累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

自然なお産を求めて

おっぱい垂れるの気になる人は

おなかの子にも頭寒足熱 暑いから涼しくしたいけれど冷やしてはいけない、妊婦に厳しい季節がやってきました。常温より冷たい食品を避けましょう、とよくいわれますよね。わたし自身、胃と子宮は近いから、冷たいも …

いま産むということ

産む場所を選べない新しい理由 病院で院内感染があいつぐ事態を受けて、病院で産むのを避けて助産院を選ぶ妊婦さんが増えているとのニュースが少しずつ報じられています。   妊娠は病気ではありませんが、妊婦は …

新しい命がはぐくまれる

葉酸サプリをとりましたか? 春だからでしょうか。日本マクロヘルス協会の子育てメルマガの読者さんから、妊娠のご報告を複数いただいています。世界はいろいろ騒がしいけれど、おめでたいメールで生命の息吹を感じ …

おいしい羊水

子どもの味覚を育てたい ヒトは雑食だから、なんでも食べられます。だから、目新しいものを食べたがる一方で、なんでも食べることで不利益をこうむらないように、慣れ親しんだ味に執着するそうです。   動物とし …

新生児治療のファミリープラン

新生児を守ってくれる人たち 妊娠28週から出産後7日までの周産期は、胎児・新生児や母体に問題が起こりやすいとされています。そこで、産科と小児科が協力して母子をみる、母体胎児集中治療室や、新生児集中治療 …

デリケートで複雑なはなし

ポジティブのありか 昨年来立て続けに、仕事がらみで女性のデリケートゾーン向けの商品やVIO脱毛等の情報を目にしています。広告が増えて目にする機会が増えたのか、実際にはやっているのか、微妙なところなので …

おいしく食べるも胎教だと思う

妊婦の体重増加制限 妊婦さんが体重計にのって、増えた数字とにらめっこ……。よくある話です。妊婦の体重の増加推奨範囲は、BMI(Body Mass Index)をもとにしたやせ群、普通群、肥満群という体 …

目を閉じるように、耳を閉じることはできない

水没しなかったいのちとの縁 同じ3人の子の母親だけど、高齢出産のわたしとは大違い、23歳と25歳で2人の子を産んで、その2人はもう大学生、第三子がわたしの第二子と同い年の小学校低学年、という女性と話し …

つわりと感染をのりきる

香りの物質がついてまわる いま日本マクロヘルス協会で企画をはじめている講座に、ケミカルな香りの問題を扱ったものがあります。ご興味のある方は、11月10日以降の協会ブログで日程をチェックしていただけると …

【Vol.30】最終回・赤ちゃんのためのお産

 お産の主役は産科医でも助産師でもありません。主役は産婦と赤ちゃん、とくに赤ちゃんです。お産はなによりも赤ちゃんのためのイベントです。しかも、じっさいに赤ちゃんこそお産の主導権者なのです。  妊娠期間 …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ