累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

くま先生のすこやか診察室

「子どもも親も、家族みんなの笑顔と幸せのために」総合医療くま先生からのメッセージ

統合医療やまのうち小児科・
内科医師

山内 昌樹 (やまのうち まさき)

小児科医として勤務していたが、西洋医学の素晴らしさを感じつつ心から望む医療と現実のギャップに悩み、軽度のパニック障害を経験。
YHC矢山クリニックで小児科 を担当し、病気の真の原因を学ぶ。
お母さんの自己肯定感を取り戻すことが家族みんなを笑顔にし世界を平和にすると確信している。
〒849-0915 佐賀県佐賀市兵庫北5丁目8-7-2
0952-33-8500
http://www.yamanouchishounika.jp/

【Vol.74】心を溶かして、すべてを委ねること

投稿日:

 病は気から。このコーナーを読んでくださっている方々には、もう「耳にタコ」ですが、ストレスを減らす方法を、患者さんに伝えていく中で、新たに気づいたことなどを書いていきたいと思います。
 精神的なストレスがなければ、病気は治る、治りやすくなると、日々感じています。逆に言うと病気は精神的なストレスが原因(の一つ)である、とも言えます。その精神的なストレスの正体とは、あえて言い切ると「思考」です。「感情」もストレスですが、感情がおきる前には必ず「思考」があります。やはりストレスの正体は「思考」です。
 こう言うと、「自分に全く非がなく、明らかに相手が悪いからストレスがたまっているのに、それでも、自分の思考がストレスの原因なのでしょうか?」とおっしゃる方がいます。では、あなたと全く同じ状況が、別の人に起きたとしたら?その人はあなたと全く同じ反応をするでしょうか?おそらく、全く同じ反応をする人はいません。ではなぜ全く同じ状況でも、人によってその反応が違ったものになるのでしょうか。その答えこそ「思考」です。
 普段、私達は全く自覚がないまま、頭のなかでおしゃべり(思考)をいっぱいしています。そのおしゃべりは、後から思い出そうとしても、はっきりと思い出せないほど高速で、大量です。また、ほとんど反射神経のように、批判したり判断するので、自分でもなぜそんな考えが起きるのか、よくわかりません。
 ポジティブなことを考えていると気分は明るくなり、ネガティブなことを考えていると気分が落ち込みます。ついでに言うとネガティブなことを考えている時は、なんだか苦しくなってきます。それは呼吸が浅くなったり、呼吸を一時的に止めて考え事をしているからです。
 私達は、毎日繰り返し「思考」「考え事」「頭のなかのおしゃべり」をあきること無く続けています。繰り返すたびに、思考することがドンドン上手になっていきます。それはまるで、高校球児が毎日千本ノックをするように(笑)。
 私達は、「思考」の止め方を誰からも教わることがありませんでした。両親も、学校の先生も、会社の上司も、みんな思考することが当たり前ですから、当然です。「考えることをやめるなんて、馬鹿になれって言うこと!?」という「思考」まで湧いてきます。ではどうすればこの「思考」の無限に続く連想ゲームから解放されるのでしょうか?
 ポイントは「思考や感情」=「自分」だという勘違いです。考えている自分が、自分の本質だと思い込んでしまっているのです。「思考」が自分の本質ではないということは簡単に説明できます。「思考」は脳神経(神経細胞やシナプス)に電気が走った時に起こると言われています。「思考」=「自分」だとすると「自分」=「電気」だということになります。なんか違うと思いませんか?ついでに感情についても説明できます。ネガティブな感情は「思考」のあとに生じるアドレナリンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質でおきると考えられていますが、「あなた」=「神経伝達物質」でしょうか?これも違いますよね。あなたの本質は、「思考」を感情や価値判断なしにただ静かにジーっと見つめている、観察意識です。それを魂と表現することもあります。
(つづく)

山内昌樹

医師 山内昌樹氏
平成19年まで一般小児科医として診療を行うかたわら、統合医療を志しYHC矢山クリニックで小児科を担当。平成22年12月佐賀市内に『統合医療やまのうち小児科・内科』を開院。
医師となってから、重病の患者さんが劇的な回復をすることや子どもの生命力の素晴らしさなどを経験するも、個人差を考慮しない画一的な治療、ステロイド薬や免疫抑制剤の副作用など、西洋医学の限界を感じる。
漢方薬や代替療法と西洋医学を融合して治療を行うYHC矢山クリニックで小児科を担当、病気の真の原因を学び、実際の診療で効果が見られることを経験。

統合医療やまのうち小児科・内科
当院では漢方薬を中心に、代替療法、西洋薬を一人ひとりに最も合うように治療します。乳幼児から御高齢とわず、未病の治療や健康維持から、慢性疾患の治療まで幅広く診療を行っています。
〒849-0915
佐賀県佐賀市兵庫町藤木772-3
電話:0952-33-8500
http://www.yamanouchishounika.jp/pc/

- くま先生のすこやか診察室 - 2013年11月発刊 Vol.74

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ