累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

生産者さん紹介

プレマの商品を作ってくださっている生産者さんたちを紹介。 その魅力に迫ります

体験に基づく逆転の発想で 新しい道を模索する株式会社ホワイトマックス 取締役会長 増本 勝久さん

投稿日:

野菜などの生鮮食品を入れておくと不思議と新鮮に長持ちする保存容器、触れているだけで、なぜか心地よく眠りやすい寝具など、エンバランスシリーズは、その効果がわかりやすく、使うとさらに関連商品がほしくなります。商品開発をしてこられた株式会社ホワイトマックス会長の増本勝久さんに、そのきっかけや思いについてお話を伺いました。

 

プラスチック素材の調理用手袋などの使い捨ての商品を扱ってきました。食品業界では必要不可欠なものですが、25年ほど前に環境問題が注目を浴び、プラスチックは悪とされ始めました。そこでプラスチックを見直すことにしました。石油原料ですが基本的には炭素と水素の結びつき。環境汚染などの問題を改善できないかというのが、エンバランス事業開発の発端です。

当初は化学的な方法を試みていましたが、ある時EM菌の比嘉照夫先生の著書『地球を救う大変革』を拝読し、微生物の面白さに興味を持ちました。プラスチックと微生物を合わせることができないかと。プラスチックにEM菌そのものを入れた試作品ができ、社内実験では間違いなく鮮度保持効果があったのですが、食品分析センターに持ち込むと拒否されました。当時は食品の保存には微生物は一切入れずに無菌状態にしないとだめだったのです。

一度は頓挫し、検証を繰り返すなかで僕は「水が機能を伝達するのではないか」と予測しました。幼少期、兵庫県の夙川の近くで育ち川遊びばかりしていた体験に基づいたものです。上流域、中流域、下流域とそれぞれの水質で、どんな魚がいるか把握するほどいつも川にいました。飲めるほどきれいな上流から、生活排水が流れ込み藻も茶色っぽくなり汚濁が見られる中流。

そして、浜のほうに行くと塩水に触れた水域がきれいになっていて安全なのです。僕が小学生のころ日本は全国一斉に田畑に農薬を撒き始めました。そのため川や田畑の側溝にドジョウ、フナなどが死骸となって一斉に浮き上がりました。そういった環境問題と接触していて「きれいな水に物質を触れさせると、触れたものが変化・改善する」ということを体感として認識していました。

水はある種の触媒反応をするのではないかと。そこでプラスチックを水に触れさせることを思いつきました。微生物を直接入れるのではなく、水の状態のまま微生物が持つ性質だけをプラスチックに添加すれば面白いことが起こるのではないかと考えたのです。当時、EM菌は市販されていましたが、その後、新たに開発された「EMX」という飲料水を希釈して、きれいな水と接触させて水の伝達能力でプラスチックを改良しようと考えました。

プラスチック製品は200度前後の釜の中にプラスチックを入れて成型します。当時は、その釜の中に水を入れるなど業界では誰も考えません。ましてやプラスチックは石油が原料ですので、水と油を接合させるなんて考えられませんでした。水と油は絶対に合わないというのが世間の常識です。でも、その常識が間違っているのではないかと考えたのです。文系出身ですが、むしろ、理系だったらできなかったかもしれません。周囲には考え方がある意味変人だと言われますが(笑)、基礎的な部分に、小さいころから「逆転の発想」があるのです。

大手の工場は機械が壊れることを懸念し保証を求めてくるので、町工場のような小さな工場を何軒も訪ね歩いて試作品の協力をお願いしました。そうしてEM菌が持つ鮮度保持や消臭などさまざまな機能すべてが集約されたプラスチック製品ができました。それがエンバランスです。阪神大震災が起こる二年ほど前に鮮度保持袋が完成しました。阪神大震災は地元でしたのでボランティアにも駆けつけ、そのときに水タンクの必要性を感じ、早急にエンバランスの水タンクも作りました。以降、さまざまな地震の現場に寄付している一番思い出深い商品です。

弊社の商品はお客様の悩みから生まれたものがたくさんあります。今、低体温などの健康問題がありますよね。特に女性特有の冷えやむくみ、生理痛などは緊急課題と捉え、女性陣ががんばって開発してくれています。年内にエンバランスの天竺木綿の肌触りの柔らかい生地を使った『布ライナー』を完成させる予定です。現在、試作品のモニターをかけていく段階まできています。着圧ソックスも立ち仕事の販売員の方や看護師の方などに人気ですが、そういった働く女性の悩みを解決できるようなものを作りたいです。

自 然 の 恵 み か ら 誕 生 し た 癒しの新素材「エンバランス」

健康的でやさしい抗酸化グッズ。
もちろん環境にもやさしいです。

エンバランスを見てみる>>

体験に基づく逆転の発想で 新しい道を模索する株式会社ホワイトマックス 取締役会長 増本 勝久さん

- 生産者さん紹介 - 2018年6月発行vol.129

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ