特集

らくなちゅらる通信10 周年記念号~時間にしか作れないものがある~
プレマ株式会社中川信男インタビュー

2007 年9 月に創刊した『らくなちゅらる通信』は 企業が発行するフリーペーパーとしては、かなり異例の広告を主軸としない広報誌。 あくまでも“らくなちゅらるな暮らし”を提案する、その内容に驚く人も多いようです。その創刊の意図を 記事を読む

よそおうということ〜自然化粧品の歴史〜 後編
リマナチュラル株式会社 岩渕春雄氏インタビュー

「自然化粧品」と聞くとどんなイメージがわきますか?ナチュラル志向や、敏感肌の人が使っているもの……というイメージだけではなく、スローライフの広がりとともに、「オーガニックコスメ」「ノンケミカル」などの言葉も見かけるようになってきました。そん 記事を読む

よそおうということ〜自然化粧品の歴史〜 前編
リマナチュラル株式会社 岩渕春雄氏インタビュー

「自然化粧品」と聞くとどんなイメージがわきますか?ナチュラル志向や、敏感肌の人が使っているもの……というイメージだけではなく、スローライフの広がりとともに、「オーガニックコスメ」「ノンケミカル」などの言葉も見かけるようになってきました。そん 記事を読む

たのしくなければ 人生じゃない 後編
自己決定・個性化・体験学習 きのくに子どもの村学園長 堀 真一郎先生インタビュ―

「この勉強が将来なんの役に立つの?」 日本の通常のカリキュラムで育つと、どこかで必ず聞く言葉です。 和歌山にある「きのくに子どもの村」で育つ子には、きっと無縁の言葉でしょう。 なぜなら、プロジェクトと呼ばれる仕事のようなチ 記事を読む

たのしくなければ 人生じゃない 前編
自己決定・個性化・体験学習 きのくに子どもの村学園長 堀 真一郎先生インタビュ― 

自己決定・個性化・体験学習 きのくに子どもの村学園長 堀 真一郎先生インタビュー 前編 「この勉強が将来なんの役に立つの?」 日本の通常のカリキュラムで育つと、どこかで必ず聞く言葉です。 和歌山にある「きのくに子どもの村」で 記事を読む

小出 裕章先生 インタビュー原発は本当に必要なのか?(後編)

原子力発電について、漠然と良くないと気づいているものの、「電気」という現代の暮らしになくてはならないエネルギーを考えるとき、はっきりと「要らない」と言うのは難しいもの。 そこで原子核工学者の小出裕章先生に話を伺いました。 前編では、原発 記事を読む

小出 裕章先生 インタビュー原発は本当に必要なのか?(前編)

原子力発電について、漠然と良くないと気づいているものの、「電気」という現代の暮らしになくてはならないエネルギーを考えるとき、はっきりと「要らない」と言うのは難しいもの。そこで原子核工学者の小出裕章先生に話を伺いました。前編では、原発が必要と 記事を読む

安藤 理さん インタビュー思うように 動けないのはなぜ?(後編)

「始めたい」「変わりたい」という気持ちはあるのに、なぜか動けない。ということ、ありますよね。これは「手放す」ことと関係しているようです。「手放す」という言葉を広めるきっかけとなった書籍『人生を変える一番シンプルな方法 セドナメソッド』の監修 記事を読む

安藤 理さん インタビュー思うように 動けないのはなぜ?(前編)

一年の計は元旦にあり。と、なにか始めようとしても、なぜか動けない。ということ、ありますよね。どうやら「手放す」ことと関係しているようです。「手放す」という言葉を広めるきっかけとなった『人生を変える一番シンプルな方法 ~セドナメソッド』の監修 記事を読む

時代は 無分別智医療へ(後編)

本誌でコラムを執筆いただいている先生方にも大きな影響を与えた天外伺朗さん。CDやAIBOを開発した工学博士でありながら、ソニー株式会社を退職後、医学、教育から瞑想、断食まで、さまざまな分野に精通し、著書や講演も多数。日本の長老ともいえる天外 記事を読む