む

【vol.36】世界平和への一歩

 8月号はずっとこのことを書こうと心に決めていました。スウェーデンで夏期学校に参加した3週間、東欧を中心とした世界各国の参加者とともに過ごしたときのことです。 それは8月9日の夕方。みんなが集う部屋のテレビでは、めずらしく遠く離れた日本の話 記事を読む

【vol.35】モザンビークの医療事情その2

 今回は引き続きモザンビークならではの医療事情をご紹介します。 モザンビークには伝統的な治療者が存在します。現代的な医療技術や薬に頼らず、薬草や祈りで治療を行います。非科学的だ、根拠がなく危険だ、という認識から国をあげて排除する動きもありま 記事を読む

【vol.34】モザンビークの医療事情その1

 想像してください。あなたは病気です。交通の便がほぼない田舎にいます。病院に行くための交通費が払えず、徒歩数時間かけて別の村にある小さな診療所に到達します。診療所には多くの人がぐったりと座り込んでいます。さぁやっとあなたの番です。診察室に入 記事を読む

【vol.33】カンボジアのスーパーガール

 アフリカから東南アジアにひとっ飛び。モザンビークのお話しはまだまだ尽きませんが、ちょっと息抜きに今回はカンボジアでのお話しです。 カンボジアは私が初めて訪れた“発展途上国”。大学一年生の秋でした。有名な世界遺産、アンコールワットのあるシェ 記事を読む

【vol.32】モザンビークの食べ物-その2

 今回はモザンビーク人の食事とそこから学んだ文化にスポットをあてようと思います。 街の寄宿学校ではパンにジャム、砂糖のたっぷり入った紅茶が朝ご飯。田舎では、パピーニャというトウモロコシ粉をどろどろに煮て砂糖をたっぷり入れたおかゆ状のものを、 記事を読む

【vol.31】平均寿命

 42歳。ユニセフによる2007年のモザンビークの平均寿命です。  日本の平均寿命が80歳を越えているので、わたしたちの半分しか生きられないことになります。こうして日本と比べると、モザンビークの死亡率は高いなぁと思いますが、いまいちデータだ 記事を読む