累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

楽だから自然なお産~高齢出産編~

出産・子育て・介護家族と向き合ういろんなお話

一般社団法人
日本マクロヘルス協会
理事

望月 索 (もちづき さく)

人一倍不摂生な出版仕事人が37 歳、40 歳、44 歳で出産、育児の経験も積み、健やかな
暮らしについて学び合う協会の設立メンバーに。編集、ライター、一般社団法人日本
マクロヘルス協会理事。編著に『子どもを守る自然な手当て』、訳書に『親子で楽しむ!
おむつなし育児』、『小児科医が教える 親子にやさしい自然育児』。
http://macro-health.org

私たちはいつから母になるのか

投稿日:

回って産まれる

先号で、動物と、動物としてのヒトが「生物学的な成り行きで母親になるメカニズム」について書きました。
今号でも、角度を変えて触れてみます。

ヒトは直立歩行をしたことによって、難産になったといわれます。
背骨の形が変わり、骨盤の形が変わり、頭が大きくなりました。
そして進化の過程で獲得したものと引き換えに、多くの動物より難産となっています。

人間の子どもは「回旋」しますよね。
骨盤ギリギリまで大きくなった頭、そのあと肩を外に出すために、回りながら生まれてくるんです。

最初それを知ったときは、へー!自然ってなんてよくできてるの!と感心したものですけど、例えばおサルさんには回旋がない、と聞いて、もっとびっくりしました。
回らず、母と目を合わせる向きでするんっと生まれて、そのまま母が抱きとるんですって。
ヒトの場合は、回っているから母と目が合う向きでは生まれない。
あさっての方向を向いていて、首もすわらず骨も柔らかい、しかも湿って手が滑りそうな赤ちゃんを、母が産みつつひとりで抱きとるのはいかにも難しそう。
アフリカなどにある自然の残った国では今でも母ひとりでこっそり産む、というような文章を読んだことがあるからやれるのかもしれませんが。
でも一般には難しくて、介助が必要な可能性が高いです。

赤ちゃんは画面からは学ばない

ヒトは宿命的に難産。
というとき、助けてくれるのがホルモンです。
お産が大変になったぶん、報酬系の回路が盛り盛りに獲得されたわけですね。
そうじゃないと産まなくなって絶滅しますものね!

自然に産むときは、先号で触れたオキシトシン以外に、β-エンドルフィンが大活躍します。
複数の脳内麻薬がばんばんでる結果として、自然なお産は気持ちがいいわけです。
無痛分娩と自然分娩では分泌されるβ-エンドルフィンの量が全く違うのは測定されているので、中途半端な和痛分娩は忘れないし痛いだけ、というのは数字でもわかるんですね。

ほとんどの妊婦が無痛分娩を選ぶ国もあります。
が、痛みに関する不安や恐怖はそれで払拭されても、喜びや達成感の面ではナチュラル麻薬にはかなわないわけで。
医療介入が多ければ母子の絆が獲得されないなんてことは全くないのは、血の繋がりがなくても母子の“本能的な”絆が確立されると前回書いたことを考え合わせれば一目瞭然ですが、理性が活躍する状態で産んだあと、そのまま理性的な子育てに突入する、というケースもあるように思えます。
すると、原始感情を味わった身には「愛着」の形が不思議に見えるような例もあるんです。

例えば、なかなかレアな高齢出産で授かったご家族ですが。
ママは産後休まず忙しく在宅ワーク。
仕事部屋の隣の部屋に赤ちゃんを寝かせ、その赤ちゃん部屋をモニタリングしていました。
そばにいないのね……?

代わりに、赤ちゃんのそばにはテレビが置かれています。
赤ちゃんは画面から学ばないので(ですよ!人から学びます)、言葉の発達には明らかに不利ですね。
大切だからこそモニタリングするし、寂しくないようにテレビを置くのだと思うのですが。

とりあえず、すべての母は、一度は頭を空っぽに、原始感情に身を任せてみたいですね。
そうしていたら、ヒトに備わる自然のメカニズムが最大の味方になってくれます。

空気清浄器としても使える扇風機です

日ごろからぜひ気持ちよく!
爽やかな風でリラックス、たまらない……。

新林の滝(タイマー内蔵タイプ)を見てみる>>

私たちはいつから母になるのか

- 楽だから自然なお産~高齢出産編~ - 2018年8月発刊 vol.131

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ