累計122万件出荷!自然食品・自然療法・エコロジー・らくなちゅらる提案サイト

中川信男の多事争論

「多事争論」とは……福沢諭吉の言葉。
多数に飲み込まれない少数意見の存在が、
自由に生きるための唯一の道であることを示す

プレマ株式会社 代表取締役
ジェラティエーレ

中川信男 (なかがわ のぶお)

京都市生まれ。
文書で確認できる限り400年以上続く家系の長男。
20代は山や武道、インドや東南アジア諸国で修行。
3人の介護、5人の子育てを通じ東西の自然療法に親しむも、最新科学と医学の進化も否定せず、太古の叡智と近現代の知見、技術革新のバランスの取れた融合を目指す。1999年プレマ事務所設立、現プレマ株式会社代表取締役。保守的に見えて新しいもの好きな「ずぶずぶの京都人」。

【Vol.6】「高利回り」より「田舎の土地」

  執筆日現在、日本の株価はアメリカの株価下落を受けて、底なしの大幅安の展開となっています。この株価ニュースがまた売りを呼び、さらに消費は低迷していくという「悪い連鎖」の終わりが見えません。  そもそ …

【vol.5】年金はもらえても、生きていけない可能性

 世間は年金が正しくもらえるかどうかで揺れています。正直なところ、私は毎月高額の保険料は納めてはいるものの、年金をもらうことには一切期待していません。  理由は日本の国と地方が抱える膨大な借金とか、官 …

【vol.4】インドで死を考える

私の魂のふるさと、インドのヴァラナシという町に約四年ぶりに行ってきました。 ヴァラナシは経済発展著しいインドの中で「最もインドらしい町」と称され、三千年以上の聖地としての歴史をもつ、ヒンドゥ教徒最大の …

【vol.3】日本の食を考える

もうご存じの方も多いと思いますが、日本の食料自給率はカロリーベースで40%を下回っています。つまり、外国からの輸入に60%以上を依存していて、その依存比率は年々高まっているのです。 日本人の生命線とも …

【Vol.2】家庭と仕事のバリアフリー

「家庭と仕事のバリアフリー」。 世の多くの男性にとって悩みの種。そして女性のテーマであるこの命題。私がうまくコメントできる立場にないことを承知しつつ、少し考察してみたいのです。 もともと、京都という場 …

【Vol.1】「らくなちゅらる」を提案し始めることにする

  私がこの仕事を始めたのは約7年前のことです。 当時、私たちのやっているような仕事を指し示す言葉は存在せず、 「人の健康と地球環境は強い関連性がありますから、その関連性の感じる商品を流通す …

今月の記事

びんちょうたんコム

累計122万件出荷!自然食品、健康食品、スキンケア、エコロジー雑貨、健康雑貨などのほんもの商品を取りそろえております。

びんちょうたんコム 通販サイトへ